中央バス最新NEWS

空知管内

2017(平成29)年〜

岩見沢市内バス再編案を発表!! (2017年5月14日)NEW


岩見沢市は10月に実施予定の市内バス路線再編案をこのほど公表した。市、交通事業者、利用者の代表などで構成する「岩見沢市地域公共交通活性化協議会」(事務局・市企画室)が昨年から検討してきたもので、再編案では中央バスと新篠津交通が運行する市内、郊外20路線を15路線に減らすほか、ルートや本数の見直し、循環線の新設、遠回りルートの解消、系統番号の新設などをはかる。運賃については循環線は一律運賃となり、初乗り運賃は影響を最小限に抑える考え。
 これに先立って市は先月27日、路線見直し案を市議会総務委員会に提示。市民懇談会を市内10ヶ所で開いて市民の意見を聞いたあと、6月にも認可申請するプラン。

夏ダイヤ改正による変更 (2017年4月1日)


中央バスは1日からダイヤ改正を行う。

焼山線を5ヶ月ぶり再開 (2017年2月1日)


台風に伴う道道文珠砂川線の土砂崩れで、昨年8月から運休していた中央バス焼山線(砂川市立病院〜焼山経由〜上歌新栄町)が1日から一部運行を再開する。
 道道通行止め(砂川市字焼山522地先〜同45-1地先間)が1日から日中に限り一部解除されるためだが、通行できるのは午前9時〜午後5時までとなり、夜間は引き続き通行止めとなるため、当面の間バスは日中の4便だけ運行し、夜間と早朝の4便は運休する。終日運行は4月ごろになる見通し。再開される便は次の通り。
 ・砂川市立病院発 9:20 11:20 ☆14:40 16:30
 ・上歌新栄町発 8:49 10:02 12:02 ☆15:22 (☆印は土日祝運休)

ページ先頭へ↑

TOPページ

inserted by FC2 system