北海道中央バスファンクラブ 制作・著作 KSK-PROJECT

中央バス廃線倶楽部

廃止された中央バス路線の思い出日記

札幌近郊篇 その4

★印:レア度

渡船廃止で消えたマチ

石狩町内線(石狩〜母子会館前)
昭和53年4月1日開始〜平成5年12月1日廃止
★★★☆☆

《停車停留所》 石狩 役場前 石狩小学校前 治水事務所 町営住宅前 矢臼場 石狩団地 八幡町入口 八幡町 母子会館前 (昭和53年頃)

(コメント)
 石狩鍋(サケなべ)でわりと有名なマチ....石狩市の本町地区。
 かつて漁業マチとして活況を呈した面影も時すでに消え、いまではヒッソリカンとした集落と化している。

 かつては孵化場や造船所もあり、いまも多くの神社や仏閣が残ることから、在りし日の繁栄ぶりをうかがい知ることができる。S30年代には国鉄桑園駅〜新川〜花畔〜石狩本町までを私鉄『石狩鉄道』で結ぶ計画があり、S40年代には石狩浜やオトナリの十線浜まで臨時バスも出るなど、夏場は海水浴のメッカでもあった。

 そんな本町旧市街と対岸の八幡町との間に、S53年まで全国唯一の国営渡船石狩渡船(石狩渡し)[*註1]が運航されており、渡船廃止の代替として登場したのがこの路線。

 地元住民にはけっこう重宝されていたようだが、沿岸漁業衰退による過疎化やベッドタウンとして急成長した花川地区への役場移転で利用がガタ落ちとなり、15年間にわたる運行にピリオドが打たれた。

 終点の『母子会館前』バス停跡は現在も札厚線の転回場として利用されているが、それ以前は八幡町から堤防を突っ切り、その先にあった石狩渡船場[*註2]までバスが乗り入れ、フェリーボートに乗り継ぐマイカーや海水浴客であふれ返った渡船マチがあった。
 そんなにぎわいも、堤防の改修工事でいまや跡形もなく消え、無人と化した河川敷地には廃墟となった旧バス道路が残るのみ。渡船場跡も経年の河岸侵食で、広大な石狩川のミナモに沈んでいる......

 ちなみに「石狩小学校前」のバス停はS51年まで「車庫前」という名称で、バス停前にはいまも木造モルタル塗りの旧中央バス車庫(S38年建設)が残存しているという。

 ★[*註1] 車運搬用(数台分)と人・自転車運搬用のフェリーボートが別々に運航されており、車に乗ったまま川を渡ることができた。
 ★[*註2] 正式名は『八幡町渡船場』、昔は中央バスの待合所や転回場もあった。



戦前からあったニシン路線

厚田線(当別〜太美駅前〜厚田)
昭和15年開設〜昭和47年11月21日廃止
★★★☆☆

《停車停留所》 当別 石狩街道 車庫前 中央排水 材木沢 23線 東方前 大沢通 20線 19線 18線 太美駅通 太美北1号 西中学校 南1号線 太美駅前 南1号線 西中学校 太美北1号 太美駅通 獅子内 15線 当別高岡 五万坪入口 ▲五万坪中央 ▲五万坪 ▲光明寺 ▲高岡局前 ▲光明寺 ▲西高岡 ▲引野坂 ▲農道入口 △11線 高岡入口 9線 8線 東小学校 喜楽前 八幡町 渡船場 八幡町 来札 新開地 聚富団体 聚富本通 聚富 聚富北部 日景温泉 望来坂下 望来 望来小学校 本覚寺 望来大橋 嶺泊 藤林牧場 古潭 押琴 小谷中央 青島 別狩 別狩中央 厚田橋 厚田十字街 厚田 (昭和43年頃) ▲高岡経由のみ △11線経由のみ

(コメント)
 厚田村は日本海に面する小さな漁村だが、かつてニシンの千石場所として栄え、人口もカナリ多かった。
 戦前からすでにバスが運行されており、いまの戸田旅館のトナリに中央バスの発着場や車庫もあったそうだが、平成の大合併で現在は石狩市の一部になっている。

 この路線は石狩川を渡る長大な石狩河口橋が開通したS47年、札浜線(札幌ターミナル〜幌)の開始に伴い、石狩八幡町〜厚田間を廃止して『当石線』(当別〜石狩八幡町)として生まれ変わったが、沿線はほとんど田園地帯で利用も地元の学生かお年寄りくらいしかなく、H8年を最後に廃止....

 太美駅前で折り返しのためウラ道に入ったり、石狩高岡郵便局に隣接した空き地で突然バック転回したりと..... かなりアバンギャルドな路線であった。
 現在はこの路線の一部を下段モータースの当別ふれあいバス『ふれバ』が代替輸送している。



運河越えしたオヤフル線

生振線(松竹座前・札幌ターミナル〜生振観音前〜石狩)
昭和32年8月13日開設〜昭和40年3月1日廃止
★★★★☆

《停車停留所》 松竹座前 南1条 北1条 札幌ターミナル 北4条 北9条 北12条 北16条 北21条 北26条 陸運事務所前 北栄中学 北34条 北37条 北39条 栄町更生 栄町北 中島 1番通 2番通 3番通 4番通 横新道 上茨戸 耕北農場 茨戸入口 茨戸 農協前 南2号 筋違線 南6線 南7線 南8線 南1号 基線 生振観音前 北3号 運河橋 矢臼場 治水事務所 車庫前 役場前 石狩 (昭和38年頃)

(コメント)
 H18年3月で廃止された生振(おやふる)線はその昔、石狩まで運行されており、生振観音前(ばらと霊園付近)から石狩川堤防に沿ってまっすぐ北上、生振運河を渡って石狩市街に入っていた。

 途中に運河橋というバス停もあったようだが、以前この道はもう少し堤防寄りで矢臼場(ヤウスバ)までジャリ道だったような気もする。

 かつて一面に牧歌的な風景が広がっていた生振村、何年か前に2車線のバイパスが開通してからは風景も一変してしまった....

 ちなみに、始発の松竹座(現南4西3ミスド付近)は、東京以北最大規模といわれた芝居劇場。晩年は映画館に衣替えしたが、S45年に惜しまれつつ閉館。中央バスも札幌北部(新琴似・丘珠・篠路・生振・樽川・石狩)に向かう路線は、S39年11月まで一部ココを起点としていた。



ウトナイの遊覧路線

ウトナイ線(千歳ターミナル〜ウトナイ遊園地)
昭和38年頃開設〜昭和45年11月1日廃止
★★★★☆

《停車停留所》 千歳ターミナル 朝日町4丁目 朝日町7丁目 空港入口 千歳空港 美々駅通 御前水 植苗 白鳥湖 ユースホステル ウトナイ遊園地 (昭和39年頃)

(コメント)
 千歳〜苫小牧間を結ぶ大動脈『国道36号』は、殺風景な直線道路をマイカーや大型トラックが猛スピードで走り抜けるその名も“弾丸道路”.....

 沿道には国内外に有名な新チトセ空港、縄文人のゴミ捨て場だった美々貝塚、白鳥湖やウトナイ湖などの旧レジャースポットもある。ちなみに御前水(ごぜんすい)は明治天皇ゆかりの史跡。道路わきに湧き水がコンコンと湧出しており、人知れず古めかしい石碑もひっそり佇んでいる。

 そんなサブロク線を走っていたこの路線だが...千歳空港〜御前水の国道切り替え時期(S38年頃)に誕生したと思われるものの、開設経緯についてはまったくもって不明。
 追分線(千歳〜協和小〜追分駅)と並ぶ千歳営業所初期の『レア線』であるが、本来この区間は道南バスのエリアであり[*註1]、苫小牧市営バスとも競合[*註2]、開業に至るまでいろいろあったと思われる...
 終点はいまの“道の駅”付近になるが、バス停前にあったゴーカートの遊園地や温泉パラダイス、ウトナイ観光ホテル(後のレイクホテル)などは現在、跡形もなく消えている。ちなみに、遊園地の向いには大人のパラダイス(モーテル街)もあった...

 この路線の廃止により、札幌〜苫小牧線に『美々駅通』『御前水』『苫小牧ファーム入口』『植苗駅通』『ユースホステル入口』など細かく停留所が増設されるに至ったのはご存じの通りだが、それもH8年4月『国道経由』が廃止されて以降、中央バスはこの区間から完全に姿を消している......

 ところで、ウトナイ湖(ウトナイ沼)はかつてウトナイト沼と呼ばれ、市バス停留所もS30年代後半まで『ウトナイト』と称していたもよう。もしかすると、ウトナイト⇒ウトナイコ⇒ウトナイ湖と呼び名が変遷していったのではあるまいか....

 ★[*註1] 道南バスは千歳線(千歳駅前〜登別温泉間 82.7㌔)をS24年10月25日から運行開始、このうち千歳〜苫小牧間は新規免許による。停車停留所は千歳駅前〜御前水〜植苗(現・植苗駅通)〜沼の端〜警察前〜苫小牧駅前〜錦岡〜社台〜白老〜萩野〜竹浦〜虎杖浜〜分岐点〜登別駅前〜登別温泉、以上。
 ★[*註2] 御前水〜植苗駅通間には市バスの「試験場前」「炭鉱山林」「植苗小学校前(現・植苗)」といった謎の停留所もあったが、S47年の小学校移転後は利用もほとんどなかったとみられる。


中央バス廃線倶楽部


inserted by FC2 system