◆夕張バス路線図 昭和38年◆

約半世紀前に消えた 伝説の夕張バス路線図

夕張バス路線図

★夕張市内は中央バスがS19年まで営業所を構え、夕張線(夕張駅前〜鹿ノ谷駅前)、若菜辺線(鹿ノ谷〜若菜辺)、真谷地線(沼の沢駅前〜真谷地駅前)の3路線を走らせていた。しかし戦局の悪化に伴う休止指令のため運行休止。S23年12月利用も少なかったため正式に廃止された。その後、25年に夕張バスが設立されバス運行を再開、38年10月夕鉄に吸収合併。

★丁未〜若菜間には「雄飛橋」「拓銀前」「市場前」「学校通」「花園橋」「営林署前」の各停留所もあったがスピードアップのためS33年4月廃止。

戻る

inserted by FC2 system