北海道中央バスファンクラブ 制作・著作 KSK-PROJECT

中央バス廃線倶楽部

廃止された中央バス路線の思い出日記

札幌市内篇 その5

★印:レア度

エリア圏外だった…真駒内地区

南104 真駒内線(月寒ターミナル〜福住中央・西岡中央〜真駒内駅前)
昭和49年6月15日申請〜
★☆☆☆☆

《停車停留所》 月寒ターミナル 日糧パン前 羊ヶ丘小学校 羊ヶ丘住宅前 月寒学院 福住入口 福住中央 福住会館 福住橋通り あかしや団地 見晴台団地 西岡小学校通り 西岡中央 西岡団地 水源地入口 上西山 錦ヶ丘 上町5丁目 五輪団地 真駒内駅前 (昭和51年7月現在)

(コメント)
 S30年代から札幌随一の『マンモスベッドタウン』として栄えた真駒内団地エリア。S47年のオリンピック選手村建設で一躍脚光を浴び、同年ケンタッキー道内1号店も駅前にオープンしているが、いまは人影まばらな超高齢化住宅街と化している......

 団地内は当初、市営と定鉄バスのナワ張りにあり、中央バスは乗り入れていなかったが、S46年の地下鉄開業後しばらくしてこの路線が朝昼晩の3往復、開通まもない“五輪橋通り”を通って真駒内駅前に乗り入れるようになった。
 『真104系統』としていまも一応現役ではあるが、この路線を足がかりに中央バスのスキーバスや札幌方面のバスがその後ゾクゾクと駅前に現れるようになったのだ。

 真駒内駅周辺も当時とさほど雰囲気が変わっておらず、名物の時計塔も昔のまま...いい味出している。発着場所もいまと同じ駅前のロータリーだったが、降車と乗車が同じバス停で、乗り場探しに奔走しているうちに1日3本しかないバスを乗り過ごしたのも....今となってはイイ思い出話である。

 ちなみに、この路線最大の目玉は福住寺から福住中央線に左折する際の鋭角カーブ。
 福住中央線もまだ1車線の頃でかなり見応えがあったが、当時の運転手さんはハンドルを大きくきり、難なくクリアしていた。その後、福住バスターミナルの開業で2車線に拡幅されたため、豪快なハンドルさばきは見られなくなってしまった.....


昭和の住宅街・南郷通り

東76 南白線(南郷営業所〜南郷通〜白石駅前)
昭和45年頃開設〜平成10年12月1日廃止
★★☆☆☆

《停車停留所》 南郷営業所 南郷通13丁目 南郷通12丁目 南郷通9丁目 南郷通8丁目 南郷通7丁目 南郷通6丁目 白石中学校 白石区役所前 白石中央 技術試験場 白石駅前 (昭和49年8月現在)

(コメント)
 南郷地区はS30〜40年代に全盛期を迎えた元ベッドタウン。S57.3の地下鉄東西線延長でバス路線は大打撃をウケ…この路線をはじめ、南郷通りのバスは衰退の一途を辿っている。西岡・澄川地区の70番台はもともと南郷地区に割り振られた系統番号でもあった。

 南郷通りも昔はほとんど店らしい店もなく、戸建住宅か中古車センターくらいのもの。かろうじて6丁目の公営住宅付近[*註1]がやや賑わっていた程度。現在庁舎がそびえ立つ『地下白』(ちかしろ)付近もターミナルビルとパチンコ屋しかなく、コンビニやスーパーらしきものは皆無であった......

 当初の南郷通りは6〜13丁目までしかなく、しかもS40年代までジャリ道の悪路。この路線が6丁目で右折していたのもそんなナゴリだろうか....(6〜13丁目より先の道路がムリにカーブしているのもこのためである)

 S45年頃までは都心ゆきのバスも6丁目交差点をツキサップ駅方向に左折、もしくはいったん本郷通りに入り、南白石小前の『陸橋通り』を通って一条線(東北通り)に抜けていたもよう。それより先の南郷丘、東札幌エリアは当時市営バスのナワ張りだった。[*註2]

 終点の南郷営業所[*註3]はいまの“南郷の湯”の場所だが、この路線廃止と同じくH10.12に閉鎖。バス出庫時に使われた変則信号機がいまも往時の面影を残している。

 ちなみに南白線とは『南郷・白石線』の略だが、当時の運賃表(鉄板式の入替え用)では『南・白線』と書かれていた。

★[*註1] かつて現白石体育館(道営・市営住宅跡)向かいに南郷市場や薬局など商店街があり、南郷通りカドには北都ストアーや南郷湯(S32.8開業)もあった。6丁目バス停は当初『南郷公営住宅』といい、いまの『本郷通10丁目』が『本郷市営住宅前』(長栄市場付近)という名称で南郷線(S32.5開設)の終点だったが、S39.11に南郷営業所(現・本郷通13丁目)まで延長された。
★[*註2] 南郷通3丁目の札南ストアー(S42.11開業)付近に『南郷通り』、現ラッキー付近に『南郷丘』という市バス停留所がS49年まであったが、中央バス移譲後にそれぞれ『南郷通2丁目』『地下鉄白石駅』に改称されている。
★[*註3] 南郷営業所はS39年新築、車庫3棟と女子寮が併設されており、当時は南郷の最果て14丁目にあった。神社通り(白石・藻岩通)拡幅後に若干増築し、道路側の出入口に発券窓口や時刻表などが置かれていた。


市バスとモメた南郷線の延伸

東73 南郷・大谷地線(札幌駅前〜南郷通〜北野ターミナル)
昭和48年2月15日開設〜昭和63年4月10日廃止
★★★☆☆

《停車停留所》 札幌駅前 北1条 南1条 南4条(下りのみ) 南4条東1丁目 豊平橋 豊平4丁目 豊平3条8丁目 東電話局前 美園2条2丁目 美園2条4丁目 美園1条6丁目 美園1条8丁目 月寒駅前 南郷橋 アサヒビール工場前 南郷通6丁目 南郷通7丁目 南郷通8丁目 南郷通9丁目 南郷通12丁目 南郷通13丁目 南郷通15丁目 南郷通18丁目 南郷通20丁目 大谷地橋 大谷地神社前 北星学園前 大谷地団地入口 大谷地団地 北野ターミナル (昭和49年8月現在)

(コメント)
 【上記より続く】13丁目で途切れていた南郷通りだが、これがS47.12大谷地神社まで開通した暁にバス運行計画がもちあがった。[*註1]

 しかしこの新バイパスに中央、市営バスの双方が乗り入れを申請、開設までかなりスッタモンダあったもよう。当時16丁目付近に市バスの路線があり、これがネックになったと思われる。[*註2]

 S47年陸運局から一旦却下された中央バス南郷線の延長だが、翌年になって市バス東16丁目線の延伸(北38東16〜北44東16間)と引き換えにこの路線が実現した。

 しかし当時の南郷通りにはホントに何もなく、20丁目のバス停前に『なんご〜ど〜り〜♪』のCMでおなじみの家具の田丸があった程度。それも近場に出現した家具のはせがわ(現スイートデコレーション)との競争に敗れ、現在は撤退している....

 大谷地橋付近には興国ハウジングという倉庫(?)らしきものがあり、バスの車内放送でも案内されていたが、こちらも今すでにない.....

 当時は南郷18駅付近も空き地だらけで、南郷18丁目のバス停は道営白樺団地の擁壁ブロック付近にあった。いまの「札幌ドームシャトルバス」のりば向いあたりになぜか国鉄バスの停留所ポールが立っており、当時は国鉄バスも南郷通りを占有していたもよう。

 バスは大谷地神社前にあったドライブインから右折し市道月寒線に入っていたが、北星学園前の上り坂には当初、旧千歳線の魔の踏切があった.....
 ちなみにこの北星学園前の坂(ガケ)は約4万年前、支笏火山(現・支笏湖)から噴出した火山灰台地の北端にあたり、近くから縄文遺跡も多数出土している。

 路線本体はS57.3.21の地下鉄東西線延長で廃止されたが、南郷(営)〜平岡(営)系統は通学児童のためその後もしばらく1日1往復だけ運行されており、S63年の大谷地東小の開校で完全廃止となった。

★[*註1] 南郷通りはS47年秋に札幌都心(大通東8)〜下野幌(もみじ台団地)まで全長12㌔がつながる計画だったが、大谷地神社〜国道274号(約1㌔)は用地買収が難航し工事が見送られ、全線開通はS49.12にずれ込んだ。
★[*註2] 南郷通り開通を見越して、S40.5から市営バス厚別線が12号線から東白石中前を通って「聯合(レンゴー)紙器」(現白石南公園にあったダンボール工場)まで乗り入れ、東白石中向かいの旧田辺商店付近に「白樺団地通り」というバス停もあった。


中央バス廃線倶楽部


inserted by FC2 system