◆中央バス札滝線乗車券 昭和32年頃◆

今から半世紀ほど前の札幌〜滝川間の路線図入り乗車券

★クリックすると拡大します

中央バス札滝線乗車券

★ 解 説 ★
★滝川・岩見沢管内で昭和32〜33年頃発行された複写券。複写券とはツーマンバス時代、郊外線の車内で販売された2枚つづりの乗車券。発行日・乗車区間・運賃欄に車掌がパンチを入れ、運賃と引きかえに1枚は客に、1枚は手元に残し運賃集計に使っていたが、ワンマン化に伴う整理券導入によって廃止された。
★マップでは江別市街のルートが現在と異なり、元江別(現石狩大橋交差点)から南下して王子敷地内の会社通りを抜け、学校通りから粟木商店(公園通り)に抜けるバスルートがあった。また苗穂、豊幌では国道切り替えで消滅した停留所もいくつか見られる。上は三笠方面、下は芦別方面が掲載されたバージョン違い。

presents by 各駅停車さん

戻る

inserted by FC2 system