中央バス最新NEWS

小樽管内 50・60年代

1950(昭和25)年〜1969(昭和44)年

【国鉄】札樽準急バスを運行 (1950年4月10日)


国鉄道自動車事務所は10日から札幌〜小樽間に所要時間1時間20分の準急バス4往復と普通便3往復を運行する。5月からは札樽ノンストップ急行バスを実施する予定。

【国鉄】札樽急行バスを運行 (1950年6月1日)


国鉄道自動車事務所は1日から札樽間急行バス7往復と、現行の準急バスを各停留所停車にした快速普通便3往復半を運転する。所要時間は急行便1時間10分、快速普通便は1時間20分となり、従来の札樽普通便1時間40分より20〜30分スピード・アップしている。料金は急行、普通便とも片道90円。
 同事務所では5月28日午前10時から札幌市内で宣伝試乗会を行い、赤、黄、白のモールとバラの花に飾られた5台の新型デイゼル車で市内を行進。国鉄バンド一行が軽快なメロディーを奏でつつ、各所で女子従業員のコーラスで人を集め、午後から小樽市内に繰り込むなど国鉄としては異例の宣伝活動を行った。

中央バス 札樽間急行バスをスタート!! (1951年4月20日)


中央バスは20日から札樽間に急行バスを1日6往復新設する。現行の国鉄急行バスと合わせると23往復となり、札樽間の混雑がグンと緩和される。料金は両者協定のうえ片道90円に決まったが、中央バスでは40人乗りの最新ロマンスカーを配置、案内ガールを乗せて車窓の風景を満喫させるプランもあり、国鉄バスとのサービス合戦の火蓋を切る。
 バスはシックな濃緑色の座席、陽よけのカーテン、ラジオ、自動開閉式ドアなどを備えた時価250万円の高級バス。同車を毎日2台ずつ運行し、両市を約1時間10分(普通便は1時間20分)で結ぶ。国鉄は3ヶ月振りに15日から運行再開する。発車時刻は次の通り。

札樽線に使われる高級車

冬季運休線の復活など (1951年4月〜5月)


積雪のため運休していた次の路線を再開する。

小樽競馬臨時バス運行 (1951年5月12日)


道営競馬のトップを飾る小樽競馬が12、13、14、18、19、20日の6日間、銭函競馬場で開催されるのにあわせ、中央バスは小樽駅前と札幌・大通西4丁目東京銀行前からそれぞれ競馬場行きバスを増発、観衆の便をはかる。発車時刻は次の通り。帰りは競馬終了しだい随時発車する。

冬季運休線の復活 (1952年4月〜5月)


積雪のため運休していた次の路線を再開する。

札樽線を減便 (1953年1月6日)


積雪のため、中央バスは6日から札樽間の運行回数を6→3往復に半減する。発車時刻は小樽発9:20、10:00、15:30、札幌発10:00、13:00、14:20。

冬季運休線の復活 (1954年4月)


積雪のため運休していた次の路線を再開する。

冬ダイヤ改正による変更 (1954年12月)


降雪により次の路線を運休する。

小樽・定山渓線をスタート!! (1955年6月21日)


小樽〜定山渓線を21日から開始。平日1往復、土日祝は2往復する。運賃は片道大人170円、子供半額。所要時間は2時間〜2時間半。

【国鉄】春香山スキーバス運行 (1956年1月15日)


国鉄バスは1/15〜2月いっぱい毎週日曜のみ、札幌〜春香山間にスキー・バスを運転する。運賃は片道65円。

小樽市内のバス時刻変更 (1956年1月16日)


16日から小樽市内線の時刻を変更する。

札樽間バスを50往復に (1956年4月30日)


札樽両市の理事者ならびに商工会議所関係者は30日、札商ビルに参集して今後のディーゼル・カー運行とバス増発の実現について協議した。札樽間の交通力強化は多年の懸案だが、現実にはディーゼル・カーの早期実現は困難であり、今回の会議ではディーゼル・カーに関する初志の実現についてさらに運動を継続するかたわら、比較的可能性のあるバス増発問題に乗り出した。
 口火を切った小樽商工会議所の構想によると、札樽間のバスは現在国鉄バス20往復(うち急行11往復)、中央バス6往復(急行のみ)で運行しているが、これを朝6時〜夜10時ごろまで50往復程度に倍加、通勤の便をはかるとともに現行片道120円を100円の線にまで下げ、1時間で走る札樽間ノン・ストップの特急バスを新設してスピード・アップをはかることも考えている。これが実現すると列車の札樽間70円で1時間と比較してもさして遜色ないわけで、今後の進展が注目される。

冬季運休線の復活など (1956年4月〜5月)


積雪のため運休していた次の路線を再開またはダイヤ改正する。

豊浜鉱山まで運行スタート!! (1956年5月22日)


余市営業所は余市町内豊浜町住民の便利をはかり、22日から余市駅前〜住友鉱山余市鉱業所間を運行開始する。余市駅前発7:00 16:00、豊浜町住友鉱山余市鉱業所発8:30 17:30。

札樽線を50往復に大増発!! (1956年7月5日)


中央、国鉄両バスは5日からダイヤ改正を行い、札樽線(札幌〜小樽間)をイッキに50往復に増発する。さきの商工会議所を中心とした札樽間のバス増発運動にこたえたもので、運輸省に出していた申請がこのほど認可された。
 現行運転回数との釣合いから国鉄は申請どおり20→38往復、中央は6→12往復(申請は20往復)にいずれも本数が倍増。日中はほぼ15分おきとなり、これで札樽間の交通はグンと便利になる。要望のあった料金値下げについては列車の運賃値上げと逆行するので見送られたが、国鉄バスは汽車と同じ1時間で札樽間をノン・ストップで結ぶ特急2往復を新設してスピード・アップをはかり、同線に回す新車5台をつらねて札樽両市内を宣伝パレードする力の入れようで、中央バスも負けてはおらじと宣伝隊を繰り出したり、新車をドンと買い込んだりして対抗している。新ダイヤは次の通り。

札樽線増発も利用サッパリ― (1956年7月18日)


中央、国鉄両バスは5日から札樽線(札幌〜小樽)を大幅に増発したが、お客はサッパリふえずガラ空きの状態―。両者とも「当分は大出血です」と渋い顔だ。
 当初、50往復に増発すれば一気に乗客5割増という景気の良い予想だっただけに、両バスともさっぱり増えぬ乗客に“走れば走るだけ赤字”とニガイ顔。汽車より時間がかかり、そのうえ運賃も高いのが乗客が増えぬ大きな原因だが、札樽間のように鉄道と並行し、しかも中間に大きな市街のない路線では、乗客増加には運賃値下げより手がない―という見方も強い。

天狗山登山バスをスタート!! (1956年9月2日)


最上町から入る天狗山観光道路(5.5㌔)の完成に伴い、2日から小樽駅前〜天狗山頂上間に登山バスを運行する。日曜のみ1往復、雨天運休、料金は50円。時刻は小樽駅前発9:30、天狗山頂上発15:00。※天狗山の急傾斜が長過ぎてエンジン故障が多いため1年で休止した

朝里川温泉ゆき運行スタート!! (1956年10月4日)


4日から小樽駅前〜朝里川温泉線を新設。1日6往復、片道35円。※11/23から終点を「クルミ橋」まで約600㍍延長

冬ダイヤ改正による変更 (1956年11月19日)


19日から次の路線を冬ダイヤに改正する。

夏ダイヤ改正による変更 (1957年5月1日)


1日から夏ダイヤに改正する。

【国鉄】札幌−銭函海水浴場間 臨時バス (1957年7月14日)


国鉄バスは海水浴シーズンの7/14〜8/11まで毎日曜日、札幌〜銭函海浜間の臨時バスを次の通り運行する。また札樽線(札幌〜小樽)は7/7〜8/11まで海水浴場入口に臨時停車する。

小沢−岩内間 深夜バス再開 (1957年8月1日)


7月16日で中止した小沢〜岩内間の深夜バスを運行再開。8/1〜8/31まで小沢発23:20⇒岩内着23:55。※深夜バス運行は郊外線ではココだけ

寿都−原歌間にお盆臨時バス (1957年8月15日)


15〜20日までお盆臨時バスを運行。寿都〜原歌間のバスを1往復増やし臨時運行、4往復となる。

札幌−美国間バスをスタート!! (1957年10月24日)


9月の湾岸道路(余市〜古平間)完成から積丹の観光客が急増しているため札幌〜美国間定期バス運行が本決まりとなり、明年から運行する予定。

冬季運休線の復活 (1958年4月9日)


中央バスは4月に入り、冬期間運休していた路線を再開する。雪解けの悪路がたたり余市町梅川付近がドロ沼となってバスやトラックがエンコ、乗客がバスを後押しするなど各地でバス運行が難航している。

オタモイを海岸公園に (1958年5月20日)


1952年5月龍宮閣の焼失以来、荒れ放題になっていたオタモイだが、中央バスは小樽市民の行楽地として着目、一昨年から5万坪に及ぶ同地を買収し再建計画を進めている。
 計画は4〜5年を要する膨大なもので、今年は手はじめに弁天閣に通じるつづら折りの山道(通称・七曲り坂)約1㌔を改修整備、大型バスも交差できるよう道路幅を6㍍に広げ、7月からは定期バスも運行させる計画。また弁天閣〜旧竜宮閣間の山道には危険防止の手すりや金網を張る。
 来年度からは弁天閣一帯を広場に整備し、こども向けの遊戯施設や鉱泉を利用した小型プールや海水を利用したプールをつくり、また弁天閣から海岸に至る付近には温泉付きの海岸ホテルを建設するプラン。焼失した竜宮閣もコンクリート造りの不燃建物として再建、オタモイ一帯を市民に開放し海岸公園としての施設を充実させる。このため同社は約2億円の出費を見込んでおり、道路や施設などは市民に無料開放する。
★オタモイ海岸の“七曲がり”より先は有料道路(単車50円、一般乗用車100円、観光バス300円)となり、坂が多いためカーブにはNO1〜NO8の番号がつけられたが、土地所有権の係争から1967年に手を引き、それ以来オタモイはすっかりさびれてしまった。

昆布−温泉間バス運行再開 (1958年5月20日)


ニセコ観光バスは20日から昆布線(昆布温泉〜昆布〜狩太)の運行を再開する。
昆布線時刻表
昆布
温泉
(発)
昆布
駅前
(着)
  昆布
駅前
(発)
狩太
駅前
(着)
  狩太
駅前
(発)
昆布
駅前
(着)
  昆布
駅前
(発)
昆布
温泉
(着)
6:10 6:35   6:45 7:15   10:00 10:40   11:15 11:40
11:50 12:15   12:30 13:10   14:20 15:00   15:05 15:25
15:50 16:15   16:20 17:00   17:50 18:30   18:35 18:55

小樽市内定期観光バス (1958年6月14日)


小樽市内定期観光バスを14日から今年初めて運行する。花園公園、銀鱗荘、ふ頭、博物館、手宮古代文字などを回り、料金は150円。

オタモイ線をスタート!! (1958年7月1日)


オタモイ観光道路が先月30日に完成したため、中央バスは1日から小樽駅前〜オタモイ間に定期バスを新設する。小樽駅から通称“七曲がり”の坂を下ってオタモイ海岸の弁天閣まで乗り入れる。バスは1日6往復で片道30円。観光シーズンの10月ごろまで運行する。また弁天閣は休憩所を兼ねた食堂として同時に再開する。また定山渓道路は通行不能な2ヶ所の木橋が完成しだい定期バスを再開する予定。

札幌・朝里川温泉線をスタート! (1958年7月5日)


5日の道博開幕日にあわせ、中央、国鉄両バスは札幌〜朝里温泉郷間直通バスを新設し、両者ともそれぞれ1日3往復する。運賃は120円。これまで中央バスが小樽駅〜温泉郷間を1日11往復しているが、温泉利用客は札幌からの来訪者が半数を占め、地元温泉旅館組合や商店会から要望が出ていたほか、今年4月に道博小樽会場事務局から国鉄自動車事務所に直通バス運行の陳情が出ていた。バスダイヤは次の通り。

道博祝津会場行きバス運行 (1958年7月17日)


道博祝津会場の開館時間延長に伴い、17日から祝津線(小樽〜祝津)は小樽駅前6:25始発から30分おきに運行、最終は祝津12:55発となる。

岩内−小沢間臨時バス (1958年7月20日)


岩内営業所は7/20〜8月末日までの道博期間中、岩内〜小沢間に臨時バスを運行する。小沢発22:40、岩内発22:45の1往復。札幌発19:24⇒小沢着20:34の上り列車に接続させる。

小樽市内のバス停問題 (1958年8月28日)


自動車増加による連日の交通禍をなくそうと小樽署は28日、中央バスおよび道路管理者の開発建設部、土木現業所、市建設部の代表者を招いて市内のバス停留所の問題点について話し合い、改善を要望した。
 とくに第二大通りの「小樽駅前」停留所は浜側に本線(朝里・東小樽・若松町行き)、最上線、山手循環線、少し離れて手宮行き本線の各停留所があり、多くのバスが発着するうえ市内でも指折りの交通量とあってバスがらみの事故も多く、市民からも改善を望む声が多い。
 これに対して中央バスは乗客の利便を考えて現状維持を主張しており、「駅前の停留所を中央通寄りに移すと、バス停から駅まで数十㍍多く歩かねばならず、また他線に乗換えする場合も乗車所まで遠くなる」と説明している。問題となっているのは以下の停留所。

余市−豊丘間バス開通 (1958年11月21日)


中央バスは21日から余市駅〜余市高校〜小峠橋(豊丘町)の新路線を運行する。運賃は30円、余市高校〜小峠橋間の停留所は中間に4つある。これを記念し、余市町内豊丘町では同日正午から高校付近の路上で開通式を行い、つづいて午後1時から豊丘小学校で祝賀会を開く。

運賃改定による変更 (1958年12月10日)


中央バスは10日から新運賃に切り替える。おもな新料金は次の通り。

昆布温泉行き 冬季も運行 (1958年12月27日)


昆布温泉行きバスは例年冬季間のみ馬ソリで運行していたが、ことしは蘭越町と温泉業者、バス会社が協力してブルドーザーで除雪することになり、バスも1月中は運行する。バスと馬ソリのダイヤは次のように変わる。

登町線新設へ意欲 (1959年1月6日)


昨年開通した中央バス豊丘町線(余市駅前〜小峠橋)が予想以上の乗降客数となったことから、余市町はこんどは豊丘町よりも人口の多い登町線のバス路線新設を中央バスに働きかけることにした。
 登町には小学校しかなく、中学生は4、5㌔の道を歩いて通学しているので、少なくとも余市駅前から登小学校付近までバスを通し、また将来は現在の赤井川線を新設する登町線経由と2本建てにするのが便利だとの意見をもっている。

雪のため運行休止 (1959年1月9日)


中央バス余市営業所各線は積雪のため、次の通り運行休止となった。

冬季運休線の復活 (1959年2〜3月)


中央バスは冬期間運休していた路線を再開する。ことしは例年より雪が少なかったことと、住民の希望で2月初めから開発局がブルドーザーで除雪作業を行ったため、例年より半月〜1ヶ月早い開通となる。

エア・サスペンション車を導入 (1959年4月28日)


中央バスはこのほどエア・サスペンション(空気バネ)の新車を導入した。28日小樽〜銭函間で試乗会が行われ、小樽市、警察、駅、運送業者、報道関係者に公開された。
 この車は民生ジーゼル6RFA101型エア・サスペンション車で、車体は従来のリアエンジンの大型車と変わらないが、スプリングが鉄からチョウチン型の空気バネになっているのが特徴。このため路面のデコボコによる振動は非常に少なくフワフワとした柔らかい乗心地で、車の後部でも振動で急に跳ね上がることはなくなる。
 この新車は札樽線に5台、札幌、岩見沢、滝川各営業所管内に各1台ずつ計8台が配車されるが、これにより札樽線はすべて新車となり所要時間も5分短縮され1時間5分となる。

最上町線の路線変更延期 (1959年4月28日)


中央バスは5月1日から最上町線の経路を、現在の緑町第1大通から第2大通(緑町1丁目〜商大通〜第2大通〜最上町のコース)に変更するプランだったが、第1大通に面する商店街から反対の声が上がっているため、5月実施は困難となった。
 この路線変更は、第2大通り周辺や緑町5丁目など上部住宅街、商大・緑陵高生徒の便をはかるため、ことしの同社の計画案に盛られていたものだが、変更すれば第2大通を通るため第1大通に面する緑町2、3、4丁目の商店街から“商店街がさびれる”と同社や札幌陸運局に反対の陳情が出された。
 そこで同社は当初のプランを修正、従来の車両は元どおりにして増車1台分だけ第2大通りを通すよう再申請したもので、認可されれば最上町線は第1大通と第2大通を走る2系統となる。第2大通線は最初1台だけだが、近いうちに緑町上部住人の便を図って増車する計画という。

夏ダイヤ改正による変更 (1959年4〜5月)


各路線とも夏ダイヤに改正する。

長橋線の都心延長計画 (1959年6月30日)


中央バスは昨年から長橋線(小樽駅前〜苗圃・長橋中学校)を小樽市内中央部の大国屋デパート付近へ延長するプランを練っているが、大国屋付近は道路が狭いうえ折り返しの駐車場を作ることが非常に難しく、またそれに伴う施設も必要になるため、同社では現在諸施策を具体的に計画している。
 このほか、同線は「長橋中学校行」「苗圃行」の2系統あるが、いずれの車両も行先は「長橋」となっており利用者にわかりにくいため、最近になって方向幕と乗車口横両面の行先表示のうち苗圃行の側板を完備、方向幕表示のない車両については順次書入れ作業を行っている。

原歌−栄浜間にバス開通 (1959年7月1日)


1日から原歌〜栄浜部落間(10㌔)にバス開通。住民の要望でブルドーザーによる道路改修を行い、朝夕2往復を開始する。栄浜小中学校で開通式を行う。

最上町線ルート変更問題 (1959年7月5日)


最上町線(小樽駅前〜最上町)の経路を5月から緑町第1大通りから第2大通りに変更する計画は、緑町の商店街の反対により延期されたが、これに対し第2大通り側の住民からは不満の声が上がっている。
 同線沿線の緑町中央町内会では「緑町上部は住宅がどんどん増えており、路線変更しても第1大通りはこれまでどおり山手循環線が通るのだから、緑町上部の利便を考えて会社が計画したものを実力で阻止するのはもってのほかだ。共存共栄をはかる意味からも第1大通り側の反省を促したい」と話しており、第1大通りか第2大通りかをめぐって緑町内部の対立にまで発展している。
 現在第1大通りは道路工事中のため、最上町線は8月まで暫定的に第2大通りを迂回、山手循環線は緑町1丁目〜正法寺間は第2大通り、正法寺間〜洗心橋間は第1大通りを通っているが、工事が終わる8月中ごろには最上町線は増車分1台を残して第1大通りに戻し、もう2〜3台の増車を申請する予定で、今後は当初の計画どおり第2大通りに重点をもっていく方針。

奥沢線の南樽延長プラン (1959年7月16日)


南小樽駅周辺は道内各地に広い商圏をもつ繊維、木材、雑貨、その他の問屋、事業所などが密集しているが、現在バスの空白地帯となっており、地元繊維業者などからバス運行の要望が高まっている。駅からもっとも近いバス停は本線の若松町終点、住吉神社前、山手循環線の入船町ガード下の3ヵ所だが、いずれも駅から1㌔以上離れているため、中央バスはこのほど奥沢線を南樽まで延長して終始発点とすることに決め、2ヵ月後には実施したい考え。

国鉄山の家までバス開通 (1959年9月5日)


ニセコ循環観光道路が昨年、国鉄山の家(海抜860㍍)まで開通したため、ニセコ観光バスは9/5〜10/31まで狩太駅〜山の家間に登山バスを新設してハイカーの便をはかる。片道130円、朝夕2往復する。
登山バス時刻表
狩太
駅前
昆布
温泉
湯本
温泉
山の家   山の家 湯本
温泉
昆布
温泉
狩太
駅前
7:25 8:00 8:25 8:50   9:10 9:35 10:10 10:40
14:20 14:50 15:15 15:40   15:40 16:05 16:30 17:00

朝里川温泉センター開館 (1959年10月1日)


小樽市は1日から市営朝里川温泉センター(市営ヘルスセンター)をオープンする。大浴場、大広間、マッサージ室、食堂、売店、医務室などを備えた娯楽施設で収容人員は400人、延べ面積は1,177平方㍍。温泉センターまでのバスは小樽から170円、札幌から340円。

冬ダイヤ改正による変更 (1959年11月21日)


21日から冬ダイヤに改正する。

夏ダイヤ改正による変更 (1960年5月15日)


15日から夏ダイヤを実施。蘭越〜島牧間直通便を運行する。

小樽市内線に番号制、終発延長 (1960年5月16日)


中央バスは16日から小樽市内線の運行時間を延長。同時にバスの前部に行先別の系統番号を表示し乗客の便をはかる。番号は車体前部の方向幕の隣やバンパーに取り付けられ、これまで同じ路線を行先の異なる同じ型のバスが続く場合、バスが接近するまで自分の乗るバスを確認できなかったが、番号制によりかなり前方から確認できるうえ、地方客にも簡単に番線案内ができるようになる。
 市内線の運行時間については、同日から9月30日まで朝晩とも30分延長。午後10時以降は女子の勤務が禁じられているため商大生のアルバイト18人を採用し、午後7時ごろから学生車掌が初めて配置される。各路線の運行時間は次の通り。

(バンパーに取りつけられる系統番号)

積丹定期観光バスをスタート!! (1960年6月1日)


6/1〜9/10まで積丹定期観光バスを運行する。料金700円。

寿都管内などダイヤ改正 (1960年7月1日)


中央、道南両バスは1日からダイヤ改正を行う

岩内神社祭典にバス増発 (1960年7月8日)


中央バスは岩内神社の祭典が行われる8、9の両日、各線とも朝から折返し運転を行うほか、岩内発の最終バス発車時間を次の通り変更する。なお宵宮祭当日の7日は人出の状況によって増発する。

登線をスタート!! (1960年7月9日)


中央バスは9日から登線(余市営業所〜登小前)を新設する。発車時刻は余市営業所発7:15 12:30 16:05、登発7:40 13:00 16:30の3往復。
【停車停留所】余市営業所〜余市駅前〜黒川9丁目〜日本清酒〜駒谷クラブ〜大登橋〜登小学校前

【新見温泉】岩内−温泉間無料バス運行 (1960年7月20日)


国民温泉に指定されている新見温泉(蘭越町)では20日から岩内〜新見温泉間無料バスを1日2往復している。岩内発8:30、17:00の2便で日帰り客、泊まり客からも喜ばれている。

岩内−小沢線の経路変更 (1960年8月2日)


道道岩内−小沢線の前田農協前から幌似に向かって延長1,140㍍で凍雪害防止工事が始まったため、中央バスは2日から2週間、岩内〜小沢線すべてを発足経由で運行する。このため岩内発車時間はいずれも5分早くなる。

祝津線の経路変更 (1960年9月8日)


中央バス祝津線(小樽駅前〜祝津)の赤岩湯〜高島小学校間が道路工事で一方通行になるため、9/8〜9/30まで同線の運行経路を復路のみ高島小学校〜高島〜手宮駅〜小樽駅と変更する。

小樽市内線 早朝便廃止 (1960年10月1日)


中央バス小樽地方営業部は5月16日から実施していた小樽市内線の運行時間延長のうち、早朝延長を取りやめ夜間延長のみ継続する。1日からの各線の始発時間は次の通り。このほか1日から古平、積丹線(小樽〜美国・入舸、余市〜豊浜鉱山・美国・入舸・余別)の運行時刻も改正する。

小樽駅前案内所オープン!! (1960年11月18日)


6月から拡張工事を行っていた中央バスの駅前案内所がこのほど完成した。案内所は小樽駅前広場に面した鉄筋コンクリート2階建て延べ500平方㍍。1階は待合室や案内所、2階は本社から小樽地方営業部が移転するほか、運転手、車掌の控え室に用いられる。
  
(小樽駅前に完成した案内所/左:近景、右:遠景)

【国鉄】冬ダイヤ改正による変更 (1960年11月21日)


国鉄バスは21日から冬ダイヤを実施。札樽線(札幌〜小樽)に特急便を増発する。
【増発便】札幌発1000 1200 1400 1500 1600 1700、小樽発900 1000 1100 1700

岩宇地方の配車事情 (1960年11月28日)


岩宇地方を走る中央バスは岩内線(岩内〜神恵内)が28往復、発足線(泊〜小沢)、島野線(岩内〜敷島内)がそれぞれ2往復半、倶知安線(岩内〜倶知安)が13往復半、これをふそうリアエンジン車のロマンスカー4台(今春1台、10月3台配車)、いすゞのボンネットタイプ中型車5台、ガソリン車3台の計12台で運行しているが、このうち赤と緑に塗ったガソリン車はかなりのオンボロ車で乗客からの評判がすこぶる悪い。
 そこで中央バス岩内営業所は来春同車を廃車し、雪どけ後に新車に切り替えるほか1〜2台増車する予定もあり、主要路線は1日1〜2回増発できる見込み。ただし泊〜神恵内間のように大型車では通れない区間もあるため、すべて大型車に切り替えられない事情もある。

若松線の終点事情 (1960年12月18日)


小樽市内の中央バス終点は最上町、赤岩、駅前、仲の町のように待合所のあるところと、立地などの関係でまだ設置されていない場所がある。若松線(手宮〜若松町)の若松町終点もまだ設けられておらず、バスは降車場所となる奥沢寄りの十字街から北海道急行トラック、札幌自動車車庫の一角を一回りして十字街北側の乗車場所まで回送するが、朝夕のラッシュ時などは同車庫付近でバスがふくそうしてもたつき、発車時間に遅れることがあり、寒空でバスを待つ乗客からは不満の声が出ている。

小樽市内線の年末年始運行 (1960年12月31日)


中央バスは初もうで客の便をはかって、小樽市内線は31日終夜運転、元日は午前2時まで運行する。

夏ダイヤ改正による変更 (1961年5月1日)


1日から夏ダイヤに改正する。
新見線時刻表
蘭越
駅前
新見
温泉
  新見
温泉
蘭越
駅前
8:00 8:30   9:15 9:45
11:00 11:40   12:50 13:20
13:50 14:20   16:00 16:30
17:10 17:40   18:00 18:30

余市町内に車庫建設 (1961年6月26日)


中央バスは余市町内線の沢町終点わきの空き地に鉄骨組みのドーム型車庫を建設している。バスの大型化に伴って従来の車庫が手狭になったのと、一級国道の拡幅工事で余市営業所と付属の車庫を改築しなければならなくなり、新たに工費約1000万円をかけて建設するもの。完成すれば大型バス16台が格納できる。(※沢町は富沢町の誤りか)

小樽市内定期観光バス (1961年7月1日)


中央バスは7/1〜8/31まで毎日、恒例の小樽市内定期観光バスを運行する。小樽駅前(13:00発)〜北海ホテル前〜花園公園(見晴台)〜港町〜ふ頭〜オタモイ〜祝津〜小樽駅前を一巡し、市内の主要観光地を巡る2時間40分のコース。運行初日の1日は、初夏のさわやかな風を車窓いっぱいに受けながら老夫婦、家族づれなど20人ほどがつぎつぎに景勝地をめでていた。料金は水族館入場料を含め、おとな180円、こども100円。

【寿鉄】寿都−国縫間に急行バス (1961年7月5日)


寿都鉄道は5日から寿都〜国縫間に急行バスを新設する。新たに購入したマイクロバスを利用し、長万部駅で函館や室蘭、札幌に向かう急行列車に連絡させる。これにより函館や札幌間までの所要時間は上り、下りとも1時間余り短縮される。新ダイヤは次の通り。
    【上り】                  【下り】
寿都 追分 黒松内 長万部 国縫局   国縫局 長万部 黒松内 追分 寿都
9:20 9:40 10:05 11:07 11:30   12:00 12:23 13:14 13:38 13:59
14:50 15:10 15:35 16:31 16:53   16:55 17:33 18:24   19:09

集中豪雨によるバス不通 (1961年7月24日)


24日夜から2日間にわたって道央、道南を襲った集中豪雨による河川の氾濫やガケ崩れで、中央バスの小樽市内線こそ全線運行しているが、水害のひどかった神恵内線、蘭越・島牧線、三和線、新見線などはいずれも不通になっており、いまのところ復旧見通しは立っていない。

水害によるバス再開 (1961年7月30日)


水害のため運休していた中央バスは次の通り運行を再開。またニセコ観光バスは30日から国鉄函館本線の鉄道復旧まで、倶知安〜目名間に臨時バスを運行する。
【倶知安〜目名間臨時バス】
目名 蘭越 昆布 狩太 倶知安   倶知安 狩太 昆布 蘭越 目名
6:50 7:20 7:40 8:20 9:05   7:40 8:20 9:05 9:25 9:55
10:10 10:40 11:00 11:40 12:45   12:45 13:27 14:05 14:25 14:55
15:10 15:40 16:00 16:40 17:40   18:20 19:00 19:40 20:00 20:30

小樽市内に女子寮建設 (1961年8月31日)


建設中だった中央バスの女子寮が小樽市仲ノ町32番地に近く完成する。鉄筋コンクリート3階建、総面積約730平方㍍、収容人員は100人。

余市・蘭越ダイヤ改正 (1961年10月1日)


国鉄列車のダイヤ改正に伴い、中央バス余市、蘭越両営業所は1日からバスダイヤを改正する。

ボリショイサーカス・バス運行 (1961年10月5日)


道新小樽支社・倶知安支局は中央バス、ニセコ観光バスの後援で、5日札幌中島スポーツセンターで開幕するソ連のボリショイ・サーカス北海道公演への団体観覧バスを次の通り運行する。申し込みは道新窓口、狩太ニセコ観光バスなどで受け付けるが、先着順定員になりしだい締め切る。

夏ダイヤ改正による変更 (1962年5月10日)


10日から夏ダイヤに改正する。

小樽市内で定期観光バス (1962年7月1日)


中央バスは7/1〜8/31まで毎日、恒例の小樽市内定期観光バスを運行する。小樽駅前を13時に出発し、コースは北海ホテル前〜大国屋前〜花園公園〜入船十字街〜ふ頭〜色内川下〜オタモイ〜赤岩〜祝津をめぐり、途中オタモイ遊園地と水族館で休憩、観覧する。所要時間は2時間40分。料金は大人180円、こども100円。

余市町内バス改善要望 (1962年7月11日)


余市町は11日、中央バスに停留所や待合室の増設などを次の通り要望した。

蘭島海水浴場バス運行 (1962年7月21日)


中央バスは7/21〜8/12まで蘭島海水浴場行き臨時バス(小樽駅前〜蘭島)を運行する。1日23往復。雨天または天候不順の場合は運休することもある。ダイヤは次の通り。

集中豪雨によるバス不通 (1962年8月4日)


2日から降り続いている豪雨(台風9号)のため後志管内の各地で小河川の氾濫や土砂崩れが発生、各地で国鉄や中央バスなど交通機関がストップしている。

旧本社跡に駐車場完成 (1962年9月)


小樽市稲穂町の中央バス旧本社跡に9月初め駐車場が完成し、これまで駅前に停車していた札樽、余市など市外線のバスはすべてこちらに回るようになる。1日延べ100台ほどが駐車場に入るため、これまでバスがわがもの顔にひしめいていた駅前広場の交通がすっかり緩和された。

(旧本社跡にお目見えした駐車場)

【道南】瑞穂線をスタート (1962年10月8日)


道南バスが倶知安町で計画していた町内瑞穂線が陸運局から認可されたので8日から運行を始める。八幡回り、六郷回り合わせて4往復。料金は倶知安駅前〜扶桑入口まで片道45円。同社は利用者さえあれば運行回数を増やしたい方針。
 瑞穂、緑、扶桑などの部落は交通機関がまったくないためこれまで不便をかこっており、ことし1月の町政懇談会で、部落民が高橋町長にバス運行の実現を強く要望したことから話が具体化、部落民も道路整備に労力奉仕して協力し、道南バスが運行することになったもの。

寿都バスターミナルOPEN!! (1962年11月10日)


中央バス寿都バスターミナル(寿都町)がこのほど寿都高校前の国道沿いに完成、10日ごろから営業を始める。現在は蘭越に営業所があるが、これまで寿都駅前にあった車庫、駐在所の建物が古くなったため住民の便をはかった。車庫は広さ85平方㍍でバス5台を駐車でき、駐在所は広さ78平方㍍。ともに外壁を白く塗ったモルタル作りの明るい建物。

(寿都駅前にあった旧バスのりば)

最上町線の天狗山延長計画 (1962年12月5日)


最上町線を天狗山スキー場まで延長してほしい―との要望があるが、停留所からリフトまでの急坂がネックになっているため千秋通り経由はムリ、最上町線終点からの延長は道路が狭く交差できない区間があるが、市が除雪すれば土日だけならなんとか運行できる見込み。

仁木線をスタート!! (1962年12月10日)


中央バス余市営業所は10日から仁木線(余市営業所〜大江役場前)を新設、7:20〜19:15まで1日21往復する。余市〜仁木間の国道舗装拡幅工事で利用者が急増したため、現行の余市営業所〜銀山〜赤井川線(2往復)、余市営業所〜大江鉱山前(3往復)だけでは収容が難しくなり、また大江村から陳情も出されていた。

比羅夫スキー場に乗り入れ (1962年12月25日)


ニセコ観光バスは25日から比羅夫スキー場バス(昆布温泉〜比羅夫駅前〜山田温泉)を運行開始する。
比羅夫スキー場バス時刻表
昆布
温泉
狩太
駅前
比羅夫
駅前
山田
温泉
  山田
温泉
比羅夫
駅前
狩太
駅前
昆布
温泉
9:20 9:50 10:30 10:55   11:55 12:20    
    13:10 13:35   14:15 14:40    
    15:00 15:25   15:25 15:50 16:30 17:00

小樽市内にワンマンカー登場 (1963年4月11日)


中央バスは11日から小樽市内線に車掌の乗らないワンマンカーを運行、新車20台を購入して市内線に走らせる。ワンマンカーには専用の入口と出口がついており、前部の入口から乗車してすぐ料金を入れ、定期券は運転手に見せる。乗降口のドアはこれまでと違い自動式で、降車の際は車内ブザーを押して運転手に知らせる。
 運行する路線は梅源線を除く本線、長橋線、最上町線、奥沢線、天神線、山手循環線(小樽駅前〜仲の町、入舟町まで)、高島線、赤岩線の8路線。市民が慣れるまで当分は午後10時以降だけに走らせるが、いずれはラッシュ時のスムーズな運行方法を検討して、これまでのツーマンカーにはさみ終日運行も考えている。
 ワンマンカーは道内では札幌市営バスが一昨年から導入しており、全国的にも大都市ではこの方式に切り替わっている。

(初導入となるワンマンカー)

夏ダイヤ改正による変更 (1963年5月10日)


10日から夏ダイヤに改正する。

桜町線、新光線をスタート!! (1963年5月15日)


15日から桜町線、新光線の2路線を新設する。

【寿鉄】札幌に観光貸切バス開店 (1963年5月20日)


寿都鉄道(寿都町)は赤字の鉄道事業に見切りをつけ2年前から多角経営に乗り出したが、この春、札幌市に事業区域を拡大して店開きした“観光貸切バス”も予想以上の好スタート。20日に札幌・日本生命ビル9階ホールで「寿鉄観光貸切バス開店祝賀パーティー」を開いて事業拡大を祝った。
 同社は大正7年8月に設立したが、ニシンを中心とする沿岸漁業の衰退で経営は次第に苦しくなり、昭和36年から「経営を無条件で任せてくれるなら」という条件で社長のイスについた井上武保社長が再建策として打ち出したのが多角経営。
 これまでの鉄道、定期バス、ハイヤーに加えて36年から採石工場、37年コンクリート工場、トラックによる貨物輸送、さらにことし春から観光貸切バスの認可を取って札幌市北19東1に営業所を構え4月27日から店開きしたが、3台のバス(うち1台予備車)も8月末まで申し込みがいっぱい。鉄道が40数人の従業員で月間180万円の売り上げがやっとなのに、観光バスはわずか8人の従業員でシーズン中150万円は軽いというからスゴい。多角経営もいよいよ軌道に乗ってきた。
 しかし肝心の鉄道事業は、昨年秋の三菱金属寿都鉱山の閉山でいっそう不振となり、今後毎年国からもらう鉄道整備補助を差し引いても年間500万円の赤字はまぬかれない状態。これをカバーするためにも他部門の積極的経営がますます必要となってきているが、なんといっても成長株は観光貸切バス。井上社長は「将来札幌に最小限バス10台を配置し、バス専用工場の設置、旅行斡旋会社も設立したい」と語っている。

小樽−岩内間急行バスをスタート!! (1963年5月25日)


昨年11月稲穂新トンネルが完成したため中央バスは25日、小樽〜岩内間に急行バスを新設する。岩内営業所に大型ロマンスカーを配置、1日4往復する。料金は小樽から岩内200円、前田190円、国富180円、余市〜岩内間は160円。小樽〜岩内間のバスは10年ほど前にも運行していたが、稲穂峠が危険なうえ所要時間がかかり過ぎるため休止していた。
急行岩内線時刻表
小樽 余市 大江
役場
国富 前田 岩内   岩内 前田 国富 大江
役場
余市 小樽
7:30 8:00 8:10 9:10 9:20 9:30   8:00 8:10 8:20 9:20 9:30 10:00
10:30 11:00 11:10 12:10 12:20 12:30   10:00 10:10 10:20 11:20 11:30 12:00
15:20 15:50 16:00 17:00 17:10 17:20   14:00 14:10 14:20 15:20 15:30 16:00
17:20 17:50 18:00 19:00 19:10 19:20   17:00 17:10 17:20 18:20 18:30 19:00

蘭島海水浴場バス運行 (1963年7月21日)


中央バスは海水浴客のため、21日から小樽〜蘭島折り返し便(1日23往復)を運行する。蘭島海水浴場へのバスは小樽から余市または美国行きを利用するしかなく、帰りはなかなかつかみにくいうえ、とくに塩谷海水浴場はバスしかないので、帰りは積み残しされることもしばしば。このため同社は、現在朝と晩だけ8往復走らせている小樽〜塩谷折り返し便についても、さらに増発を検討している。

【道南】上社部落に停留所新設 (1963年8月18日)


道南バスは18日から真狩〜狩太線に「上社」停留所を新設する。真狩市街地から約2㌔西に向かった社部落の中心にあり、料金は真狩から25円、狩太から60円。

冬ダイヤ改正による変更 (1963年11月1日)


1日から冬ダイヤに改正する。

手宮ターミナルOPEN!! (1963年12月26日)


中央バス手宮ターミナルが手宮町1丁目の鉄道寮跡に完成、26日午後から営業をはじめる。ターミナルは去る9月に着工し、総工費は約1,200万円。鉄筋コンクリート2階建て延べ330平方㍍、敷地は1,500平方㍍。1階は待合室、乗車券売り場、事務室などを備え、2階は運転手・車掌の控え室となり、屋外には乗降ホームも設けられる。なお乗車券、定期券の窓口は27日から営業開始となる。

(写真:中央バス手宮ターミナル)

寿都−岩内間急行バスをスタート!! (1964年1月6日)


中央バス蘭越営業所は昨年10月の雷電道路開通に伴い、6日から寿都〜岩内間に急行バスを新設する。1日3往復、所要時間は1時間25分、岩内で小樽方面のバスに接続させる。料金は岩内から寿都まで190円、歌棄まで150円、磯谷まで90円、雷電まで40円。これに伴って同日から蘭越・島牧線(蘭越〜原歌)の蘭越8時発便を9時に変更する。
 今回のダイヤは暫定的なもので、5月の夏ダイヤ改正時に関係地区住民の希望を聞いて改善する予定だが、黒松内町の住民からこのバスに接続するよう黒松内〜追分間の運行を望む陳情が同社に出ているが、同線には寿鉄バスが運行しているため、客の数からみて2社線の認可の可能性は薄いもよう。
寿都−岩内間急行バス時刻表
寿都
(発)
岩内
(着)
  岩内
(発)
寿都
(着)
6:50 8:15   9:20 10:45
12:00 13:25   11:40 13:05
16:20 17:45   18:40 20:05

色内ターミナル(仮称)建設計画 (1964年4月2日)


中央バスは2日、小樽駅前の混雑緩和のため、来夏までに道貿易館と北陸銀行小樽支店跡地(色内町8-3)にターミナルを建設する方針を明らかにした。もともと同社が所有していた貿易館と、土地を貸していた北陸銀行小樽支店の建物を買い取り、色内ターミナル(仮称)を新築する。貿易館は15日ごろまでに勧銀小樽支店跡に移転し、建物の取りこわしにかかる。
 ターミナルは市内3番目のバスターミナルとなり、敷き地2,145平方㍍、2階建ての予定。同社のターミナルは現在小樽駅前と手宮の2ヶ所あるが、駅前はスペースが狭くバスの入れ替えや発着がスムーズにいかず、とくに最近は増車により後志方面路線の路線も増えており、ターミナルの新設が強く望まれていた。完成すれば岩内、倶知安など後志方面の路線はすべてここに乗り入れ、駅前広場の混雑緩和が図られる。

ワンマンカーに両替制度 (1964年4月20日)


20日からワンマンカーで両替制度を実施する。これまでは運転手からつり銭をもらっていたが、今後はつり銭の必要な客は運転手が両替し、その中から料金箱に入れてもらう方式に変わる。

小樽−寿都急行バスをスタート!! (1964年5月1日)


1日から小樽〜寿都間に急行バスを新設。料金は片道390円、所要時間は3時間5分、稲穂峠付近の道路工事が終わればさらに10分短縮となり、将来は直接札幌に乗り入れる構想もある。開通式は中央バス寿都バスセンターで13時半から開かれる。※この路線開設で寿都鉄道が大打撃を受けた
寿都小樽線(急行)時刻表
小樽
駅前
余市
(営)
大江
役場
国富 前田
農協
岩内
駅前
弁慶
トンネル
港町 寿都
7:30 8:00 8:05 8:45 8:55 9:10 9:35 9:45 10:35
11:30 12:00 12:05 12:45 12:55 13:10 13:35 13:45 14:35
18:00 18:30 18:35 19:15 19:25 19:40 20:05 20:15 21:05

寿都 港町 弁慶
トンネル
岩内
駅前
前田
農協
国富 大江
役場
余市
(営)
小樽
駅前
7:30 8:20 8:30 9:00 9:10 9:20 10:00 10:05 10:35
14:00 14:50 15:00 15:30 15:40 15:50 16:30 16:35 17:05
17:30 18:20 18:30 19:00 19:10 19:20 20:00 20:05 20:35

夏ダイヤ改正による変更 (1964年5月1日)


1日から夏ダイヤに改正する。

西積丹定期観光バスをスタート!! (1964年6月1日)


中央バスは1日から定期観光バス「カブトライン雷電コース」の運行を始める。積丹西海岸の観光コースとして売り出している名勝カブトラインと、義経伝説で知られる岩内町雷電海岸を日帰りする約10時間のコースで、料金は大人、小人とも940円。足の便が悪いためこれまで観光客誘致に悩んでいた岩内、泊両町村も全面的にバックアップする。10月25日まで運行するが、10月は休日のみの運行になる。

冬ダイヤ改正による変更 (1964年11月10日)


10日から冬ダイヤを実施。これまで急行しかなかった札樽間に特急便を新設する。

倶知安ターミナルOPEN!! (1964年12月10日)


今年夏から倶知安町の産業会館隣に建設していた中央バス倶知安ターミナルがこのほど完成、10日完工式を行う。
 ターミナルは一部鉄筋コンクリートブロック造り2階建て延べ264平方㍍、総工費は約1,200万円。1階は待合室、事務室、乗客トイレ、2階には運転手・車掌休憩室、会議室を設ける。現在は倶知安〜岩内線だけだが、来年からこのターミナルを基地にニセコ観光バスを運行するほか、倶知安〜小樽間を直通する新路線の運行も計画している。
 町内には昨年いち早く道南バスが営業所を設けており、最近クローズ・アップされてきたニセコ観光の拠点づくりに両社とも火花を散らしている。

(写真:中央バス倶知安ターミナル)

小樽−比羅夫スキーバスをスタート!! (1964年12月20日)


中央バスは20日から小樽〜比羅夫スキー場間にスキー専用バスを新設。来年4月末まで日曜と祭日(元旦は運休)のみ1日1往復する。ダイヤは小樽駅前発7:30、比羅夫発15:00。座席指定で料金はリフト使用券を含め1人590円。大型デラックスバスを使用し、利用者の便宜をはかって予約申し込みも受け付ける。

札幌−ニセコスキーバス開始!! (1964年12月20日)


中央バスは20日から札幌とニセコ高原比羅夫スキー場を結ぶ日帰り定期観光スキーバスを新設する。中央バスターミナル(札幌市北4西4)を午前7時半に出発、スキー場発は16時。所要時間は3時間20分。料金は旅館休憩入浴・ブタ汁・リフト2回分込みで大人・子供とも1,000円。期間は4月11日までの日祝、1〜2月は毎日運行する。<br>(翌年は12/5〜4月まで運行)

春香停留所を新設 (1965年1月10日)


札幌・朝里川温泉線(札幌ターミナル〜朝里川温泉)に「春香」を新設。札幌から春香山に行くスキーヤーの便をはかる。バスは1日2往復半、停留所は張碓町ホテル長谷川前に設置する。※国鉄バスは昨年11月20日新設

小樽市内で運賃アップ (1965年4月10日)


中央バスは1961年11月から申請していた小樽市内線の運賃を10日から約50%引き上げ、最低運賃を5円アップする。値上げは1951年以来14年ぶり。新運賃は次の通り。

夏ダイヤ改正による変更 (1965年5月1日)


1日から夏ダイヤに改正する。

ニセコ花畑バス スタート!! (1965年7月3日)


ニセコ観光バスは3日から倶知安駅前〜ニセコ花畑(国鉄山の家)間に路線バスを新設する。
 ニセコ循環観光道路(道道倶知安ニセコ線)の倶知安〜ニセコ花畑間は昨秋完成、バス乗り入れをめぐって同社と中央、道南、国鉄の4バス競願になっていたが、札幌陸運局から1日ニセコ観光バスに仮認可がおりた。バスは1日4往復で一部狩太駅まで直行する。料金は倶知安〜山の家間120円、狩太駅〜山の家間140円。
 ニセコ花畑はニセコ連峰の景勝地としてハイカーや行楽客らに親しまれているが、これまで同社の狩太駅(昆布駅)〜昆布温泉〜チセハウス〜山の家〜花園間の路線バスしかなかった。

(山の家付近に停車するニセコ観光バス)
時刻表
倶知安
山の家 チセ
ハウス
昆布
温泉
狩太駅   狩太駅 昆布
温泉
チセ
ハウス
山の家 倶知安
10:00 10:50 11:10 11:40 12:00     7:50 8:10 8:30 9:10
12:55 13:45着
14:25発
14:45 15:05 15:25   10:20 10:45 11:05 11:25着
11:35発
12:15
15:00 15:50着
16:00発
16:20 16:40 17:00   13:10 13:35 13:55 14:15 14:55
16:30 17:20 17:40 18:00     14:30 14:55 15:15 15:35 16:15

中央バス本社を移転 (1965年8月17日)


元北海道海運局ビルを中央バスが買い取り、隣の三井物産ビル内に置いていた本社を移転する。建物は2階建て、戦前は北海道銀行本店社屋(昭和19年拓銀に合併)として利用されていた。今月初めから外壁の化粧直し、内部改装を急ピッチで進め、17日ごろ移転する予定。

冬ダイヤ改正による変更 (1965年11月10日)


10日から冬ダイヤに改正する。

小樽ターミナルOPEN!! (1965年12月27日)


中央バス小樽ターミナルが小樽市色内町8-3の旧北陸銀行跡に完成、27日から営業をはじめる。敷き地は2,145平方㍍で、ターミナルは鉄筋コンクリート2階建て延べ1,180平方㍍。発着ホームの前面約100平方㍍は融雪用のロードヒーティングを備える。
 これまで小樽駅前広場から発着していた260本のうち余市、古平、岩内、寿都など、後志方面と小樽市街地を結ぶ約90本をここに集約させ、駅前広場の交通ラッシュを緩和させる。また、後志の利用客のために日赤センター付近に停留所を新設した。

(色内町に完成した中央バスターミナル)

小樽・倶知安線をスタート!! (1965年12月27日)


中央バスは小樽ターミナルの開業にあわせ、27日から小樽倶知安線(急行便)を新設する。小樽開発建設部の改良工事で国道5号線倶知安峠の難所が解消し、小樽〜倶知安間を1日6往復する。料金は国鉄より40円高い210円だが、片道1時間25分と普通列車より15分早い。発車時刻は下表の通り。
 また同社は来年1/29〜3/6まで土日限定で、倶知安ターミナル〜比羅夫駅前〜比羅夫スキー場間に路線バスを1日6往復運行する。このうち3往復は比羅夫駅〜スキー場間の運行。料金は倶知安(タ)〜スキー場間75円、比羅夫駅〜スキー場間は40円。
小樽倶知安線(急行)時刻表
小樽
(タ)
余市
営業所
仁木
役場前
小沢
駅前
倶知安
(タ)
  倶知安
(タ)
小沢
駅前
仁木
役場前
余市
営業所
小樽
(タ)
8:30 8:55 9:02 9:35 9:55   8:30 8:48 9:21 9:30 9:55
10:30 10:55 11:02 11:35 11:55   10:30 10:48 11:21 11:30 11:55
12:00 12:25 12:32 13:05 13:25   13:00 13:18 13:51 14:00 14:25
14:00 14:25 14:32 15:05 15:25   14:30 14:48 15:21 15:30 15:55
16:30 16:55 17:02 17:35 17:55   16:00 16:18 16:51 17:00 17:25
18:30 18:55 19:02 19:35 19:55   18:30 18:48 19:21 19:30 19:55

夏ダイヤ改正による変更 (1966年5月1日)


1日から夏ダイヤに改正する。

オタモイ団地乗り入れにメド (1966年7月8日)


小樽市議会予算特別委は8日開かれ、懸案のオタモイ団地のバス乗り入れについて、中央バスに再三申し入れた結果ようやく好転、停留所の予定ができたと話した。

岩内・東山地区に新ターミナル (1966年7月13日)


中央バス岩内営業所は岩内駅前バスターミナルが手狭になったため、新ターミナルを作る計画を進めている。すでに岩内町東山地区に敷地3,300平方㍍の土地を買収、待ち合い所などを設けて乗降客のサービス改善をはかる考え。
 現在同所のバス保有台数は19台。岩内駅前から札幌、原歌、倶知安、神恵内、大曲、敷島内行きの6路線あるが、このところ雷電国道の開通などで発着台数がふえている。

小樽市内で運賃前払い制 (1966年8月5日)


中央バスは5日から小樽市内で車掌の乗っている路線でも「運賃前払い制」(ワンマン方式)を実施する。ワンマンカーと同じく、バス乗車時に車掌台前に取り付けてある料金箱に運賃(乗車券)を入れてもらう。ただし両替えは車掌が行う。車掌の労働力緩和と清算事務の合理化がネライ。前払い制を実施するのは東小樽線(手宮〜東小樽)、新光町線(手宮〜新光町)、奥沢線(南小樽駅〜天神町)、朝里線(手宮〜柾里)、赤岩線(小樽駅〜高島小前)、梅源線(小樽駅〜手宮)の6路線。

冬ダイヤ改正による変更 (1966年11月21日)


中央バスは21日(ニセコ観光自動車は12/1)から冬ダイヤに改正する。ニセコ観光自動車は1日店開きする藻岩スキー場まで直通バスを運転。始発の国鉄狩太駅は昨年駅前広場が設けられたのに続き、駅舎を高原のマチにふさわしくスイスの登山駅舎を参考に改築され、これを祝って29日落成式が開かれる。

オタモイ線がストップ (1966年12月28日)


中央バスのオタモイ線が28日からストップしたままとなり、足を奪われたオタモイ団地の住民の間からは不満の声が出始めている。
 この路線は住民の要望で先月4日、札幌陸運局の認可を得て国道から1.2㌔入った団地のはずれから小樽駅前まで開通したが、もともと路幅の狭いアイ路のため、このたびのドカ雪で思うように除雪ができず、中央バスは大型車の交差ができないという理由でついに「オタモイ線を運休します。代わりに自動車教習所(新道入り口)〜小樽駅前間の臨時バスを1日4往復のダイヤで運行しますから、ご利用下さい」という張り紙を出して、路線をピタリと閉じてしまった。
 このアイ路は国道出口からオタモイ景勝地入り口の峠まで拡幅することになっていたが、たった1件の用地買収がうまくいかず、国道のすぐ近くは依然としてS字カーブのまま。これが解決して道路全体が拡幅されなければ完全な除雪は望めないというワケ。
 もともと同線を誘致した際、雪のためどうにもならない場合は運行中止もやむを得ないという条件があったものの、児童、生徒たちがバスで登下校するのは市内でここだけ。いまのところ通勤者だけなので国道まで歩けるが、来月17日から小学校の始業式で長橋小へ通学する児童もいるので、住民からは「署名を集めて強力に再開を陳情したい」という声も出ている。

富岡橋かけ替えに伴う経路変更 (1967年3月1日)


小樽市内山の手と中心街を結ぶ「道道小樽−大江線」の富岡橋かけ替え工事が1日から始まるため、中央バス各路線は富岡橋の通行止めで国道から商大通りにはいり、富岡小前を通って法務局前の通りに出るコースに変わる。
 函館本線小樽〜旭川間の電化工事に伴う富岡橋のかけ替えは3月1日着工、6月末完成の予定で進められるが、う回路となる商大通りの札樽国道〜緑町第一大通り間(450㍍)は小学校、幼稚園が並んでいるため最高時速30㌔に制限、駐車禁止となり、産業会館前、商大通り、花園十字街のわずか500㍍間には新しく信号機が3ヶ所設けられた。

夏ダイヤ改正による変更 (1967年5月1日)


1日から夏ダイヤに改正する。

小樽市内の停名変更 (1967年5月20日)


小樽市の住居表示による町名変更に伴い、20日から山手循環線の停留所名を変更する。

小樽−寿都線の経路変更 (1967年7月17日)


16日の岩内町雷電地区のガケくずれで国道229号線が不通になったため、翌17日から中央バス小樽〜寿都線は倶知安、蘭越経由で臨時運行している。運行回数は1日5往復、所要時間は3時間55分。

水試前バス停に待合所 (1967年8月)


中央バスはこのほど積丹線の「水産試験場前」バス停に立派な待合所を建設した。これまで待合所がないため、このバス停を利用する余市高生らは風雨や吹雪にさらされており、これを見かねた父兄や学校から「これではかわいそう」という声が強まり、余市、古平、積丹3町を通じて同社に陳情が出ていた。
 待合所は化粧ブロック造り、約10平方㍍の小さなものだが、2学期の始まった通学生や一般乗客には喜ばれそうだ。

仁木待合所オープン (1967年9月20日)


中央バスは住民から強い要望のあったバス待合所を20日、仁木町役場前にオープンさせる。待合所はこのほど取り払われた役場前の消防番屋跡に建設され、木造モルタル2階建て、総面積226平方㍍。総工費は500万円。1階は待合室、業者の売店、事務室が入り、2階は中央バスの女子寮。建物の前後には約552平方㍍の広場が設けられ、路線バス5台と観光貸切バス6台が常時停車できる。仁木役場前の停留所は急行、特急バスも停車するが、これまで待合所がなく乗客は雨や風雪にさらされ、町からたびたび待合所建設の要望が出ていた。

(建設中のバス待合所)

最上町線ルート変更 (1967年10月1日)


中央バスは最上町線(最上町〜小樽駅前〜最上町)の運行をスムーズにするため、1日から小樽中心部のルートをこれまでと逆回りの“時計回り”に切り替える。これに伴い「産業会館前」停留所は廃止。また大国屋デパート内の案内所を廃止、業務を色内ターミナル待合室に移す。

冬ダイヤ改正による変更 (1967年11月21日)


21日から冬ダイヤに改正する。

ニセコ観光バス冬ダイヤ (1967年12月1日)


ニセコ観光自動車は1日からダイヤ改正。次の5路線と蘭越町営スキーリフト完成により、チセヌプリ一帯へのスキー客の便がはかられる。

奥沢線 ワンマン化 (1968年1月21日)


中央バスは21日から奥沢線(南小樽駅前〜天神町)をワンマンカーに切り替える。

柾里、新光町線 ワンマン化 (1968年2月21日)


中央バスは21日から柾里線(手宮ターミナル〜柾里)、新光町線(手宮ターミナル〜新光町十字街)にワンマンバスを運行する。運賃前払い、申告制で、乗車した時に行き先を運転手に告げ、料金を支払う。これで小樽市内線でワンマン化していないのは梅源、祝津、赤岩線の3路線だけとなる。

夏ダイヤ改正による変更 (1968年5月1日)


小樽地方営業部管内は1日からダイヤ改正。一部郊外線の増便や停留所の新設、小樽市の住居表示変更に伴う停留所の名称変更などを行う。

オタモイ線の運行ピンチ (1968年5月24日)


奇岩、景勝の行楽地・オタモイ海岸へ向かう夏期限定の直行バス、[14]オタモイ線(小樽駅前〜オタモイ)の運行が土地問題の係争から暗礁に乗り上げている。
 昨年は6月11日〜10月末まで延べ3万人をこえる行楽客を運んだオタモイ線だが、昨秋中央バスと地主の間でモメていたオタモイ遊園地の土地問題が長年の紛争の末にようやく解決、地主の手に戻ったものの道路整備が行き届かず、ことしはバス運行のメドが立っていない。
 このオタモイは11年前から中央バスの手で開発されたが、地主との間に金銭貸借に絡む複雑な問題があり、昨年10月末に地主が2千数百万円を払うことで同社は施設のいっさいを地主に返還、同社はバスを通すため、冬期間積雪で荒れる通称“七曲がり”と呼ばれるオタモイ団地裏から海岸へ降りるジグザグ道路を毎年100万円ほどかけて整備していたが、私有地ということもあり今年はいっさい手をつけられず、長年親しまれたオタモイ景勝地へのバスが姿を消すことになりそうだ。
 オタモイへは現在、中央バスのオタモイ団地線(小樽駅前〜オタモイ団地)が1日25往復しているが、行楽客は終点「オタモイ団地」から1㌔ほど歩かねばならない。
★オタモイ海岸の景勝地は中央バスが通らなくなってから、70年代初頭にはすっかりさびれ、弁天閣は荒れ放題、しだいに市民からも忘れ去られていった…

倶知安−長万部間の競合問題 (1968年8月18日)


中央バスは昨年7月、小樽〜倶知安間の路線を長万部まで延長したいと札幌陸運局に認可申請したが、道南バス、函館バスからも申請が出されて認可が延び延びになっており、まだ聴聞会も一度も開かれていない。
 申請では倶知安〜長万部間に朝7時から夜7時までの間、6往復(午前・午後各3往復)の定期急行バスを運行させるプランで、所要時間は約2時間半。現在小樽〜倶知安間の急行が1時間半だから、倶知安で乗り換えるとして、約4時間で小樽〜長万部間が結ばれることになる。
 これを受けて稲垣小樽市長は蘭越、ニセコ両長の要望に基づき、同社の路線延長の認可促進を全面的にバックアップすることにした。市長は「後志との提携策のひとつとして、管内の各町村と一体になり、ぜひとも早く実現させたい。小樽としては同じ会社の系統のほうが、住民の便もよいだろうと思う」と話しており、中央バスでも事態の好転を期待している。

【道南】六郷−北6線間を冬季運行 (1968年9月4日)


道南バス倶知安営業所は、この冬から大和線(倶知安〜大和5線)の六郷〜北6線間(3.5㌔)を冬季も運行する計画を立て、札幌陸運局に認可を申請した。同路線は道路が除雪されないため、これまで降雪と同時に六郷で打ち切り、春は5月から再開していた。
 同区間から倶知安高校、倶知安農高に通う生徒が25人前後いるが、いずれも冬季は市街地で下宿しており、出雲、末広、高見、峠下、琴平地区などの周辺住民は連名で、町や同営業所に冬季のバス運行を要望していた。
 ダイヤは朝、昼、夕方の3往復になる見込み。同時に北6線〜北9線間(1.7㌔)も新たに夏季間だけ運行できるように、路線延長の申請が出された。

経営悪化の寿鉄バスを肩代わり (1968年11月20日)


寿都鉄道のバス部門が経営難から運行ストップ寸前に追い込まれているため札幌陸運局は19日、中央バスの乗り入れを臨時免許の形で認めた。この路線には道南バス、函館バスからも申請が出ていたが、既存路線の配置などから中央バスが最適であると同局が判断した。
 寿鉄は地域の過疎化で年々赤字が累積、昨年度末で2億3千万円にものぼり、今年4月から鉄道業務を休止しているが、バス業務の中止と同時に全社員が勇退して社長と専務だけになる。
 20日から函館バスと競合する長万部〜国縫間をのぞく全路線を中央バスが引き継ぐが、正式認可は早くても2ヶ月はかかる見込み。当面は従来通りのダイヤで運行するが、料金は一部を除いてほとんどの地域で安くなる。継承するのは次の3路線、湯別経由も従来通り運行する。

冬ダイヤ改正による変更 (1968年11月21日)


21日から冬ダイヤを実施。小樽市内路線はダイヤの変更はナシ。

美国営業所オープン!! (1968年11月29日)


中央バスは合理化のため29日から古平営業所(古平町字新地)を廃止、美国営業所(積丹町字美国)を開設する。
 これまで積丹線(札幌・小樽〜古平〜美国〜入舸〜日司〜余別間、36往復)、稲倉石線(美国〜稲倉石間、6往復)はすべて美国始発だったが、運行業務を管理する営業所や車庫、修理工場が古平にあるため不合理な点も多く、これを解消するため古平営業所に併設されていた車庫や修理工場をすべて美国に移転集約、出張所も増改築され美国営業所として両線のバスターミナルに生まれ変わる。

能津登トンネル&横澗道路が開通!! (1968年11月30日)


国道229号線の能津登トンネル(蘭越町港〜寿都町磯谷間450㍍)と横澗海岸道路(島古丹〜美谷間3.3㌔)が30日開通したため、中央バスの路線も新しい道路に切り替わり、新たに「牧場入口」「横澗」「鮫取澗」の3停留所が海岸道路に設けられた。またトンネルと道路の完成で寿都〜港間の距離が約1㌔短縮されたので、同区間のバス料金が150円→140円に値下げされた。
 いずれも交通の難所だっところ。旧トンネルはバス1台がやっと通れるほどで、道路はガケぶちをまがりくねっていたが、新トンネルは幅員6㍍とかなり広くなった。
 一方、横澗道路はガケを切り崩して海を埋め立てる難工事続きで6年がかりで完成。舗装は明年以降になるが、クネクネしていた山の上の旧道と比べものにならない立派さ。途中ルウベツナイと幌別の両川には永久橋もつき、これで春先に続発するルウベツナイ地区の雪崩からも解放されるとあって、住民の喜びもひとしお。

横澗海岸道路に待合所 (1969年2月1日)


寿都町横澗地区の海岸道路は昨年12月開通したが、中央バスの路線も新道に切り替わったものの待合所の新設が追いつかず、バスを待つ乗客から不満の声が出ていた問題で、このほど同地区にある「横澗」「鮫取澗」「牧場入口」の3停留所にようやく待合所が完成した。待合所はすべて木造で広さ8平方㍍ほど。冬の間、吹きさらしの戸外でイライラさせられていた利用客は「これでどうやら」とホッとしている。

夏ダイヤ改正による変更 (1969年5月1日)


1日から夏ダイヤに改正する。

小樽−ニセコ直行バスをスタート!! (1969年5月25日)


年々増加するニセコのハイカー観光客の足を確保しようと、ニセコバスは25日から小樽〜ニセコ間(97.4㌔)に直通バスを運行する。この路線は同社が昨年5月から陸運局に申請していたが、ようやく認可が下り今年から運行される。1日2往復で運賃は片道550円。降雪のある11月初旬まで小樽〜ニセコ間を約3時間で結ぶ。

(写真:ニセコ駅前ゆきのニセコバス)

黒松内線のダイヤ改正 (1969年10月1日)


国鉄列車ダイヤの改正に伴い、1日から寿都〜黒松内線のダイヤが一部変更される。

冬ダイヤ改正による変更 (1969年11月21日)


21日から冬ダイヤに改正する。

余市港町線をスタート!! (1969年12月15日)


中央バスは15日、余市港町線(余市駅前〜大川橋〜港町)の運行をスタートする。これまで漁業関係者や港町地区住民から強い要望があり、町からも陳情があったが、5年前から進められていた道道余市港線(総延長1.5㌔)の拡幅改良舗装工事が11月末に完成したため、バス乗り入れが実現した。
 バスは午前7時から30分おきに1日8往復、料金は片道20円。これを記念して15日午前11時から港町バス停前で余市郡漁協組、港区会の共催で定期バスの開通式が行われ、町長、漁協組合長、中央バス関係者らがテープにハサミを入れ、祝賀バス3台が出発して開通を祝った。

ページ先頭へ↑

TOPページ

inserted by FC2 system