北海道中央バスファンクラブ 制作・著作 KSK-PROJECT

中央バス廃線倶楽部

廃止された中央バス路線の思い出日記

空知管内篇 その2

★印:レア度

市内線が消えた都市

砂川市内線(砂川ターミナル〜緑町経由〜北電アパート前)
昭和35年12月15日開設〜平成4年4月1日廃止
★★☆☆☆

《停車停留所》 砂川ターミナル 十字街 南5丁目 保健所前 緑ヶ丘 緑町 砂川球場前 スキー場入口 日の出町 東圧会館前 南5号線 東圧正門前 北電入口 北電正門(往路のみ) 北電生協前(往路のみ) 8号線(復路のみ) 北電アパート前 (昭和55年12月現在)

(コメント)
 砂川の市街地と郊外の住宅地を結んでいたこの路線は、当時「南7丁目経由」と「緑町経由」の2系統あったが、緑町経由の方は非常に影が薄かった。
 というのも運行は朝1往復のみ。ほとんど走る姿を見かけないマボロシの系統であった。

 その「緑町」の地名も条丁目制の施行で消えて久しいが、国道をひた走る南7丁目経由に対し、緑町経由は東側の住宅街[*1]にわざわざ乗り入れていたものの、H4年の夏ダイヤであっけなく廃止。南7丁目経由もその6年後に廃止され、砂川市内線はついに全滅した......

 終点にはワットくん[*2]で有名な北海道電力の火力発電所があり、バスは従業員アパートが建ち並ぶ集落を反時計回りにラケット循環していた。
 停名もやたらと北電(ほくでん)だらけだが、この通称北電地区には、橋や通り名などアッチコッチに北電の名がつけられている。何か深い因縁でもあるのだろうか.....

 開設当時は「北電生協」(旧配給所)が終点だったものの、こちらもすでに廃業しており、跡地には待ち人を失った無人待合所だけがわびしげに佇んでいる......

 ★[*1] ここに冬だけ砂川市民スキー場線(砂川タ〜緑町〜南吉野団地〜砂川市民スキー場)も乗り入れていた
 ★[*2] 70年代道内を一世風靡した北電の初代マスコット。「アタックNo.1」「エースをねらえ!」の大杉久美子が唄ってたCMソングもおなじみ。現在でも送電線の鉄塔付近でまれに遭遇することがある。



農村地帯の長大路線

茂世丑線(岩見沢ターミナル〜茂世丑経由〜栗沢駅前)
昭和25年6月24日開設〜昭和63年4月1日廃止
★★★☆☆

《停車停留所》 岩見沢ターミナル 4条拓銀 10丁目 東芝前 10条10丁目 美園町 西高前 駒大通 美園車庫前 5線 6線十字街 冷水 8線 志文元組 昭和 旧渡船場 精米所前 農協前 上幌坂東 神社前 北部 茂世丑局前 茂世丑坂上 保真 報徳坂下入口 報徳坂下 最上 最上中央 最上会館 郵便局前 栗沢駅前 (昭和44年5月現在)

(コメント)
 ちなみに茂世丑(もせうし)と読む。

 岩見沢〜栗沢間をメインルートの国道234号線ではなく、道々夕張岩見沢線〜三笠栗山線〜茂世丑最上線の「裏街道」をひた走っていたローカル線。開設当初は三笠栗山線をさらに栗山まで走っていたらしい。[*註]

 「精米所」「農協前」の停名からもわかるように沿線は田畑の広がる農村地帯。バスは農家が点在するのどかな一本道を走っていた。茂世丑局からは西に進路を変え、人家もないような峠道にさしかかるが、このルートは景色や眺望がよく、廃止が惜しまれる路線のひとつである。

 岩見沢市内線にはかつてA・Bコースというヤケにハイカラな系統があったが、茂世丑線にもかつてABコースが存在しており、S30年代は岩見沢〜幌向〜栗沢〜茂世丑〜岩見沢間を大循環しており、幌向先廻りが「Aコース」、茂世丑先廻りが「Bコース」だったという。
 Aコースの方は北斗線(岩見沢〜北斗〜栗沢)にその後分割されたが、こちらもH3年3月いっぱいで廃止となった。

 ★[*註] 開業時のバス停は‥岩見沢駅前〜(4条西10)〜六線十字街(現中央バス岩見沢営業所)〜志文駅前〜長谷川商店〜農業協同組合〜上幌坂東〜茂世丑局前〜茂世丑第二〜鳩山第三〜雨煙別学校〜湯地神社前〜栗山駅前という大蛇のようなルートだった。



景勝地の消えた旧道

桂沢線(幾春別町〜桂沢ダム)
昭和30年4月14日免許〜平成16年4月1日廃止
★★★★☆

《停車停留所》 幾春別町 川沿町 桂沢西 スキー場入口 桂沢スキー場 発電所前 湯ノ沢温泉 桂沢小学校 桂橋 小ヶ口商店前 桂沢(ダム) (昭和42年7月現在)

(コメント)
 三笠市のはるか奥深くに、ひっそり佇む桂沢湖がある。
 夏はキャンプ、冬はワカサギ釣りと例年多くの人でにぎわい、湖近くで発見されたアンモナイトやエゾミカサリュウの化石で全国的にも有名になった場所である。
 しかし、もともとここに湖はなかった。

 桂沢湖は北海道初の多目的ダムとして1957(S32)年に誕生した人造湖である。
 かつては上桂沢とよばれ、幾春別川に沿って旧道がはるか奥地へと続き、上流には農家や学校、商店、営林署などもあったそうだが、ダム完成ですべて湖底に消えた......

 当時バスはその旧道ルートを走り、桂沢覆道の手前(旧桂沢小前)から桂橋をわたり、ダム堰堤手前にある新四国八十八ヵ所霊場[*1]の地蔵が並ぶ原石山の山麓付近まで運行されていた。

 かつての桂沢湖はいまの支笏湖や洞爺湖並みの賑わいだったという。湖水まつりや花火大会が毎年盛大に催され、湖畔の船付場からは遊覧船も発着していたが、いまは人影さえまばら―。

 “空知の一大観光地”と謳われた往時の面影もすでに消え、湖畔にたたずむ70年代風の温泉ホテル[*2]だけが、過ぎし日の盛況をモノ語っていた…が、こちらもすでに閉館。H10年11月に富芦道路が開通してから周辺の交通量もずいぶん増えているが、マイカーはほとんど湖畔を素通りしている模様.....

 ★[*1] 桂沢大公園化の一環としてS35年春、市内の信者たちが心のよりどころを建設しようと、浄財を集めて弘法大師像や天地火水などの仏像、八十八の地蔵など130体あまりを建立、開削した巡礼ハイキングコース。
 ★[*2] 桂沢湖畔の高台にあった桂沢観光ホテルはS40年9月に開業したが、S46年6月1日に全焼したため、翌年工費1億1400万円かけて2階建てのホテルを再建した。建物は三笠市が所有、三笠観光事業会社に委託して経営していた。桂沢ダム下から湧き出ている硫黄泉を活用した大浴場があり、岩ぶろ、滝ぶろ、高周波ぶろをはじめ、遊戯場、大広間、客室などを備えていたが、経営不振でH22年1月に惜しまれながら閉館。跡地は現在サマ変わりしており、かろうじてバスの終点があった高台の広い駐車場跡が残存する程度。

全盛期の桂沢湖(1960年)



伝説のテーマパーク路線

カナディアンワールド線(芦別駅前・芦別ターミナル〜カナディアンワールド)
平成2年7月28日開設〜平成10年4月1日廃止
★☆☆☆☆

《停車停留所》 芦別駅前 芦別ターミナル 芦別市役所前 市民会館前 旭ヶ丘公園入口 北の京芦別入口 旭第一会館 旭分岐点 旭 中の沢 如月橋 油谷 芦別温泉 花木園前(夏季のみ) カナディアンワールド (平成4年12月現在)

(コメント)
 当時の道内3大テーマパークといえば、帯広のグリュック王国、登別マリンパーク・ニクス、そしてこの芦別カナディアンワールドあたりではないだろうか。
 当時バブル景気でアッチコッチに建設されたものの、バブル崩壊と拓銀破綻の余波でそのほとんどが姿を消し、いまや無用の長物と化している(マリンパークはまだ健在だが…)

 ちなみにカナディアンワールドとは、その昔TVアニメで有名になった『赤毛のアン』の舞台、プリンスエドワード島を芦別の山奥に再現した壮大なテーマパークである。

 19世紀のカナダの街並みを忠実に再現したグルメタウンやキャラクターショップ、そして国内最大級のラベンダー畑(当時)が一面に咲き乱れる“夢とファンタジー”あふれる大リゾート施設だったが、高額な入場料と中途半端な施設群がしだいに客足を遠のかせ、莫大な借金を残したまま平成9年に閉鎖されてしまった......

 全盛期には札幌からの直通バス『カナディアンワールド号』[*註]も運行されていたが、こちらも閉鎖と同時に終焉を迎えている......

 閉鎖後は施設を芦別市が買い取り、現在は市営公園として無料開放されているが、すでに建設から20年以上が経ち、往時の華やかなりし面影はもう、ない.....

 ★[*註] H3年〜9年まで札幌駅前(タ)〜カナディアンワールド間を直行していた高速バス。夏期の日祝・学休期のみ1往復しており、途中停留所は赤平ターミナル、芦別ターミナル、北の京芦別入口、芦別温泉の4ヵ所のみであった。

全盛期のカナディアンワールド(1990年)


中央バス廃線倶楽部


inserted by FC2 system