北海道中央バスファンクラブ 制作・著作 KSK-PROJECT

中央バス廃線倶楽部

廃止された中央バス路線の思い出日記

札幌市内篇 その3

★印:レア度

しろいし歴史街道

東75白石線(札幌駅前〜月寒駅前〜白石駅前)
昭和25年8月10日開設
★★☆☆☆

《停車停留所》 札幌駅前 北1条 南1条 南4条(下りのみ) 南4条東1丁目 豊平橋 豊平4丁目 豊平3条8丁目 東電話局前 美園2条2丁目 美園2条4丁目 美園2条6丁目 月寒東2条1丁目 月寒東2条2丁目 月寒駅前 南郷橋 白石区役所前 白石中央 技術試験場 白石駅前 (昭和49年8月現在)

(コメント)
 この路線はいまも現役だがルートが昔と 微妙にちがっている。

 現在はJR白石駅から白石・中の島通りを南下しているが、昔は1本西側の連隊道路(道々白石停車場線)と呼ばれるセマ〜イ小路を走っており、いまでは単なる“ウラ通り”だが、この通りこそかつて白石〜月寒を結ぶ大動脈だったのだ。“白石停車場線”という呼び名にもメインストリート時代の素敵な響きが感じられる。

 ルートは白石駅から国道12号線に出て、再び白石自動車学校の前を通るセマい路地に入り、車掌時代はひがしきたどおりと呼ばれていた東北通り(1条線)へと抜けていた。

 沿線にはS46年8月まで朝鮮学校[*註1]があり、国境を越えた友情を深めようという意の『フレンド公園』(S43.9設置)も近くに残存する。学校下の掘割にはSLの煙で煤かけた国鉄旧千歳線の陸橋トンネル[*註2]もあったが、千歳線の切り替えで現在はサイクリングロードに転用され、『南郷橋』の停名だけがその証しを今に伝えている。

 ★[*註1] 正式には北海道朝鮮初中級学校。S36年9月に在日朝鮮人の寄付金5千万円で開校。隣には寄宿舎もあったが児童数の増加で教室が足りなくなっため、S46年10月に平岡の現在地に移転、跡地には南白石小がS52年3月開校した。いまも残る校庭のポプラはS37年春、第一期卒業生が植えたものという。
 ★[*註2] 国鉄の陸橋トンネルはこのほか厚別南中前の『釣橋跨線橋』(厚別南トンネル)も残存。こちらも昔は機関車のススでまっクロであった。当初この千歳線用地に地下鉄を高架で通す市の計画があったが、菊水地区の用地買収と千歳線の廃止時期が遅れ、南郷通りの地下を通す現在のルートに設計が変更になった。

なつかしの白石線ダイヤ



エリア激戦区『2条線』

東61月寒2条線(札幌駅前〜月寒2条線経由〜中央通10丁目)
昭和34年頃開設〜昭和49年11月1日廃止
★★★☆☆

《停車停留所》 札幌駅前 北1条 南1条 南4条(下りのみ) 南4条東1丁目 豊平橋 豊平4丁目 豊平3条8丁目 東電話局前 美園2条2丁目 美園2条4丁目 美園2条6丁目 月寒東2条1丁目 月寒東2条2丁目 月寒東2条4丁目 月寒東2条7丁目 月寒東2条9丁目 中央通10丁目 (昭和49年8月現在)

(コメント)
 国道36号以外はバス路線網もまばらな豊平・美園地区だが、1974(S49)年まで東月寒や南郷方面のバス(東60・東63・東70・東72・東73・東75)は裏メインストリートの2条線を走っており、米里行啓通りから2条線に入るレアなルートだった。
 これは豊平地区がエリアバトルの激戦区 だったためである。

 多くのバス会社が競合する札幌市内は、郊外住宅地の発展とともにS30年代から路線が急速に拡大し、とりわけ豊平、平岸、南郷地区は激しい争奪戦となった。このため1964(S39)年、札幌陸運局(現・北海道運輸局)の調停によって現在のような営業エリアが確定した。当時2条線には市営バス[*註1]、サブロク線(国道36号)には定鉄バス[*註2]も走っており、各社路線が複雑に入り乱れていたものだった。

 そんな活況を呈していた豊平界隈の黄金時代もはるか昔に遠ざかり、いまでは定鉄豊平駅のプラットホーム跡が残るじょうてつ本社[*註3]と、その向かいにひっそりと佇む市電豊平線の発着スペース跡に、昔日の栄華がしのばれる......

 ★[*註1] 行啓通以北の2条線には市営バスが乗り入れ、東園小学校前、豊平製鋼前、豊平2条8丁目、豊平2条6丁目、豊平2条4丁目、豊平劇場の停留所があった。
 ★[*註2] 定鉄は札幌駅から平岸街道などを経由し、(1)真駒内南町、(2)西岡水源地、(3)平岸霊苑、(4)木の花団地、(6)月寒公園下、(7)駒岡・滝野、(11)苗穂駅までの路線があったが、赤字経営となりいずれもS47年5月1日に市営バスに譲渡した。(カッコ内は系統番号)
 ★[*註3] 定鉄のプラットホームと駅舎は2005年秋に惜しまれつつ解体、跡地には高層マンションが建っている。

なつかしの月寒2条線ダイヤ



知られざる観光路線

東87有明線(札幌ターミナル〜有明小学校〜鱒見の滝)
昭和26年6月15日開設
★★★★☆

《停車停留所》 △札幌ターミナル △北1条 △南1条 南4条(下りのみ) 南4条東1丁目 △豊平橋 豊平4丁目 △豊平3条8丁目 東電話局前 △美園3条4丁目 豊平郵便局前 中央通2丁目 △中央通4丁目 中央通7丁目 △中央通10丁目 寿楽園前 月寒学院 羊ヶ丘住宅前 羊ヶ丘小学校 日糧パン前 △月寒ターミナル △上北野 △北野 △清田団地入口 △清田小学校 △真栄 △真栄中央 △南真栄 △真栄橋 △三角点入口 △共栄橋 △北有明 △有明小学校 南有明 下三滝橋 三滝の沢 演習場入口 鱒見の沢 鱒見の滝 (昭和49年8月現在) △は急行便停車

(コメント)
 札幌の奥地にある国営滝野すずらん丘陵公園にはアシリベツの滝[*註1]いうワリと有名な滝があるが、それに比べ今ひとつ影の薄い鱒見の滝という滝が同じ園内にある。
 ところが、S40年代まではわりと有名な観光名所(?)だったらしく、S49年までは夏場(5〜10月)だけ札幌中心部から直行バスが出ていた。

 当時、有明(ありあけ)より先はまだ砂利道で、クルマさえめったに走らない峠道だった。終点の「鱒見の滝」は御料線(通称・平岡通り)から滝口に向かって500mほど入った先にあったが、現在はすずらん公園内の遊歩道として整備され、一般車両は乗り入れ禁止となっている。

 現在の有明線は福住発着に短縮され、札幌市内線の一部と化しているが、当時は石狩線や千歳線に匹敵する“郊外線”といった趣きがあり、始発も札幌ターミナル構内の「4番のりば」から発車していた。[*註2]

 当時のターミナル構内には改札があり、キップを買わないと通れなかったのも今はなつかしき思い出話である...

 ★[*註1] 昔この辺りはマスの“千石場所”。下流の鱒見(ますみ)という地名にその名残りをとどめている。
 ★[*註2] 1974年当時の札幌ターミナル乗り場は次の通り。空知方面の長距離バスはトイレ側の1番ホームから出ていた。
 ①旭川、留萌、芦別、滝川方面
 ②当別、江別、大麻駅、世田ヶ谷、市界(東90・91)方面
 ③花畔(西151)、小樽、美国、岩内方面
 ④有明(東87)、羊ヶ丘(東84)、室蘭、登別温泉、苫小牧方面
 ⑤空沼(南101)、厚別の滝(南102・103)、夕張、栗山、広島方面
 ⑥支笏湖、千歳空港、千歳、四里塚、三里塚方面
 ⑦生振、十線、石狩、花畔方面
 ⑧下福移、ひまわり団地、茨戸、篠路(北21・22・40・41・45)方面
 ⑨定期観光バス

なつかしの有明線ダイヤ



さっぽろの奥座敷〜厚別の滝

南103滝野線(札幌ターミナル〜西11丁目経由〜厚別の滝)
昭和34年12月24日免許〜平成10年12月1日廃止
★☆☆☆☆

《停車停留所》 札幌ターミナル 北1条 南1条 南4条 南6西4 南6西11 南11西11 西14西11 南21西11 南30西11 藻岩発電所 藻岩橋 北の沢入口 藻岩小学校 藻南橋通 石山陸橋 藻南学園前 藻南病院前 石山4区 常盤橋 開拓入口 常盤1区 常盤小学校 開拓第3団 器械場入口 滝野峠 厚別の滝 (昭和49年8月現在)

(コメント)
 札幌の奥地にある滝野、常盤台、空沼二股(旧真駒内御料)に向かう滝野線、空沼線は豊平川堤防を走る「真駒内経由」だが、かつて石山通りを走る「西11丁目経由」が下り1本だけあった。

 この方面の中央バスはもともと西11丁目経由がメインだったが、1962(S37)年ごろ真駒内経由が新設されて以降、徐々にそちらにシフトしていった。というのも...11丁目線は市営や定鉄バスと大部分がダブっており、ダイヤ改正やルート変更のたびにモメた激戦区.... 中央バスの割り込む余地もほとんどなかったのだろう。

 札幌〜石山陸橋間が先行の両バスの猛反対で急行扱いだったのも災いしたのだろう、この路線を最後に中央バスは石山通りから完全撤退した....

 当時の終点は「厚別(あしりべつ)の滝」だが、昔はここから滝口へ下るナガ〜い階段があり、観光客はここで下車して滝見物をしていた[*註1]。S58年すずらん公園のオープンで階段は閉鎖されてしまったが、近くにひなびた商店が一軒あるのも、ここがかつて“厚別の滝”への入口だった証しなのである[*註2]。

 ★[*註1] 厚別の滝はかつて市民のいこいの場だったが、現在はすずらん公園渓流口側からしか入れず、マイカーだと駐車料金をとられるうえ、駐車場から1㌔ほど歩かねばならない。昔は滝ウラや河原でチビっ子が遊んでいたが、現在の滝周辺は立入禁止となっている。
 ★[*註2] かつて商店付近から市のキャンプ場「青少年自然の村」(S49.7オープン)まで長く険しい林道が通じていたが、すずらん公園のオープンで三角ロッジやグラウンドのあったキャンプ場は閉鎖。跡地はすずらん公園の「森のすみか」付近と思われるが、現在は草木が生い茂りキャンプ跡地は森の中に埋没している。

なつかしの空沼線&滝野線ダイヤ


中央バス廃線倶楽部


inserted by FC2 system