中央バス最新NEWS

空知管内

2017(平成29)年〜

岩見沢市内線を大幅再編!! (2017年10月1日)NEW


中央バス岩見沢営業所は1日から岩見沢市内線を大幅に再編する。市やバス事業者、利用者などで構成する「岩見沢市地域公共交通活性化協議会」(事務局・市企画室)が昨年から検討してきたもので、4つの循環線を新設するほか、系統番号の付設、遠回りルートの解消などをはかる。運賃については市内循環線と大和線は190円均一、そのほかの路線も乗車区間に応じて運賃が変わる。
 市内線の再編は2006年4月以来11年半ぶり。この再編計画で市はこのほど国の認定を受け、新たに郊外線のほか市内線でも国の補助が受けられるようになった。これによる市の負担圧縮は1千万円以上になると見込まれている。

『高速江部乙』待合所が破損 (2017年8月20日)


道央自動車道で20日夕方に発生した一般車の事故で、滝川市江部乙町の「高速江部乙」下り停留所の待合所が破損、立ち入り禁止となったため、同停留所の乗降は当面休止となる。
 同停留所には中央バスの高速あさひかわ号、同るもい号(深川経由、直行便)、同なよろ号、流氷もんべつ号(旭川経由)の4路線が停車するが、いずれも旭川、留萌方面(下り)は同停留所で乗降できなくなる。札幌方面(上り)は通常通り停車する。復旧の見込みはいまのところ不明。(★8/25までに復旧した)

赤平納涼フェス開催に伴う変更 (2017年8月10日)


中央バス滝川営業所は、ふるさと赤平納涼フェスティバル(赤平市)の行われる8月10日午前8時〜8月21日正午までの間、赤平駅前広場内の「赤平駅前」バス停位置を変更する。
 期間中は駅前広場内にある2ヶ所のバス停のうち、滝川・赤平昭和行きは道々沿いの都市間バス札幌方面行バス停、歌志内・芦別方面行きは道々向い側の都市間バス富良野方面行バス停の位置に、それぞれ臨時停留所を設けて移動する。

赤字バス見直し案を承認 (2017年8月4日)


バス事業者、道運輸局、空知総合振興局など約50人が参加して4日、「第2回空知地域生活交通確保対策協議会」が同振興局で開かれ、国の補助を受ける赤字バス33路線について、収支改善策をまとめた路線見直し案を承認した。
 このうち中央バス関連では、JR滝川駅前広場の整備に合わせ来年4月から滝川市内7路線の駅前乗り入れを検討するほか、月形線は経路が重なる北村線をことし10月に統合して効率化、焼山線は運行本数を見直して歌志内線との統合を検討する。

焼山線を全便再開 (2017年8月1日)


道道文珠砂川線(道道627号線)の通行止め時間規制が1日午前7時半から解除されるため、これまで一部便を運休していた中央バス焼山線(砂川市立病院〜焼山経由〜上歌新栄町)が1日から全便再開する。ただし1日のみ砂川始発便(午前6:35発)は運休、第2便(同8:07発)から運行開始する。
 通行止め規制は、昨年8月に発生した台風に伴う大雨の影響によるもの。焼山線はこれまで通行可能な日中便だけ運行し、夜間と早朝は運休していた。

栗山夏まつりに伴う迂回運行 (2017年7月22日)


栗山夏まつり交通規制により、中央バス長岩、三川、岩夕各線は22〜23日の終日、栗山町中心街を全便迂回運行するため「中央2丁目」には停車しなくなる。このためバス利用者は「栗山駅」か「栗山役場入口」を利用することになる。

「4条橋」停留所を移設 (2017年6月1日)


中央バス岩見沢営業所は、1日から岩見沢市内4条通りにある栄町、幾春別、美唄方面行きの「4条橋」停留所を労災病院方向に約10㍍移動する。

岩見沢市内バス再編案を発表!! (2017年5月14日)


岩見沢市は、10月から実施予定の市内バス路線再編案をこのほど公表した。市、交通事業者、利用者の代表などで構成する「岩見沢市地域公共交通活性化協議会」(事務局・市企画室)が昨年から検討してきたもので、再編案では中央バスと新篠津交通が運行する市内、郊外20路線を15路線に減らすほか、ルートや本数の見直し、循環線の新設、遠回りルートの解消、系統番号の新設などをはかる。また循環線は均一運賃となり、初乗り運賃は影響を最小限に抑えるプラン。
 これに先立って市は先月27日、路線見直し案を市議会総務委員会に提示、市民懇談会を市内10ヶ所で開いて市民から意見を聞いたあと6月にも認可申請する予定。

夏ダイヤ改正による変更 (2017年4月1日)


中央バスは1日からダイヤ改正を行う。

焼山線を5ヶ月ぶりに再開 (2017年2月1日)


台風による大雨の影響のため、昨年8月から道道文珠砂川線(道道627号線)の土砂崩れで運休していた中央バス焼山線(砂川市立病院〜焼山経由〜上歌新栄町)が1日から運行を一部再開する。
 道道通行止め(砂川市字焼山522地先〜同45-1地先間)が1日から日中に限り一部解除されるためだが、通行できるのは午前9時〜午後5時までとなり、夜間は引き続き通行止めとなるため当面の間、バスは日中の4便だけ運行し、夜間と早朝の4便は運休する。終日運行は4月ごろになる見通し。再開される便は次の通り。
 ・砂川市立病院発 9:20 11:20 ☆14:40 16:30
 ・上歌新栄町発 8:49 10:02 12:02 ☆15:22 (☆印は土日祝運休)

ページ先頭へ↑

TOPページ

inserted by FC2 system