中央バス最新NEWS

札幌管内 70年代

〜1969 1970(昭和45)年〜1979(昭和54)年

運賃改定による変更 (1970年2月1日)


道南バスの運賃が1日から値上げされるため、“同一距離は同一運賃”の原則から、競合する中央バスの札幌〜室蘭間の運賃も450円→500円に調整値上げされる。

札幌−大麻競願問題に決着 (1970年2月14日)


札幌陸運局は14日、“札幌のベッドタウン”江別市大麻団地と札幌を結ぶ定期バス路線を北海道中央、札幌市営、国鉄バスの3業者に認可した。運行開始は市営、国鉄が4月ごろ、中央が6月以降の見通し。昨年11月に夕鉄バスを含め4バス業者の競願となっていた。
 免許されたのは市営と国鉄バスが米里通り〜東高前〜国道12号線を経由して札幌に至るコース。中央バスは厚別幹線通り〜雁来橋〜苗穂を経由して札幌に至るコース。運行回数は各15往復以内でバス停の位置や名称は3バス業者ができるだけ同じとし、市営と国鉄は共通定期券発行が条件。
 一方、却下になった夕鉄バスについては国道12号線の輸送対策として、札幌〜北海鋼機間の急行便10往復を札幌〜あけぼの団地間の15往復に拡大、江別から札幌への通勤・通学輸送を担当することとし、従来ノンストップだった札幌市内に15ヶ所の停留所を設けることが認められた。申請された大麻団地内のバス停は次の通り。

大麻団地線の終点を延長 (1970年3月21日)


中央バスは21日から大麻団地線(江別駅前〜大麻駅前〜大麻16丁目)の終点を西町まで約400㍍延長、「扇町」「西町東」「西町」の3停留所を新設する。1日15往復、料金は大人30円、小人15円。同団地第3住区の扇、西町の入居増に合わせ利便をはかったもの。発車時間は次の通り。
【江別駅前発】6:45 7:20 8:00 8:50 10:10 11:40 12:50 14:00 14:50 15:30 16:00 16:40 17:25 18:30 19:30
【大麻西町発】7:25 8:00 8:40 9:25 10:50 12:20 13:25 14:50 15:25 16:10 16:35 17:10 18:05 19:00 20:05

篠路駅前団地線をスタート!! (1970年4月1日)


中央バスは1日から篠路駅前団地線(札幌ターミナル〜篠路駅前団地)を運行開始する。札幌ターミナル発は1日15本、篠路駅前団地発は18本(うち4本は北営業所止まり)。料金は篠路線の札幌ターミナル〜篠路駅前間と同じ大人片道60円、小人30円。
 同団地のバス通勤者、通学生はこれまで篠路線の篠路駅前から乗降していたが、従来の定期券では今回新設する3停留所から乗降できない。これを記念して同日午前6時半から篠路駅前団地で開通式のテープカットが行われる。
【停車停留所】札幌ターミナル〜(茨戸線と同じ)〜横新道中央 団地入口(新設) 生協マーケット前(新設) 篠路駅前団地(新設)

夏ダイヤ改正による変更 (1970年5月1日)


1日から夏ダイヤに改正する。

東千歳線ワンマン化 (1970年6月1日)


中央バス千歳営業所は1日から東千歳線(千歳ターミナル〜東千歳)のワンマンバス運行に踏み切る。これで同バスの千歳市内路線はすべてワンマン化され、長年親しまれた“車掌さん”が姿を消すことになる。
 同社は昨年12月、車掌不足と労務管理の問題から市内を走る富岡団地線、大和団地線、北栄団地線を皮切りにワンマン運行をスタート。市内初のワンマンバスとあって当初は乗客から「サービスが悪い、味気ない」などの声が寄せられたが、半年たって大部分の乗客がなじんできたと同社が判断、全線ワンマン化に踏み切った。
 料金の支払い方法は、これまで乗客の口答で乗車区間を判断する“信用方式”を採っていたが、今後は乗車時に発行する券で料金を払う“整理券方式”となり、文字通り機械化される。
 市内路線を走る同営業所のバス10台のうちワンマンバスは7台だが、このうちワンマンに適している“電車式”座席車は2台しかなく、残り5台は不便な“列車式”座席車。乗客からは「前から乗って前から降りるのに、列車式座席バスだと混み合う時は窮屈だ」との声もあるが、同営業所では「バス不足でしかたがない」という説明。機械化による会社の合理化、効率化のカゲで、市民の足としてのサービス低下を心配する市民の声も根強い。

【国鉄】札幌駅前のりば変更 (1970年6月10日)


札幌駅地下鉄工事に伴い、10日から国鉄バスの駅前ホームを駅の東寄りに移設する。
 新ホームは現在の同バス降車口隣に移され、現在より長い約90㍍のホームに各乗り場が新設される。現在のホームは近く取り除かれ、自家用、ハイタクの駅前駐車に活用される予定。
 新バス乗り場は東側から(1)下白石・旭町方面、(2)下野幌・大麻団地方面、(3)江別・岩見沢・美唄方面、(4)長沼・恵庭・手稲公住・発寒団地方面、(5)手稲町・手稲鉱山方面、(6)小樽方面(特急、急行)、(7)同(快速)。

札幌−大麻間の運行スタート!! (1970年6月11日)


中央バスは11日から大麻線(札幌〜大麻〜江別、札幌〜大麻駅前)を新設する。2系統あわせて1日15往復、いずれも急行便にして札幌〜大麻間の所要時間を32分に縮める。4月末から運行している国鉄、札幌市営と同じく大麻団地裏の9号線、東米里経由の札幌への近道ルートを走り、料金は国鉄、市営バスと同じ。これと同時に現行の大麻団地線(江別駅前〜団地西町間)のダイヤも改正する。
 同路線は今月1日からスタートする予定だったが、道道東雁来−江別線の雁来橋付近1300㍍の路盤が悪いため運行開始を延期していた。停車停留所と運行ダイヤは次の通り。

太平団地線をスタート!! (1970年6月25日)


中央バスは25日から札幌市の内外太平町内会住民から陳情が出ていた「太平団地線」(札幌ターミナル〜北営業所〜太平団地中央)を運行開始する。石狩街道の「1番通り」から団地に入り3停留所を新設。1日11往復で運賃は片道大人50円、小人25円。
【停車停留所】札幌ターミナル〜(篠路駅前団地線と同じ)〜1番通り 太平2番(新設) 団地南(新設) 団地中央(新設)

石狩海水浴バス臨時運行 (1970年7月19日)


中央バスは7/19〜8/16まで恒例の海水浴場行き臨時便を運行する。
 石狩線(札幌タ〜石狩)、十線浜線(札幌タ〜十線浜)、オタネ浜線(札幌タ〜十線浜〜オタネ浜)の3路線走らせ、石狩線が1日4往復、昨年から開始した十線浜線と今年から運行するオタネ浜線は合わせて9.5往復。雨天の場合は中止。

【定鉄】後乗り前降り型バス導入 (1970年7月20日)


定鉄バスは20日のダイヤ改正から札幌市内の路線バスに道内初の“後ろ乗り前降り型”ワンマンバスを運行する。
 このバスは前と後輪の後ろに扉があり、おもに関西方面で多く導入されているが道内では初めて。価格は1台430万円。同社はこのワンマンカーを15台購入し、20日から平岸東線(札幌駅南口〜平岸高台)、札幌駅北口線(札幌駅北口〜慈恵学園)、中の島線(札幌駅南口〜中の島〜慈恵学園・下西岡)の市内3路線に走らせる。
 市内を走るワンマンカーは各社とも前と中央に扉があるが、「中乗り」だと客が出口付近にかたまって混み合い、後ろ乗りではそうした欠点が解消される。また防護装置をつけなくても車輪に巻き込まれる心配がなく、同社は好評なら来年度も購入し、将来は全路線に普及させたい考え。

(道内初登場となる後乗りワンマンカー)

【道南】幌別ダム花火大会に臨時バス (1970年8月8日)


道南バスは8日夜、幌別ダムの川上公園で開催される花火大会に次の通り臨時バスを運行する。

墓参臨時バスを運行 (1970年8月13日)


中央、市営、定鉄バスは13〜16日まで墓参臨時バスを運行する。

千歳駅−千歳空港間の直通バスを― (1970年9月10日)


千歳市街から千歳空港へ向かうバスは現在、中央バス千歳ターミナル(千歳市本町2)からしか出ていないが、道内を訪れる観光客からは千歳駅と空港を結ぶバス路線を望む声が多いことがわかった。
 これは市が6/16〜8/16まで、試験的に千歳駅内に設けた観光案内所に寄せられたもの。このほか千歳観光の一枚看板、支笏湖へ行くバスの便が足りず「最盛期だけでも臨時便を出してほしい」などの声も多かった。
 これを受けて国鉄、市観光連盟、千歳観光株式会社の3者は10日ごろに反省会をもち、中央バスに路線面での改善を働きかける方針。

札幌市内線の運賃改定 (1970年10月1日)


札幌市営と定鉄バスの値上げに伴い、両バスと平行して走る中央、夕鉄、道南、沿岸、支笏湖観光バスの5社と、国鉄バスの市内運賃も1日から足並みをそろえて同調値上げとなり、札幌市内は1区20円→30円にアップ、2区以上は従来どおり1区につき10円ずつ加算する。これによる増収率は27.0%。

大麻団地の利便アップを (1970年10月7日)


すでに人口1万7千人に膨れ上がった江別市大麻団地の造成も、ことしが最終ラウンド。5月から国鉄、札幌市営バスが米里経由、続いて6月から中央バスが東米里経由の札幌近道ルートでそれぞれ大麻〜札幌間に乗り入れた。
 一方、団地の西はずれに当たる西町や扇町地区は札幌直通バスが通っておらず、南北1㌔、東西3.2㌔の団地は地区によって、ちょっとした“交通過疎”の状態にあり、西町自治会などは潤沢な札幌直通バス路線と団地環状線の新設を発足以来の重点目標にしている。
 この点について中央バスは「駅前業務センターにバスターミナルができる来秋からは、西町経由の札幌直通バスと団地環状線を設ける考え」といい、国鉄バスは「実施はいつになるかわからないが、団地環状線は検討中」との答え。一方、札幌市営バスは「団地環状線は将来の検討材料」としながらも、11月20日の冬季ダイヤから現在の12丁目〜14丁目経由〜札幌(上下30便)を新たに15丁目に延ばし、再び14丁目にUターンする新路線に切り替えるという。
 半面、増便については各社とも「現状の少ない利用客では完全に採算ベースを割っている」として、逆に冬季ダイヤから直通便間引きを検討しているところもある。さらに近道ルートのため、従来の国道12号線より10分は短縮―のうたい文句だった3バスの札幌直通便は、道道東雁来線、札幌市道米里線のアバタ路面で“スピードアップ”は完全に看板倒れの状態。利用者、バス会社からの苦情も深刻で、札幌土現ではことしから東雁来線の路盤改良工事にはいり、近く舗装のスケジュールだが、米里線は目下舗装の予定はなく、ここしばらくは“最適な通勤、買い物バス”は望めそうもないようだ。

札幌市内3路線を休止 (1970年10月11日)


中央バスは11日から次の市内3路線を休止する。これらの路線は市営バスや定鉄バスと競合しているうえ、利用もほとんどなかった。

札幌市内のバス暖房サービス (1970年10月26日)


札幌市内を走るバスの車内暖房のうち、市営バスはエンジンの熱で温められた水を車内に送る温水式が223台、灯油を燃やして暖かい空気を送る温風式が110台、温水温風併用式が274台ある。中央、定鉄、国鉄バスはすべて温風式を採用している。
 温水式はエンジンが熱くなるまで温度が高くならない欠点はあるが、温風式のように灯油代もかからず経費が安いうえ、引火による火災、排気ガス中毒の心配がないなど、衛生上の利点もあって重宝がられている。
 市営バスは昨年、1台だけテストした温水式の改良型を、ことしは10台以上に拡張することにした。これはカナダで実用化されているもので、ラジエーターに自動温度調節器付きの防寒幕を取り付け、車内を回る温水の温度差を小さくする。また車内の配管も太くしてあり1時間当たりの熱エネルギーは2万4千㌔カロリー。ちなみに温水式は3〜5千㌔、温風でも中央が1万6千〜2万㌔、定鉄は7千5百〜1万3千㌔というから、威力はかなり強そう。
 しかし、暖房設備が整っても、調節の難しさは各社共通の悩み。中央バスは客席のほぼ中央から運転席の下に自動調整器を取り付け、20〜25度にセットしておいて、寒くなると暖房器が自動的に働くようにしている。ところが、この装置は調整器周辺の気温で動くので、車内全体の温度に反応するわけではない。定鉄バスは一時、全車に取り付けたが、運転席のあたりが寒すぎて乗務員に嫌われ、最近は手動式に切り替えつつある。市営はすべて手動式で、車内温度は運転手の感覚次第で上下しているケースが多く、利用者の苦情をやわらげる決め手はいまのところなさそう。それだけに各社とも暖房サービスに頭をいためている。

冬ダイヤ改正による変更 (1970年11月1日)


1日から冬ダイヤを実施。札幌市内線は夏ダイヤとあまり変わらないが、住宅団地系統を増強する。

地下鉄完成後の路線再編成 (1971年1月5日)


札幌の地下鉄完成まであと1年。この開通によってバスの利用者が地下鉄に流れ、市内に定期バス路線を持つ業者は少なからず打撃を受ける。バス業界ではこれを機会に路線確保を、と微妙な動きを見せているが、定鉄は定鉄軌道跡を走る地下鉄の進出と引き替えに、地下鉄開通と同時に市営バスの中の島経由真駒内線、22条橋経由の啓明線を手中に収め、真駒内団地内の路線は市営が40%を譲る約束もとりつけた。また豊平川沿いにできる幹線道路にも市営が進出しないという条件ものませたが、これでも定鉄側は「心臓に刃物を突き刺されたようだ」という。
 一方、中央バスも「地下鉄開通の影響は大きい。しかし対策はまだ考えていません」と慎重だが、これまでの“競争”からいっても市営の黒字路線への乗り入れには意欲を見せる。対する交通局も「市営バス路線は市民の財産。なかには何年も赤字に耐えて黒字路線に育てたものもあり、一本たりとも譲れない」と強気になっている。
 こうした実情から札幌陸運局は「地下鉄開通は既存の輸送体系を再編成するうえで、またとない好機だ。せっかくできる輸送の太いパイプに、各社がソッポを向いて有効に使われない事態が発生しないよう、今月中に発足する道陸上交通審議会にかけて、十分に検討してもらいます」と前向きな姿勢をみせている。

【国鉄】浦河駅前乗れ入れを廃止 (1971年2月6日)


国鉄バス様似営業所は、27日ごろから浦河駅前を通る定期バスを昨秋完成した新国道に切り替えると浦河町に通告、町は「駅前をバスが通らないのは不便だし、さびれている駅前にさらに拍車をかける」と同営業所に路線変更中止をかけあったが、話は平行線のまま。町民の間でも住民の意思をまったく無視した一方的なもの、と批判の声が出ている。
 この話が出たのは昨年11月、同営業所から町に「市街地のワンマン化と運転保安のため、新国道を通る路線を陸運事務所に申請する」と話があり、町は路線変更しないよう要望書を提出したが、今月2日になって突然電話で「路線変更の申請は1日に公示され、20日には認可が下りるので路線を変更する」と町に通告してきた。驚いた町は3日、田中助役が同営業所を訪れ変更中止を申し入れたが聞き入れられず、4日に善処を願う陳情書を浜口町長名で提出した。
 駅前を通るバス78便のうち、列車に接続するのは上り下り合わせて32便。路線変更で駅裏の新国道経由になった場合、大通り側の停留所は駅から200㍍以上、堺町側は500㍍以上離れているため、列車の利用者はグンと不便になる。
 同営業所によると「陸運事務所から運転保安上変更した方がよいと指導を受けた。路線変更によって踏切2ヶ所を通らずにすみ、時間も1分半ほど短縮される。ただし夜10時の1便だけは運行する。新しい停留所は駅から210㍍しかなく、歩く時間もそれほどかからないので協力してほしい」といっており、実施は27日から3月1日までの間になるという。
 これに対し、住民からは「単にバス停まで200㍍歩けばすむという問題ではない。浦河は官公庁のマチだけに来客も多く、いまでも駅前は山で民家が少なくさびれた感じ。このうえバスが通らなくなったら、ますますさびれる。駅にバス停のない人口2万人以上の町は道内のどこにもない」と批判の声が出ている。
 田中助役は「国鉄バスとケンカする気はないがあまりにもひどすぎる。どうしても変更するというならせめて列車と接続する32便だけでも駅前を通ってもらいたい。もし、これも受け入れられないなら、聴聞会にかけてでも駅前の路線をなくしたくない」といっている。

プレ五輪に臨時バス (1971年2月7日)


7〜14日まで行われるプレ五輪の会期中、中央バスは五番館前〜札幌ターミナル〜恵庭会場間に臨時直行バスを運行する。会期中はマイカーによる会場への乗り入れは全面的に禁止になる。

【国鉄】浦河駅前乗り入れ問題が解決 (1971年3月10日)


国鉄バスの浦河駅前乗り入れ廃止について、浦河町は「国鉄バス路線変更反対」の陳情書を国鉄北海道地方自動車部へ出していたが、町と国鉄バス様似営業所が話し合った結果、同バス側は今月はじめに回答した上り6便、下り5便に、さらに町が要望した上り1便増を認め、合計12便を同駅前に乗り入れることになった。
 これは当初、町との折衝で同自動車部が回答した“駅前乗り入れは上り1便のみ”からみると大幅な譲歩となり、これによって同バスは、様似〜浦河第一中線など上り7便、下り5便を浦河駅前に乗り入れるほかは新国道を走ることになる。
 近く新ダイヤの編成に取りかかるが、新路線での運行は路線運行申請手続き、新国道運行に伴う新停留所標識の製作などの作業があるため5月の夏ダイヤからになる見通し。

夏ダイヤ改正による変更 (1971年5月1日)


1日から夏ダイヤに改正する。

【恵庭市】盤尻に市営バス運行 (1971年6月15日)


中央バスが赤字を理由に3月いっぱいで盤尻線(恵庭駅〜盤尻間 3往復)を運休したことから、陸の孤島と化した恵庭市盤尻地区。市は住民の足を確保しようと、このほど市営バス方式による運行を決めた。
 同地区は市街地から西へ約10㌔、道道恵庭−鉱山光竜線沿いにあり、10年前には約70戸あった農村地域も盤尻小が1964年廃校し、いまではわずか34戸というさびれよう。児童、生徒の通学はスクールバスの投入で一応確保されたものの、足を失った住民の悩みは深まるばかり。
 中央バスは「廃止ではなく中止」と説明しているが、再開のメドは絶望的。盤尻を孤島にするな―という市民の声で、市が対策を検討した結果が市営バス方式。具体的にはスクールバスを使って、市内大町郵便局から盤尻までの9㌔を児童、生徒の通学に支障をきたさない時間帯に運行するというもの。運賃は50円。
 12日閉会した第2回定例市議会で市バス条例が新設され、市はこの路線をいま札幌陸運事務所に申請中。認可されしだい運行させたい―といっており、これで同地区住民の足の確保に一応メドがついた。

【道南】有珠海水浴場行きバスを運行 (1971年7月26日)


道南バスは7/26〜8/8まで室蘭駅前〜有珠海水浴場間に臨時バスを運行する。1日2往復、料金は片道260円(小人半額)で郊外線の停留所に停車する。運行時間は次の通り。

【国鉄】浦河港まつり臨時バス (1971年8月16日)


浦河港まつりのフィナーレを飾る花火大会が行われる16日、国鉄バスは開始前と終了後にそれぞれ臨時バスを運行する。ダイヤは開始前が浦河第一中前〜東町間を18:00〜19:20まで10分置きに往復運行。終了後は浦河第一中前〜荻伏市街地〜荻伏築港〜上野深間、東町〜老人ホーム「ちのみ荘」間、幌別、様似方面が20:42(日高支庁前発の普通便に続行)、西舎方面が21:30(同)。

【札幌市】大麻バスターミナル来月オープン (1971年8月17日)


札幌市交通局が江別市大麻東町に建設を急いでいた「大麻バスターミナル」が近く完成のはこびとなり、9月15日オープンを目ざしている。
 人口約1万8千人が暮らす大麻団地には昨年春から札幌市営バスが東米里経由で1日14便を乗り入れているが、その大半が札幌への通勤・通学客。同団地にはこれまでバスターミナルがなく、不便なうえ交通安全上も問題という声もあり、同局がターミナルを建設することになった。
 このため交通局はバスターミナル用地として大麻東町の石狩中央信金支店横の道有地1232平方㍍を買収、7月13日から第1期工事を始め、整地、待合所、サクなどが完成。さらに8月20日からはジャリを敷いたり、一部舗装するなどの第2期工事を行う。使用開始は9月15日からの予定。バスターミナルには花壇2ヶ所のほか、乗降者用の歩道なども設けられ利用者サービスが高められる。

【札幌市】障害者の市電・バス無料に (1971年9月1日)


札幌市は重度身体障害者らの市電、市バス乗車料金の無料化を1日からスタートする。対象となるのは身体障害程度1-4級の人、知能指数50未満の精薄者(児)、戦傷病者で恩給法第1号表2項の適用者。これらの人にはこれまでも半額の福祉割引があったが、今回の措置で全額公費助成されることになる。
 このほか身体障害程度5-6級の人、知能指数が50以上、75以下の人、戦傷病者で恩給法第1号表3項の適用者、全額助成される重度心身障害者の介護人には5割の助成が適用される。
 また、施設などに毎日通園する人には無料または割り引きの定期を発行、不定期に市電、市バスを利用する人には福祉事務所の認定で3ヶ月の無料券、割引券が前渡しされる。
 心身障害者などに対する助成は道内では函館市でも行っているが、重身者を無料にするのは札幌が初めて。

【札幌市】市電廃止3路線の代替バス (1971年10月1日)


札幌市交通局は9月いっぱいで、札幌駅前〜長生園前(2.8㌔)、薄野〜豊平8丁目(2.1㌔)、道庁前〜苗穂駅前(同)の市電3路線を廃止する見通しだが、これにかわる代替バスを1日から新設する。
 運行回数は合わせて528回。民営バスがひんぱんに走っている豊平8丁目〜国道36号線を除いて市電時代よりも2〜5割近くふえる。ただ、運賃は電車が全線1区で25円なのに対し、バスは1区間30円で、距離によって加算され高くなるケースも出てくる。
 同局はこの3線に続いて地下鉄が開通する12月中旬には鉄北線、四丁目線の一部(北24条〜西4丁目)も廃止し、地下鉄駅に結ぶ大掛かりな電車バス路線の再編成をすることにしている。1日から走らせる代替バスは次の通り。

バス優先レーンがお目見え (1971年10月15日)


札幌都心部のバス運行をスムーズにしようと、道警本部は15日から道内初の「バス優先レーン」を札幌市内でスタート。ドーナツ型に膨張する札幌の通勤・通学者のラッシュ対策としてバスの時間短縮をねらう。
 優先レーンは、札幌駅前と薄野を結ぶ市内目抜き通りの市道西2丁目線(北5条〜南4条間1.26㌔)と市道西3丁目線(南4条〜北5条間1.26㌔)の一方通行道路。いずれも4車線のうち左側3車線(一部2車線)を日曜、祝日を除く毎日午前7時半〜9時半と午後4時半〜6時半の朝夕2回、バスが優先的に利用できるようにする。この時間帯はバスを除くマイカーやタクシーなどの車両は停駐車禁止となる。

地下鉄開通に伴うバス再編案 (1971年11月1日)


中央バスは地下鉄開通に伴うバス路線再編を計画、1日付で札幌陸運局に認可申請を行った。
 地下鉄開通で減収が見込まれる同社は、市営バスがマイクロバスで運行している屯田、篠路両線の割譲を要求しているほか、中央バス篠路線を苗穂、元町経由に切り替えスピードアップをはかるなど、市営バスの“牙線”食い込みをネラっている。このほか市電撤去後の西5丁目線(北5条〜北24条間)への乗り入れを申請、地下鉄の“北線”もけん制する構え。
 一方、地下鉄開通で経営に甚大な影響を受ける定鉄バスは、美園線(札幌駅前〜月寒公園下)を市営バス北光線沿いに北37東8まで延長、また市営山手線の向静学園前、鉄工団地線、札苗線豊畑への乗り入れを申請しているが、これには市営側の反発も予想されるため、陸運局では3業者の話し合いでなんとか調整するよう要請している。

千歳バイパス開通による変更 (1971年12月5日)


本道に初めてお目見えする本格的な高速有料道路「千歳バイパス」(道央自動車道)の開通に伴い、中央バスと北都交通は5日から路線を一部変更して同バイパスに乗り入れる。
 道央自動車道(正式名称は北海道縦貫自動車道千歳−広島間)に乗り入れるのは、中央バスの札支線(札幌〜千歳〜支笏湖)、空港送迎バス・日航線(札幌〜千歳空港)、北都交通の全日空「空港送迎バス」の3路線。いずれも従来国道36号線を走っていた広島〜千歳間を同バイパスに切り替えるが、中央バスでは「空港まで逆に3㌔延びるため時間短縮は期待できない」と話しており、当面60㌔の速度制限がひかれ、しかもバスの通行使用料は400円かかるとあって、バス会社にとってメリットは薄いようだ。

地下鉄開業に伴うバス路線変更 (1971年12月16日)


札幌市の地下鉄南北(なんぽく)線(真駒内〜北24条間12㌔)開業に伴い、難航していた中央、市営、定鉄各バスの路線再編案がこのほど陸運局の仲介でまとまり、各社とも地下鉄開通の16日からダイヤ改正を行う。なお、中央バスが申請していた篠路線の苗穂地区乗り入れと、ひまわり団地線の太平地区乗り入れについては、地下鉄との関連が薄いため見送られた。

【道南】郊外線のワンマン化など (1971年12月19日)


道南バスは19日から郊外線4路線のワンマン化など、次のように変更する。

札幌オリンピック会場ゆきバス (1972年2月4日)


札幌オリンピック冬季大会開催に伴い、中央バスは4〜7日まで札幌ターミナルと北1条(市民会館前)から滑空の恵庭岳会場まで直行バスを運行する。所要時間は80分で料金は大人520円、小人半額。停留所からゲートまで徒歩5〜8分。
 一方、市バスは3〜13日までのオリンピック期間中、大通西5広場を臨時ターミナルとし発着場6か所を設け、ジャンプの大倉山競技場行きの臨時バスを運行するほか、地下鉄真駒内駅〜真駒内会場間に無料の連絡バスを運行、観客の足の便をはかる。
 また、市交通局が観客輸送にあてる計画だった国内初の連結バス(全長16㍍、定員150人、満員時250人)については、交差点を曲がるとき、終点でのUターンなどがいまの都市構造上難しい―と道路管理者など関係機関の間からクレームが出たため見送られた。

運賃アップによる変更 (1972年2月15日)


中央バスは冬季オリンピック後の15日から運賃を約27%(実質21.6%)値上げする。ここ数年は乗車人員が伸び悩んでいる反面、人件費の上昇が続いており、昨年8月に運輸省に値上げを申請していた。同社の値上げは1965年3月以来7年ぶり。ただし一昨年10月の札幌市営バス値上げの際に認可済みの札幌市内線(特殊区間制料金)は据え置かれる。

フェリーターミナルに路線バス (1972年4月17日)


苫小牧港開発は17日、下船した船客輸送について中央、道南、市営の3バスがフェリーターミナル発の路線バスを運行する計画があることを明らかにした。
 計画では中央バスは札幌、道南バスは同バスターミナル、市営バスは苫小牧駅行きで、運行はいずれもフェリー着岸時に限られる。このうち中央バスの路線はすでに認可されており、ほか2バスも近く認可の見込み。

夏ダイヤ改正による変更 (1972年5月1日)


1日から夏ダイヤに改正する。

厚田−濃昼間に定期バス (1972年6月10日)


中央バスは10日から厚田線(当別ターミナル〜石狩渡船場〜厚田)のうち2往復を濃昼(ごきびる)まで延長、浜益村から濃昼まで出ている同社滝川営業所の区間バスに接続させる。これは国道231号線(札幌〜留萌)の一部開通に伴い、地元の要望が強い厚田〜浜益間にバス路線を開設することになったもの。ダイヤは当別発が8:05、13:35、濃昼発が10:45、15:45。
 この結果、札幌から浜益へは石狩町(渡船口)か当別町経由で一応バスルートが開かれることになるが、運行回数が2往復と少ないうえ、濃昼で接続の待ち時間も長いため、同社は石狩河口橋の開通、道路整備状況などを検討しながら札幌〜浜益間の直通バスを札幌陸運局に申請する考え。

札幌−浜益線をスタート!! (1972年7月21日)


国道231号線の石狩河口橋が20日開通したため、中央バスは21日から札幌〜厚田〜浜益間に特急バスを1日1往復運転する。これまで滝川〜浜益間を4往復していた“滝浜線”のうち1往復を札幌〜浜益間(延長86㌔)の直通バスに振り替えるもので、道都・札幌と“陸の孤島”浜益村がこの夏から片道2時間半で結ばれる。
 この直通バスは昨秋の国道231号線(札幌〜留萌)の不通区間・送毛峠の開通以来、浜益村や同村議会などから中央バスに陳情が出されていたが、このたび石狩河口橋の開通を待って札幌陸運局に申請、13日付けで認可された。
 浜益村ではバス運行を記念し、札幌行きの始発便にあわせて打ち上げ花火を合図に紅白のテープにハサミが入れられ、バス乗務員に花束が贈られるなど盛大な開通式が開かれた。

(浜益村内で行われた札浜線開通式)

冬ダイヤ改正による変更 (1972年11月21日)


札幌営業部管内では21日から冬ダイヤに切り替わる。

バスエリア問題に調整案 (1972年12月15日)


札幌市内3路線の乗り入れをめぐって中央バスと市営バスが対立、一時は暗礁に乗り上げていた問題で、札幌陸運局はこのほど調整案を提示、両者ともこの案を受け入れ、来月下旬をメドに新体制でスタートする。
 問題になっていたのは市営バス東16丁目線の延長、同屯田線マイクロバスの大型化、市道月寒線−東北通りバス乗り入れの3点。これらは住民の要望で中央バスの“ナワ張り”へ延長せざるを得ない市営バスの双方が対立、「住民の足が大切か、企業間の利害を優先するのか」と谷間に置き去りにされた住民たちの怒りが表面化、市議会からも陸運局に早期解決の要請が出ていた。
 調整案では、市営バスの東16丁目線延長を認める代わりに市営屯田線は中央バスに譲渡、市道月寒線(南郷通り)−東北通りは中央バスが乗り入れるといった内容。市交通局は15日この案に従うことに決め、中央バスもこれに倣う意向を示しており、3年越しの懸案だった屯田線の大型化問題もこれでようやく解決する見通しがついた。
 札幌市内バス輸送は市営、中央、国鉄、定鉄の4バスが受け持っているが、1960年前後から各社が競って郊外線の獲得に乗り出して収拾がつかなかったため、当時の陸運局長の“断”によって1964年に4バスそれぞれの輸送エリア(権益地区)が定められ、以来各社とも区域での他社バス乗り入れを極力排除、独占体制を保持しているが、ここにきて一昔前に定めた“エリア分け”の不合理さが浮き彫りになった格好だ。

屯田・南郷線に新コース (1973年2月15日)


バス乗り入れをめぐって市営バスと対立、運行がノビノビになっていた中央バス2路線が15日からようやくスタートする。中央バスは南郷線を新たに市道月寒線に乗り入れ、住民から強い要望が出ていた市営屯田線の大型化については1964年12月から市電鉄北線の延長ということで、中央バスの“シマ”に食い込む形でマイクロバスを走らせていた市営バスが全面的に撤退、中央バスに一本化される。

千歳車庫建設に反対の声 (1973年2月28日)


中央バスは千歳市朝日町6丁目の千歳営業所車庫が手狭になり、このほど市道をはさんだ西側の社有地に高さ9㍍、面積668平方㍍の新車庫を建設する予定だったが、車庫北側の朝日町6丁目住民からエンジン音や日照権をめぐって反対の声が上がっている。これを受けて28日、石狩支庁は建設に反対する付近住民を集め、同社千歳営業所で聴聞会を開いた。
 同社は車庫が手狭なため現在は車庫前広場にバス8台を青空駐車しており、野外駐車で騒音もひどいため新たな車庫を建設してこれらのバスを収容するつもりでいた。ところが、付近の住民はこれまでも午前4時すぎから行われるバスのエンジンを暖める作業で騒音公害を浴びせられており、新車庫で日照を奪われる住民もいて、この日の聴聞会でも「公害を出す車庫はお断わり」といった声が強かった。
 同社は「日照問題も民有地境界から2㍍は離したい」としているが、認可されるには道建築審議会から公害防止などの条件がつけられる可能性もあり、今後の成り行きが注目されている。

運賃アップによる変更 (1973年3月1日)


中央バス札幌営業部は人件費などの高騰により1日から運賃値上げに踏み切る。この値上げは昨年2月26日に運輸省から認可されていたが、同省の指示で1年間据え置いていた。

夏ダイヤ改正による変更 (1973年5月1日)


1日から夏ダイヤに改正する。

「バス専用レーン」道内初登場 (1973年10月1日)


道内初となる「バス専用レーン」が1日から札幌市内3区間にお目見えする。専用レーンに指定されるのは、国道12号線の厚別橋(大谷地434)〜中央区北1西3間(8.94㌔)、71年10月からバス優先レーンになっている都心の市道西2丁目線(北5西2〜南4西2間1.26㌔)、同西3丁目線(南4西3〜北5西3間1.26㌔)の3区間。12号線は午前7時半〜9時まで都心部への上りコース1車線、「専用レーン」に格上げされた市道2路線は左側2車線(西2丁目線は一部3車線)を午前7時半〜9時半と午後4時半〜6時半の朝夕2回実施する。同レーンは定期バスのほか、事業・自家用と通学・通園バス(マイクロバス以上)の通行も認められる。
 道警は専用レーンの実施で交通渋滞の元凶“マイカー族”を締め出し、バス利用客の通勤時間短縮をネラっており、10月中は警察官を配置して指導にあたり、11月から違反車両を検挙する。

札幌市内線の運賃アップ (1973年10月20日)


札幌市営交通の値上げに伴い、20日から市バスと同じエリアを走る中央バスなどの市内バス運賃も“同一路線は同一料金に”との方針に基づき、市バスの料金アップに歩調を合わせる。
 対象となるのは中央バス37路線、国鉄バス28路線、夕鉄バス4路線、定鉄バス、道南バス各3路線、三菱バス、支笏湖観光バス各1路線の計79路線。市内路線の値上げは70年10月以来3年ぶり。

低床式バスを本格運行 (1973年11月16日)


中央バスは昨年11月テストケースとして全道で初めて低床式バス4台を購入、札幌月寒営業所に配置して札幌駅前〜月寒ターミナル間など数路線で運行しているが、乗客から「乗り降りがラクチン」と好評を得ているため今秋さらに7台増車、先ごろ本格運行に踏み切った。
 このバスは従来車に比べて床がグンと低い都市型バスで、乗車口の1段目ステップが路面から35.5㌢と普通車より7.5㌢も低いため、老人や子供でも乗り降りしやすい。価格は1台430万円と14〜5万円ほど割高になるが、当初心配された冬季間の積雪でも支障がなかったため、同社は新規購入した7台を月寒営業所に配置してこの秋から月寒、西岡両線で運行している。この動きに刺激され市交通局でも来年度から数台導入することを検討している。

冬ダイヤ改正による変更 (1973年12月1日)


札幌事業部は1日から冬ダイヤに改正。江別市内で停留所の統廃合を行う。

運賃アップによる変更 (1974年5月1日)


中央バスは1日から運賃を約22.6%値上げする。競合路線を持つ夕鉄、支笏湖観光、北都、ニセコ、道南、沿岸、道北バスなど14社の運賃も“同一距離、同一運賃”の原則から調整値上げされるが、札幌市内は一部地域を除いて昨年秋の札幌市営バスの運賃改定で値上げしたため据え置かれる。
 同社の値上げは昨年8月札幌陸運局に提出されていたが、本道バス業界の最大手企業であり影響も大きいことから経営の合理化を同局から要望され、値上げが延期されていた。中央バス労組は同盟系のため今春ストはしないが、利用者は運賃値上げのパンチをくらいそうだ。これにあわせて一部路線の変更も行う。

中央バスに新車がお目見え (1974年5月17日)


中央バスはこの春から新車117両(貸切46、路線71)を大量に購入した。これで同社の保有総台数は988両(貸切156、路線832)になる。
 型体別で分けると全員が座れるロマンス車が62両(うち46両は貸切)、乗り合い専用の三方車が55両。営業部別では小樽29両(ロマンス11、三方18)、札幌47両(ロマンス26、三方21)、空知41両(ロマンス25、三方16)となっており、ロマンス車はこれまで11あった座席シートの横列を1つ減らしてゆったりさせ、シート間隔が従来の74㌢から85㌢に広がった。またボデー左外側部には大型荷物を収容する荷物室(幅2.2㍍、高さ52㌢、奥行き65㌢)が新たに設けられている。三方車は昨年テストケースとして4両購入して好評を得たステップの低い「低床式バス」を7両導入し、札幌月寒営業所に配車したほか、さらにラッシュ対策として全車が定員87〜92人の大型ボデーになっており、昨年度延べ利用客1億6400万人の実績を大きく上回ろうと、夏本番の活躍を待ち構えている。

夏ダイヤ改正による変更 (1974年6月1日)


1日から夏ダイヤに改正する。

対雁工業団地の不便解消を… (1974年7月)


江別市の対雁工業団地と市中心部を結ぶバスの便が悪いため、団地の進出企業で組織する江別工業用団地内立地企業連絡協議会は近く、団地内へのバス乗り入れなどを中央バスに文書で申し入れる。
 同団地は現在35社が操業、従業員600人、さらに団地沿いの元江別の高台には163区画の関連従業員住宅地があり、30世帯が暮らしている。団地を囲む市道対雁新道と国道275号線には中央バスの札幌〜江別線、札幌〜当別線、札幌から滝川・旭川などへ向かう特急バスも走っているが、団地最寄りとなる「霊苑入口」「工業団地」「対雁中央」「対雁北」「新石狩大橋」の5停留所に停車するのは1時間1本の札江線(1日11往復)だけ。残りの急行や特急バスは素通りする。札当線も新石狩大橋にしか停車しないため、団地の主婦たちは住宅地からもっとも近い「工業団地」バス停まで1㌔ほど歩いて、1時間に1本のバスで中心街まで買い物に出ている。
 この不便を解消しようと、団地の関係者らはバス路線を対雁新道から団地内にひっぱり、道道5丁目通りから江別市街地に抜ける循環路線にしてほしいと訴えている。

ジャンボリー会場へ臨時バス (1974年8月1日)


8/1〜8/6まで千歳市の陸上自衛隊東千歳駐屯地内で開かれる「第6回日本ジャンボリー」の期間、中央バスは千歳駅から会場行きの臨時循環バス(千歳駅前〜ジャンボリー会場間)を運行する。乗車券は片道100円。この大会にはボーイスカウトだけで2万6千人、見学者を含めると5、6万人の人々が全国から集う。

冬ダイヤ改正による変更 (1974年12月1日)


1日から冬ダイヤに改正する。

夏ダイヤ改正による変更 (1975年5月1日)


1日からダイヤ改正を行う。

北広島団地線をスタート!! (1975年10月10日)


中央バスは10日から道営北広島団地(札幌郡広島町)を循環する新路線「北広島団地線」(北広島駅〜高台町2丁目)をスタートさせる。運行コースは同社の当初案通り、中央通りと緑陽通り経由の2系統折り返しとなり、町から要望のあった団地縦断、外周循環コースの運行は見送られた。
 ダイヤは国鉄千歳線列車に接続するように組まれ、運賃は区間あたり大人40〜50円、小人20〜30円。定期券と回数券は北広島駅前バス待合所で9〜12日は毎日、13日以降は毎週火・金・日曜の13〜19時まで販売。運行は中央バス南郷営業所が担当する。
 一方、路線から外された第1住区の特に集合アパートが立て込む輝美町住民からは不満の声が出ており、同自治会代表らは8日、役場を訪れ「団地で一番早く入居してこれまで我慢してきた。人口は2,400人と団地全体の3分の1近くもいるのだから来春までには対策を考えてほしい」と穴田町長にバス運行を訴えた。これに対し町長は「来年4月までには運行のメドをつけるよう全力投球する」と答えた。10日からのバス停留所とダイヤは次の通り。

(北広島駅前を出発する団地線)

 北広島団地線時刻表 ※印は日曜、祝日運休
北広島駅前(発) 時刻 高台町2丁目(発)
中央通り経由 緑陽通り経由 緑陽通り経由 中央通り経由
高台町2丁目(行) 北広島駅前(行)
    6 40 42
    7 12 ※24 38 ※47 14 ※26 40 ※49
30 55 8 45 20
40   9 52 30
  13 10   50
5 40 11 20  
25   12 40 15
  0 32 13 12  
10 40 14 25 0 55
10 48 15 25  
19 21 16 37 35
3 5 17 22 20
3 ※15 58 5 ※17 18 17 15
50 0 52 19 12 10
10分 10分 所要 10分 10分

【じょうてつ】冷水トンネルまで延長 (1975年10月12日)


じょうてつバスは12日から札幌市南区の豊平峡入口から冷水トンネル(豊平峡ダム)まで路線を延長する。バスは定山渓駅前から1日5往復の予定で料金は80円。これによって雄大な景観がウリの豊平峡の紅葉がグンと楽しみやすくなる。
 豊平峡ダムは72年10月に完成、これまでダム周辺の自然破壊や湖水汚染を警戒して、市はダムサイト手前約2.5㌔の地点でクルマの乗り入れをストップ、ダムまでは徒歩かサイクリングでしか行けなかったが、この道はやや登り坂で、子どもやお年寄りにはキツイため市はこの車両禁止措置を緩和、トンネル手前までならバスや一部マイカーなどにかぎって乗り入れできるようになった。

冬ダイヤ改正による変更 (1975年12月1日)


1日から冬ダイヤに改正する。

運賃アップによる変更 (1975年12月20日)


中央バス、札幌市交通局(市バス・市電・地下鉄)、じょうてつバスの3者は20日、路線運賃を一斉にアップする。市営とじょうてつは73年10月以来2年ぶり、中央バスは昨年4月に次いで2年連続の値上げとなるが、3者とも値上げ幅が大きいため来年3月31日までは値上げ幅を低く抑えた“暫定料金”が設けられる。また競合区間を持つ国鉄、夕鉄、三菱、支笏湖観光、北都交通、ニセコ、道南、苫小牧市営、千歳、早来運輸、道北、沿岸バス12社の運賃も調整値上げされる。
 中央バスでは「過密過疎の進行やマイカーの増加で運賃収入が伸び悩んでいるうえ、物価上昇による人件費、燃料費などのコストアップで赤字が必至の状況にあることから、やむを得ず値上げに踏み切った」と話している。中央バスの料金改定については次の通り。

待望の花畔団地線をスタート!! (1976年2月1日)


札幌市のベッドタウンとして人口が急増している石狩町の道住宅供給公社花畔団地に、1日から中央バスの定期バスが乗り入れる。同団地は住民の多くが札幌市へ通勤しているが、これまでバス路線がなく地域住民や町から再三要望が出ていた。
 新設されるのは[北13]花畔団地線。花畔団地から新札幌団地(3号線)を通って地下鉄北24条駅に連絡するコース。ダイヤは7:20〜19:35まで1日11往復、所要時間30分。運賃150円。

夏ダイヤ改正による変更 (1976年5月1日)


1日からダイヤ改正を行う。

地下鉄開通に伴う路線再編 (1976年6月10日)


市営地下鉄東西線(琴似〜白石間)の開通により、10日から一部路線が変更になる。

大麻ターミナル完成 (1976年10月1日)


道、江別市、地元自治連の三者協議により大麻駅前の道有空き地に建設していた中央バスターミナルが1日から供用開始となる。用地内には約30平方㍍の待合所が設けられるほか、幅10㍍の誘導路が横切っており、中央バス大麻線(札幌〜江別間15往復)専用として利用される。ほかの市内路線は大麻駅前のバス停に停車するが、当面の利用状況を見て将来のターミナル拡充も検討している。また同日から停留所の名称変更などもあわせて実施される。
資料協力/各駅停車さん

冬ダイヤ改正による変更 (1976年12月1日)


1日から冬ダイヤに改正する。
資料協力/各駅停車さん

北広島団地線を延長 (1977年3月15日)


中央バスは15日から北広島団地線(広島市街・北広島駅前〜中央通〜高台町2丁目)のうち8往復半を第4住区の「山手町4丁目」まで延長する。残り中央通り経由25本と緑陽通り経由42本全便は、これまで通り「高台町2丁目」が終点となるが、5月の夏ダイヤからは全便「山手町4丁目」発着に変わる。

日航線に「白石経由」新設 (1977年7月1日)


中央バスは1日から日航線(千歳空港行連絡バス)に「白石経由」を新設するなど乗客サービスアップを図る。

丘珠線の終点延長ほか (1977年10月1日)


1日から丘珠線の終点を延長するほか、昨年12月“条丁目”に変更された石狩町花川を中心に停留所の名称が大幅に変わる。
資料協力/各駅停車さん

冬ダイヤ改正による変更 (1977年12月1日)


1日からダイヤ改正を実施。人口増加の続く札幌のベッドタウン「定鉄真栄団地」に乗り入れるなど住宅団地系統を増強する。
資料協力/各駅停車さん

地下鉄南北線延長に伴う変更 (1978年3月16日)


地下鉄南北線の北24条〜麻生(あざぶ)間延長にあわせ、中央バスは16日から路線を再編成する。これまで札幌都心や北24条駅から出ていた屯田、新琴似、丘珠線など5路線を麻生駅に短絡させるが、同日オープンする市営麻生バスターミナルには乗り入れず、西5丁目の路上から発車する。

麻生バスターミナルOPEN!! (1978年3月16日)


札幌市交通局が昨年6月から建設していた麻生バスターミナルが地下鉄麻生駅開業の16日オープンする。
 ターミナルは同駅真上にあるダイエー麻生店の南側に隣接した鉄骨平屋建て約950平方㍍の建物。待合室、案内所、トイレ、乗務員室のほか、建物南側には長さ110㍍のプラットホームが設けられバス発着所は5ヶ所、ホーム上には地下鉄南北線の地上高架部分で使われていた長さ44㍍、高さ7㍍、下幅9㍍のカマボコ型をしたアルミ製のシェルター(ドーム)が被せられ、利用客は雨や雪にさらされずにバス待ちができる。地下鉄駅とは階段を含めた約100㍍の地下コンコースで結ばれ、同日から市営バス5路線約350便がターミナルに乗り入れるが、麻生駅に短絡する中央バス5路線350便はターミナルには乗り入れず西5丁目の路上から発車する。
 ターミナルは当初ダイエーの建物を使うことも検討されたが、ダイエー進出反対運動がらみで断念し、市交通局所有の広さ5,000平方㍍の一部を利用して独自に建設した。

札幌市内で老人無料パス導入 (1978年4月1日)


一昨年から札幌市交通局が導入していた敬老優待乗車証(老人無料パス)が1日から中央、じょうてつ、国鉄各バスでも使えるようになる。このパスは70歳以上のお年寄りが市内のバス、地下鉄、市電、ロープウエーに無料で乗車できるもので、薄桃色の表面に「敬老優待乗車証」と赤い文字で書かれている。これまで市営交通のみ利用できたが、市バスのエリア外の住民から「不公平」と不満の声が出ていたため、交通局は昨年秋、市内を運行する3バスにも参加を呼びかけ共通利用が実現した。利用できるのは札幌市内の路線だけで、市外で下車する場合は市内の最終停留所から下車区間までの運賃が必要になる。

運賃アップによる変更 (1978年8月11日)


中央バスなど道内私バス23社は11日、一斉値上げを行う。人件費など諸経費の高騰、利用者の横ばい、利用減少によるバス会社の経営悪化などがおもな理由。中央バスの値上げ幅は9.7%(申請16.4%)となり、最低運賃(3.7㌔以内)は60円→70円にアップ。主に近郊線が対象となり、国鉄、札幌市営、じょうてつ、千歳相互観光バス、北都交通も競合区間は“調整値上げ”されるが、札幌市内線(現行90円)は市交通局と同調して行うため変更はナシ。ただし道南バスとの競合区間(千歳空港〜登別温泉)は同社が室蘭市内のバス連絡協議会で説明することになっているため、17日にズレ込むことになる。中央バスの値上げは75年12月25日以来、2年7か月ぶり。おもな新料金は次の通り。

札幌駅前ターミナルへ乗り入れ (1978年9月20日)


一昨年8月より札幌駅東側の旧国鉄バスターミナル跡に建設していた札幌駅前ターミナルビル(愛称エスタ)が今月1日オープン。中央バスは同ビル1階の新バスターミナルに20日から乗り入れる。
 新ターミナルは札幌駅前の再開発の一環。地上10階、地下3階、延べ面積88,594平方㍍という130万都市・札幌の表玄関にふさわしい大型ビルとなり、総工費はざっと185億円。キーテナントに札幌そごうデパート、地下1階と10階はエスタ名店会(61店舗)、2階は283台収容の駐車場のほかペデストリアンデッキ(遊歩道)が設けられ、市民の憩いの広場として活用する。
 バスターミナルは1階の4,400平方㍍を使用。3つのレーンと19バースの乗り場を備え、中央、国鉄、札幌市営、じょうてつ、道南各バスと北都交通の6社が乗り入れる。ビル管理は札幌ターミナルビル社が請け負い、ターミナル使用料は1発着当たり120円。
 当初はオープンの1日から各社同時発車する予定だったが、バース配分をめぐり6社の調整が難航、7月3日から北側レーンを仮使用している国鉄以外は開店休業状態が続いていた。このほど陸運局の調整もあって合意に達し、中央バスは南郷線4系統(東70〜73)、日本航空線(札幌〜千歳空港)、定期観光(積丹岬、積丹半島一周、支笏ロマン、小樽マリン4コース)の3路線が南側レーンの4バースに乗り入れるほか、国鉄7、市営5、じょうてつ、道南、北都各1バースと配分される。
 しかしこのターミナル、これまで駅前に分散していた各バス乗り場を集約し、付近の交通の流れをスムーズにしようと計画されたものだが、駅前の北4条通から移る中央バスは南郷線1路線のみ。残りの月寒本線など11路線はこれまでと同じ東急デパート前と富士銀行前からの発車となり、「これでは4条通の混雑が解消されない」と首をかしげる市民も多い。これに対し、同社札幌事業部では「南郷線4系統だけで1日300本近くあり、まとめてはとても移せない。同じ方面の路線をバラバラにすればかえって利用客が不便する」と説明しているが―。

苫小牧市営バスターミナルOPEN!! (1978年11月26日)


苫小牧駅東側に7月から建設していた苫小牧市営バスターミナルが完成、26日から営業開始した。
 ターミナル建設は駅前再開発の一環で総工費は約1億9千万円、延べ面積は5千平方㍍。赤、黄、緑に着色された3つのホームに15バースの乗り場があり、テレビシステムによる集中管理方式で各ホームの発着状況を確認してバスの流れをスムーズにできる。また目の不自由な人のためのチャイム式信号機、点字ブロックも各所に設けられている。
 ターミナルには市バス約450便が乗り入れ、1日約9千人の利用が見込まれているが、中央、道南、早来バスなど苫小牧駅を発着する民営バスはターミナルには乗り入れず、これまで通り路上から発車する。
 この日、午前10時半から市長ら関係者が集まって落成式行われ、テープカットやくす玉割りで無事故運行と利用客アップを祈願した。

冬ダイヤ改正による変更 (1978年12月1日)


1日からダイヤ改正を実施。花畔団地線のコースを一部変更するほか、篠路駅前団地線の一部を地下鉄麻生駅に短絡させるなど大幅な路線再編成となっている。

定期券発行機を導入 (1979年4月25日)


中央バスは25日から「定期券発行機システム」の新型機器を同社札幌ターミナルと月寒営業所で使用開始する。
 この機械はコンピューターと連動し、客が書き込んだ必要事項を操作盤に打ち込むだけで料金計算から定期券の発行までわずか6秒で済ませてしまう最新鋭の装置。いままで混み合う時期は1時間以上待たされることもあったが、今後は定期券買いもスムーズになりそう。道内ではこれをもっと大型にしたシステムが札幌市交通局に導入されているが、道内バス会社では初めてという。

夏ダイヤ改正による変更 (1979年5月1日)


1日から夏ダイヤを実施する。

北広島団地線を公民館まで延長 (1979年7月20日)


中央バスは20日から北広島団地線(山手町4丁目〜緑陽通経由〜広島市街)のうち1日3往復を「広島市街」から「中央公民館前」(新設)まで延長。ただし公民館が休館となる月曜と祝日は「広島市街」までの運行となる。延長されるのは山手町4丁目発9:05、11:55、14:45、中央公民館前発9:42、12:22、15:42の各3本。

札幌市内線の運賃アップ (1979年10月20日)


札幌市営交通の値上げに伴い、20日から市バスと同じエリアを走る中央バスなどの市内バス運賃が1区90円→110円、2区110円→140円にアップする。バスの平均アップ率は25.1%。また今月1日から市内近郊の停留所が次の通り変更となる。
資料協力/各駅停車さん

千歳空港連絡バスの変更 (1979年11月1日)


道央自動車道の広島・大曲〜札幌南IC間が先月29日開通したのに伴い、中央バスと北都交通は千歳空港連絡バスを1日から大谷地の札幌南インターから道央道に乗り入れスピードアップをはかる。

江別市街の経路変更 (1979年11月7日)


江別市街地と東光町、上江別など駅裏東部地区を結ぶ市街地東光通り(総延長約1㌔)と東光橋が6日午前10時半に開通した。このため中央バスは7日から、これまで江別橋を経由していた江別市内線(あけぼの団地入口・東光町〜江別高校)と南幌線(江別〜南幌)の2路線を東光橋経由に改め「大川通」停留所を廃止する。
 なお、江別のマチのシンボルとして1世紀近く市民に親しまれた江別橋は来月5日から通行止めとなり、10日から解体作業がはじまる。
【旧】2条2丁目〜大川通(廃止)〜東光町入口〜あけぼの・南幌方面
【新】2条2丁目〜東光町入口〜あけぼの・南幌方面

冬ダイヤ改正による変更 (1979年12月1日)


1日からダイヤ改正を実施。
資料協力/各駅停車さん

ページ先頭へ↑

TOPページ

inserted by FC2 system