北海道中央バスファンクラブ 制作・著作 KSK-PROJECT

中央バス廃線倶楽部

廃止された中央バス路線の思い出日記

空知管内篇 その4

★印:レア度

歴史に埋もれた異人沢

異人沢線(奈井江駅前〜中土場)
昭和36年12月12日免許〜昭和46年4月30日廃止
★★★★★

《停車停留所》 奈井江駅前 奈井江十字街 18町内入口 東2線 東3線 新奈井江鉱入口 昭和炭鉱入口 百間坂 渡辺前 学校前 林務署前 中土場 (昭和37年頃)

(コメント)
 あまり知られていないが、かつて奈井江町にも数多くの炭鉱があった。
 近隣の有名な炭鉱街にはさまれカゲは薄いが、奈井江川に沿って山あいへのびる15号東線沿いには新奈井江、昭和、昭和奈井江、滝口など中小の炭鉱が乱立していた。しかし・・・
 いまではその大部分がヤブに消えている…。

 この「異人沢」という地名もすでに人々の記憶から忘れ去られ、どこにあったかさえハッキリしない云わば“歴史に埋もれたマチ”。どうやらこの道路沿いにあった炭鉱町のひとつらしい。[*註]

 道央道の高架橋のたもとを過ぎると延々ダートの一本道が続く。停留所にある百間坂や学校前(東奈井江小中学校)も、閉山から30年以上たったいまでは建物や目印になるようなモノは何も見あたらない。

 路線粁から、終点は奈井江駅から10㌔ほど入った“滝口炭鉱跡”と思われるが、たまに山菜採りの人々と出くわす程度で、マチどころか、無人の林道がはるか不老の滝まで果てなく続いているだけである....

 ★[*註] 異人沢という地名はこの道路沿いの奈井江川に流れ込む沢の名に由来するといい、終点の中土場より少し奥に『異人沢橋』という橋が現存するもよう。



美鉄バスとのバトル(前篇)

高島線(奈井江駅前〜7号渡船場)
昭和32年6月18日免許〜昭和46年4月30日廃止
★★★★★

《停車停留所》 奈井江駅前 奈井江十字街 奈井江役場 奈井江高校 集会所 吉野 高島学校 高島御崎 中村第5部落 7号渡船場 (昭和37年頃)

(コメント)
 前記の異人沢線と同時代に運行されていた奈井江町内線だが、あまりに古いため詳しいことは全くもって不明である。異人沢線が山側の炭鉱路線に対し、こちらは石狩川沿岸の川っぷちを走っていた農村路線である。
 ルートは奈井江駅から国道を南下、いまの奈井江高校バス停から16号西線に入り、そのまま道なりに旧中村農場付近まで達していたらしく、本数も異人沢線同様、1日3往復ほどの“閑散路線”だったもようである。

 『高島小学校』バス停は茶志内川を渡った先、いまの高島神社付近にあったようだが、すでに廃校から30年以上の月日が経過しており、現在は跡形もない。
 『高島御崎』はいまの奈井江浄化センター付近(高島3区)で、晩年はここで折り返していたもよう。

 その先は美唄市に入り、厳密にいうと美鉄バスのシマ[*註]だが、中央バスはさらに南下、美鉄最北限となる『7号渡船場』(美浦大橋付近)まで乗り入れていた。ただ美鉄の停名は『七線渡船口』となっており、中央バス滝川管内乗車券でも「七線」と記載されているため、正式名称はナゾに満ちている…。場所はいまの美唄市民バス『8号線』付近と思われるが、現在の道々は護岸工事でやや東寄りに付け替えられており、バスルートはもう少し石狩川寄りだったとも考えられる。

 本来ならそのまま道なりに月形駅まで接続させたいところだが、ここには先ほどの美鉄バス「中村農場線」がS20年代から走っており、ナワ張り問題で行く手を遮られていたのだろう.....

 問題のその7号渡船だが、どうも最近まで運航していた美浦渡船を指しているようにも思われるが、“道内最後の渡し舟”といわれたこの渡船も、美浦大橋の完成でその役目を失い、H23年9月末で営業を廃止。道内渡船の永い歴史の火はついに消えてしまった.......

 ★[*註] 美鉄バスはS23年美唄市内で営業スタート。大夕張線や貸切など営業範囲が広がってきたため、S36年5月1日に名称を『三菱バス』に変更。赤字のためS56年9月グループ出資の新会社『美鉄バス』に譲渡して再スタートしたが、市内の人口減が進みH14年3月で廃業した。



美鉄バスとのバトル(後篇)

月美線(美唄ターミナル〜三文字〜月形駅前)
昭和26年9月15日開設〜昭和63年4月1日廃止
★★★★☆

《停車停留所》 美唄ターミナル 中学校前 市民会館通 南沼 開発 開明橋 桜井中央 8号線 桜井沼 10号線 三文字 元村橋 元村 15号 16号 山形 17号 18号 19号 20号 21号 会館前 分岐点 大橋下 新生 快楽町 月形市街 月形役場前 月形駅前 (昭和55年12月)

(コメント)
 この路線史もかなり古い。終戦前後の燃料不足でS23年2月に一旦廃止、S26年に再免許を得て復活。美唄〜月形間を妙な裏ルートで結んでおり、メインルートの道々美唄月形線には当時、美鉄バスの上美唄線[*註]が走っていた。

 今もバスベイの残る開発〜三文字間や元村神社などの裏街道をひた走る1日3〜4往復の超ローカル線だったが、かつて沿線には役場支所や元村小学校(15号付近)もあり、もともとこっちが本来のメイン街道だったもよう。

 S38年頃までは「山形」から17号線を左折せず、そのまま沿岸道路を直進して現在は無人と化した旧富樫部落の河川敷を抜けており、ここに富樫(旧土栄沼)や富樫小学校前の停留所もあったとか、なかったとか.....

 S26年の再開に当たっては、競願になった美鉄バスはもちろん、美鉄の運行を希望する美唄市や沿線住民らの猛反対にあったようだが、路線の既得権をもつ中央バスの運行が陸運局に認められ、美鉄の申請は却下された。

 また、燃料&資材不足でS23年に一旦廃止されたことになっているが、中央バス前身の美唄バス(美唄自動車運輸)がバスを運行していたのはS10〜12年の2年あまりで、実際は札沼線の開通で採算がとれなくなり、10年近く休止状態であったという.....

 ★[*註] 上美唄線(美唄駅前〜上美唄〜17号線)はS26年から美鉄バスが運行していたが、赤字路線のためS52年12月から美唄市営バス(現・市民バス)が肩代わり。上美唄から南下、中小屋局前に至る「中小屋線」というレア線もかつて存在した。



循環していた北村線

北村循環線(岩見沢ターミナル〜北村農協前〜岩見沢ターミナル)
昭和32年頃開設〜昭和63年4月10日廃止
★★★☆☆

《停車停留所》 岩見沢ターミナル 4条西2丁目 中央通 2条東3丁目 元町 北本町 稔町 みずほ公園 西川向 六分水 三谷農場 新稔町 村界 開拓入口 赤川 千間通入口 北村役場前 北村農協前 豊里 北都入口 北都 西北都 集会所前 神社前 北村中央 開基橋 旧浄水場 北村農協前〜(往路と同じ)〜岩見沢ターミナル (昭和55年12月)

(コメント)
 空知管内は昔から循環路線の多いエリア。なかでも岩見沢管内は突出しており、現在でも鉄北線、栄町線(旧新東町線)、桜木循環線、緑ヶ丘・鉄北循環線etc...、廃止路線では岩見沢市内線(A・Bコース)や栗山町営バスに移管された鳩山循環線などがある。

 現在、北村線は農協前折り返しだが、かつては北村旧市街を一周しており、昭和初期のような風情ある集落に乗り入れていた。

 このバスは月形線の『北都入口』から分岐し、『森農場』『西森』『狐森』『金森商店前』『地蔵前』といった牧歌的な停留所もS40年代には存在したようだが、S36年頃まではこちらが月形へ向かう本ルートだったもよう。昔は役場や郵便局もこの旧市街地にあり、岩見沢から旧市街を抜けて新篠津に至る「岩新線」というレア線も何便かあった。

 しかし、将来この地は北村遊水地の整備予定地になっており、旧市街のあった二区乙(現・北都)、二区甲(現・豊里)の一部、そして中央バス月形線の旧ルートであり、ワカサギ漁で有名な雁里沼付近一帯は、石狩川の治水対策で洪水時には水没する運命にあるという......


中央バス廃線倶楽部


inserted by FC2 system