北海道中央バスファンクラブ 制作・著作 KSK-PROJECT

中央バス廃線倶楽部

廃止された中央バス路線の思い出日記

千歳近郊篇 その2

★印:レア度

没落したドル箱路線

北栄団地線(千歳ターミナル〜北栄小学校〜信濃町・工業団地)
昭和42年10月26日開業〜平成3年4月20日廃止
★★☆☆☆

《停車停留所》 千歳ターミナル 朝日町4丁目 市役所前 仲の橋通り 千代田町3丁目 錦町十字街 錦町4丁目 北栄小学校前 北栄官舎前 北栄町 北栄団地前 東9線 信濃2丁目 9線中通り 信濃町 信濃4丁目 東7線 東6線 工業団地 (昭和52年現在)

(コメント)
 早朝に数本しかなく、しかも片道だけだった工業団地線(H14年廃止)の前身。

 晩年は千歳高校経由しかなかったが、当時は北栄小学校経由というのがあった。

 1960〜70年代、市内4繁華街[*註1]のひとつだった“仲の橋通り”から駅前通り〜国道〜北栄小〜東10線道路をヘンに迂回し、北栄町で千歳高校経由と合流していた。これは開設当時、まだ千歳高の急坂にバスの走れる道がなく、やむなく北栄小を迂回していた名残りとおもわれる。

 S39年スタートした市営工場団地の造成で、S44年に千歳高校経由が開設され、同時に終点も「信濃町」(現・信濃2丁目)から第2停車場線を通って「東7線」まで延び、更にS46年「工業団地」(後の第2工業団地)まで延伸された。[*註2]

 当初は1日30往復近くある千歳市内でも1〜2位を争うドル箱線だったが、国道以南の宅地開発で新路線の機運が高まり、S57.3.21よりスタートした桜木線(千歳タ〜桜木小学校)にその座を奪われてから、いつしか早朝だけのマイナー路線へと変貌していった。

★[*註1] 4繁華街通りとは友楽通り(現ニューサンロード)、新橋通り、仲の橋通り、新川(用水)通りの4小路。とくに友楽通りは交通量が激しく、住民から危険といわれていた。のちに札幌狸小路を模してアーケード化されたが(現在撤去)、バブル崩壊以降は寂れまくっている…。ちなみに、S51年まで「仲の橋通」バス停は「新川通り」の名称だった。
★[*註2] 第2停車場線(現・中央大通)の東9線〜東11線間には当時道路がなく、富丘団地方面のバスもS57年ごろまで末広団地入口(現イオン千歳店前)から踏切をわたって鉄北通りに抜けていた。

懐かしの千歳市内線ダイヤ


半世紀前のバスターミナル

長都線(千歳ターミナル〜長都小学校〜島松駅前)
昭和25年5月6日免許〜平成12年4月1日廃止
★★★☆☆

《停車停留所》 千歳ターミナル 朝日町4丁目 市役所前 仲の橋通り 千代田町3丁目 千歳駅前 末広団地入口 富岡団地入口 富岡中央 東10線 富岡北 富岡団地 29号 28号 都2区 高島前 集乳所 公民館前 中長都 長都小学校前 東5線 4線入口 東3線 東2線 基線 中恵庭 西4線 西5線 島松駅通 島松駅前 (昭和52年現在)

(コメント)
 わりと近年廃止された....その名もオサツ線。

 富丘団地[*註1]から島松までは道々島松千歳線を走っていたが、当時は富丘団地から先は長都小学校のほかは何もない田園地帯で、集乳所バス停付近に味わい深い建物がポツンと建っていた。中間の「中恵庭」は恵庭の旧市街で、昔は役場など公共機関が集積していたもよう。S20年代は更に西島松方面へ2.8kmほど入っていたようだが、終点の正確な場所は不明である。[*註2]

 末広団地入口(現イオン千歳店前)はいまの第2停車場線ではなく、踏切を渡ってすぐの鉄北通り沿いにあったが、現在は鉄道も高架化されバスルートも切り替わっている。

 富岡団地入口はいまの新富3丁目(不二家の辺り)に千歳自動車学校があったため「自動車学校前」という名称だったが、S40年代末期バイパス用地に接収され、真々地に移転している。

 島松市街は駅まで銀行や生協など古い繁華街が続いていたものだが、恵み野ニュータウン(南島松団地)造成で商圏が南に移ったせいだろうか....いまやすっかり寂れている。

 起点の千歳ターミナル[*註3]はS34年に建造された年代物のバスターミナル。いまでは珍しくなった木造モルタル塗のバスターミナルで、当時でもかなり年季が入っていた。
 待合室には売店もあり、しばらくしてTVも登場し、発車待ちの乗客で随分にぎわっていたが、晩年は売店も撤去され、国道側の出入口も塞がれすっかり淋しくなっていたが、閉鎖された扉の階段と照明灯だけ残っていた。

 永らく市民を見守り続けてきたターミナルも老朽化には勝てなかったようで、2004(H16)年4月、駅前に誕生した新ターミナルにその役目をゆずり、およそ半世紀におよぶ生涯を閉じた....

★[*註1] 富丘団地は千歳市郊外に昭和40年造成された市のモデル住宅団地。商店街、郵便局、診療所などを備え、当時はあたり一面畑だった。現在の「富丘団地」停留所は2代目だが、初代はいまの「富丘中央」が「富岡団地」で表記も微妙に異なっていた。
★[*註2] 西島松終点は免許上では島松村606番地の国道付近(島松沢バス停付近)だが、免許だけで運行されなかった可能性もある。
★[*註3] 千歳ターミナルは本町2丁目(ホテル日航千歳向かい)にあった中央バス営業所わきにS34年12月1日オープンした中央バス初の専用ターミナル(2番目は旭川ターミナル)。2つの発着バースが横付けのプラットホーム式、木造モルタル2F建て(3F部分は吹き抜けのフェイク)だったが、H16年夏ごろ取り壊された…。


大秘境・恵庭溪谷

盤尻線(恵庭駅前〜盤尻)
昭和32年5月1日開業〜昭和46年5月1日廃止
★★★★★

《停車停留所》 恵庭駅前 恵庭駅通 漁 茂漁 柏小学校前 作業所前 牧場 牧場西 漁川発電所 採石場 盤尻小学校前 王子発電所前 盤尻 (昭和45年現在)

(コメント)
 恵庭から支笏湖まで抜ける道々恵庭岳公園線(旧 道々光竜鉱山線)はレジャースポットが点在するドライブコースとして人気だが、かつてはここにも路線バスが走っており、途中にあった「盤尻」(ばんじり)という集落まで運行していた。

 あたりには小学校や商店もあったようだが、1965(S40)年に廃校になった盤尻小学校をはじめ、いまでは人家らしき建物はほとんど見当たらない…。沿線は古めかしい発電所や自衛隊演習地に囲まれた鬱蒼とした密林地帯と化している。

 盤尻より先は漁川(いざりがわ)に沿って幽谷・恵庭溪谷に向かうかなり険しい林道が支笏湖まで通じていたが(現在は車両通行止め)、かつてココにバスを通す計画もあったらしい。
 ところが、あまりの秘境のためか運輸局から認可が下りなかった。

 沿線には恵庭駅に通じる森林鉄道[*註]も1955(S30)年まで走っていたようで、道々北側の樹海にはいまも鉄橋や廃線跡が残っているといわれる。

★[*註] 詳しくは廃線歩きのスペシャリスト、故・堀淳一先生の『北海道産業遺跡の旅〜栄華の残景』(北海道新聞社刊)を参照


石狩低地帯の断層を走った路線

追分線(千歳ターミナル〜協和小学校前〜追分駅前)
昭和29年2月4日免許〜昭和38年9月2日休止
(昭和47年8月17日廃止)
★★★★★

《停車停留所》 千歳ターミナル〜(三川線と同じ)〜泉郷郵便局 協和西部 中央西 協和小学校前 協和東部 分岐点 変電所 協和通 追分農協前 追分駅前

(コメント)
 この路線は当初『協和線』とよばれ、ほぼ全線にわたって長閑な過疎聚落。追分まで乗り通す客もほとんどいなかったと思われる。

 しかしである! この路線、一時は札幌まで延伸され、追分〜千歳〜札幌間直通だったというからオドロキ桃の木である。当時同じ区間を広島・三川経由で運行していた国鉄バスへの対抗上、設定したのだろうが、それだけ当時の追分(現・安平町)は大きなマチだった。

 追分はM25年に駅ができて開発が始まった鉄道のマチ。かつては機関車が45両も配置されていたSL基地であり、石炭列車の要衝だったが、相次ぐ夕張炭鉱の閉山や国鉄JRの合理化で現在は人影もマバラ…。駅裏の広大なヤード&車庫跡が在りし日の活況を物語っている。

 ルートは下記の三川線と途中までマッタク同じで、温泉郷の泉郷部落(昔はケンブチといった)から道々舞鶴・追分線に分岐していたが、この辺りは断層帯がやたら走っており、そのため温泉も湧くのだろう。もっとも大昔は海原だった所で、松原温泉や信田温泉(現在は廃業、旧幌加温泉?)周辺にかつて馬追沼や長都沼といった巨大な海跡湖が点在していた。

 当初終点だった協和小学校は、協和神社の千歳CC入口付近にあった。かつて周辺に近唐(こむから)と呼ばれる40戸ほどの農村聚落があり、コムカラ峠にその名をとどめている。

 追分変電所は現存し、バス停位置もほぼ推察できるが、協和通〜追分農協間は現在のコ線橋ではなく、室蘭本線の旧踏切(旧道)から農協そばのスタンド脇で岩部の2代目追分線(岩見沢〜追分)と合流していたもよう。

当時の時刻表(外部サイト)


札部と岩部が出逢う場所

三川線(千歳ターミナル〜幌内農協〜三川駅前)
昭和24年7月1日開業〜平成9年4月1日廃止
★★★★☆

《停車停留所》 千歳ターミナル 千歳橋 錦町十字街 千代田町3丁目 千歳駅前 末広小学校 処理場前 根志越 佐々木前 祝梅第一 祝梅天理教 中央第一 中央小学校 生田前 北沼通り 農道入口 遠藤前 泉郷郵便局 信田温泉 極楽寺前 公会堂前 農協前 幌内分岐点(分岐点) 坂本前 前田前 角田前 三川駅前 (昭和45年頃)

(コメント) 


中央バス廃線倶楽部



inserted by FC2 system