北海道中央バスファンクラブ 制作・著作 KSK-PROJECT

中央バス廃線倶楽部

廃止された中央バス路線の思い出日記

空知管内篇 その3

★印:レア度

留鉄廃業による代替路線

昭和線(深川ターミナル〜沼田駅前〜昭和炭山)
昭和44年5月1日開設〜昭和45年4月1日廃止
★★★★★

《停車停留所》 深川ターミナル〜(沼田線と同じ、深川農高経由もアリ)〜沼田駅前 五ヶ山 桜の沢 恵比島 幌新 幌新温泉 袋地 浅野 東町 昭和炭山 (昭和44年5月現在)

(コメント)
 この路線もかなりレアものではないだろうか…。沼田駅〜幌新温泉間は沼田町営バスがいまも1日4〜5往復しているが、もともと中央バスがS44年から運行をはじめ、なんでも当時はさらに奥地の「昭和炭鉱」まで運行していたというからオドロキである。

 沿線にはかつて、浅野の雨竜炭鉱、九州炭鉱太刀別鉱、明治鉱業昭和鉱のいわゆる「沼田三山」があったのだが、S43年11月に雨竜鉱が閉山、翌年4月には残る2鉱の閉山も急遽決まったため、沿線を走っていた留萌鉄道も同月末で廃業することになり、アシを失う住民のため、中央バスが既存の沼田線(深川タ〜沼田駅前)のうち6往復を期間限定路線免許で昭和鉱まで臨時運行することになった。しかも、閉山決定からおよそ3週間でバスが運行されており、かなり慌ただしい開設だった模様である。

 だがしかし....基幹産業を失った昭和鉱住宅街のゴーストタウン化は凄まじかったようで、臨時運行していた中央バスも翌45年3月に運行を中止、4月から町営バスが跡を引き継いだ時には浅野生活館前(のちダム湖に水没)までの運行に規模が縮小されている。

 ちなみに途中にある恵比島は、近年NHKの朝ドラ『すずらん』の舞台として一躍脚光を浴びたが、いまでは元のヒッソリカンとした集落に戻っている......



赤平市内の超レア路線

赤平市内線(赤平駅前〜赤間経由〜昭和)
昭和37年4月開設
★★★★☆

《停車停留所》 赤平駅前 中央橋 赤間小学校 植村建設前 豊橋 昭和(通り) (昭和37年4月現在)

(コメント)
 赤平にもかつて市内線(市内循環線)があったようだが、カナリ昔のことなのであまり定かではない。ルートは赤平駅前〜中央橋(現・虹かけ橋)〜赤間〜昭和市街(旧豊里炭住街)へと至っていた。

 わりと短期間しか運行されなかったようだが、姉妹系統の赤平駅前〜国道経由〜昭和間の方はいまも歌志内線(滝川〜歌志内〜赤平昭和)の“末端路線”として生き延びている。

 当時の赤平市は炭鉱全盛期。日本有数の大炭鉱街としてその名を轟かせていた頃である。市内には赤間、住友赤平、豊里、茂尻の4大炭鉱がシノギを削っていたが、いまの閑散としたマチ並みからはチョット想像しがたい…。S35年に5万9千人いた人口もS42年豊里砿、44年茂尻砿の閉山で人口流出に拍車がかかった。

 当時は市営バス計画もあり、その頃から中央バスでは市内線の拡張やバスターミナル建設にチカラを入れている。S34年赤平車庫と出張所が文京町に、S39年赤平ターミナルが駅前の中央通りに完成しているが、車庫と出張所は現在中央バスの青空駐車場に様変わりしており、売店や階上喫茶のあったモダンな赤平ターミナルもH20年12月に取り壊され、跡地にはバスの防護サクだけが無残に佇んでいる.....

 ちなみに終点の赤平昭和[*註]はかつて「昭和」と称し、いまも停留所ポールは「昭和」のままである。おそらくバスターミナルなどに赤平付きで表記されていたものが、徐々に一般化したのだろうと思われる。もちろん正式な地名ではない…

 ★[*註] かつて豊里昭和市街と呼ばれた旧豊里砿の炭住街。付近にあった川添町の炭鉱跡地はS43年頃に水田化された。



廃れた市民スキー場線

深川スキー場線(深川ターミナル〜深川スキー場)
昭和48年頃開設〜平成12年12月1日廃止
★★★★☆

《停車停留所》 深川ターミナル 音江農協 雇用促進住宅前 広里工業団地 音江中学校 音江分岐点 道立青年の家 18町内会館前 三瓶山スキー場 スポーツセンター前 深川スキー場 (平成6年頃)

(コメント)
 1990年代のスキーブームの終焉とともに、急速に廃れてしまった市民スキー路線。
 空知管内にもかつては空知太、砂川市民、芦別、上志文、桂沢、長沼の各スキー場行き路線があったが、いずれも廃止の憂き目にあっている。かろうじて、岩見沢のグリーンランドスキー場(旧万景閣スキー場)に市内線が細々と乗り入れている程度である。

 今はなき、森元町通りの深川ターミナルから発車していたこの路線もS40年代から運行していた老舗スキー路線。当初はターミナルから深川市営三瓶山スキー場まで冬場に1日4往復ほど運行しており[*註]、バブル期のS63(1988)年12月には沖里河山にオープンした西武系の深川スキー場まで終点を数キロ延長している。

 一時は起点を深川駅前に変更したり、スキー客の無料化などの試みも若者のスキー離れには歯が立たず、H9年に三瓶山スキー場、H19年に深川スキー場が相次いで閉鎖、跡地にあったスキー施設などはいまでは撤去され、自然に帰っている.....

 三瓶山スキー場のすぐ隣にはS48年、日体協が11億円の巨費を投じて建設した『道青少年スポーツセンター』のダイナミックな建物もあったが、現在はクラーク高校のキャンパスに再利用されているもよう。また当時、深川スキー場に向かう途中にあった中央バスの廃バスは、現在はジブリのネコバスカラーに塗り替えられ、戸外炉峠(トトロとうげ)という停留所が立てられているとか―。

 ★[*註] 三瓶山スキー場は深川駅から約6キロの音江山麓にあり、S40年代当時は北空知一の規模と施設を誇ったスキー場。全長600㍍のコースと平均斜度13度(最大斜度37度)のなだらかな初・中級者向けゲレンデ、北空知ではここしかなかった全長429㍍のリフト、25㍍級のジャンプ台、100台収容の駐車場、食堂もあった無料休憩所、夜間照明なども備え、頂上付近から眼下に深川市内や北空知各町が一望に見渡せた。H9年の閉鎖後、向かいの旧ロッジ付近に日帰り温泉『アグリ工房まあぶ』がオープンした。



空気輸送だった…タドシの2路線

湯内線(多度志駅前〜中湯内会館)
昭和41年9月21日免許〜昭和63年4月10日廃止
★★★★☆
宇摩線(多度志市街〜上宇摩)
昭和42年開設〜昭和63年4月10日廃止
★★★★☆

《湯内線:停車停留所》 多度志駅前 多度志中学校 多度志小学校 高台入口 中多度志 川向入口 農協支所前 岩瀬入口 下湯内 下湯内会館 三十戸入口 中湯内 中湯内会館
《宇摩線:停車停留所》 多度志市街 多度志小学校 多度志中学校 多度志駅前 保育園前 屈狩入口 宇摩第1 宇摩第2 宇摩第3 神社前 宇摩駅前 会館前 揚水場入口 上宇摩 (昭和55年12月現在)

(コメント)
 深川市にS45年合併した旧多度志町内を走っていた上記2路線、山と田畑に囲まれたのどかな田園地帯を走っていたが、当時は中央バス深川営業所管内でも1〜2位を争うほどの赤字路線だった....

 湯内線は湯内小・中が多度志小・中に統合されたS41年、宇摩線は宇摩小が多度志小に統合されたS42年にスタートしているが、もともと中央バスが自ら乗り出した路線ではなく地元や多度志町教委の要請で開設されたため、当時役場のあった多度志市街を起点とし、利用もほぼ通学の児童、生徒で占められていた。

 当初から採算割れが予想されたため、多度志町教委(S44年以降は深川市)から毎年助成金が出ていたが、なかでもこの2路線は乗客が極端に少なく、昼間の便はほぼ空気輸送とあってS54年10月、中央バスから早々に廃止の意向が出されている。


中央バス廃線倶楽部


inserted by FC2 system