中央バス最新NEWS

小樽管内 10年代

2010(平成22)年〜2016(平成28)年

「雪あかりの路 高速おたる号」を新設 (2010年2月5日)


「第12回小樽雪あかりの路」が2/5〜14まで小樽市内で開かれるのに伴い、中央バスはことしから期間中「雪あかりの路 高速おたる号」(札幌ターミナル〜小樽運河ターミナル)を運行する。従来の北大経由高速おたる号(札幌〜小樽駅前)のうち1日8本だけ会場の小樽運河まで延長するもので、さっぽろ雪まつり(大通公園)から雪あかりの路へのアクセスがぐ〜んと便利になる。

夏ダイヤ改正による変更 (2010年4月1日)


1日(木)からダイヤ改正を実施。4月からおたる散策バスのコース名を変更するほか、6月から新路線「ろまんコース」を運行する。

ニセコ夏バス・秋バスのルート変更 (2010年7月3日)


ニセコバスは夏期限定でニセコ・倶知安地区を周遊する「ニセコ夏バス・秋バス」(倶知安駅〜ひらふ〜東山〜アンヌプリ〜昆布温泉間)を今年も運行する。2回目となる今回はルートを一部変え、JRニセコ駅や花園リゾートエリアにも乗り入れ利用しやすくなった。バスは7/3(土)〜10/31(日)の土日祝のみ1日4.5往復運行し、8月中は毎日運行。運賃は大人片道300円、小人150円の均一料金。乗り放題券はことしからニセコバスのニセコ線(ニセコ駅前〜神仙沼〜五色温泉郷間)と道南バス樺山線(倶知安駅前〜ひらふスキー場〜樺山小学校間)でも利用できるようになる。

潮まつりに伴う路線延長 (2010年7月23日)


小樽市で7/23(金)〜25(日)の3日間催される「第44回おたる潮まつり」の期間中、中央バスはことしから高速おたる号(札幌〜小樽駅前)の一部便を小樽運河ターミナルまで延長、祭り客の利便をはかる。延長するのは北大経由おたる号のうち、札幌発4本と小樽発7本の計11本。所要時間は約65分。まつり期間中は札幌から小樽運河近くのイベント会場まで乗り換えずに行けるようになる。運賃は札幌から大人片道590円、往復1,110円。23、25両日の花火大会終了後は例年通り、会場付近の色内1丁目バス停から札幌行き臨時バス(円山経由)もピストン運行される。

ゆかた提灯祭り臨時バス (2010年8月14日)


中央バスは小樽・堺町通りで開かれる「第1回小樽堺町ゆかた提灯(ちょうちん)祭り」の14、15両日、会場と天狗山・札幌を結ぶ臨時バスを運行する。期間中、歩行者天国となる堺町通りを走る路線はいずれも臨港線に迂回し、「堺町」「北一硝子前」「メルヘン交差点」の3停留所を臨港線に移設するほか、小樽市内〜天狗山バス往復券とロープウエイ往復券がセットになった天狗山バスセット券(大人1,200円、小人600円)も発売する。

冬ダイヤ改正による変更 (2010年12月1日)


1日(水)から冬ダイヤを実施。小樽市内の望洋台線に新系統がお目見えするほか、ニセコバスの停留所の名称が一部変わる。

夏ダイヤ改正による変更 (2011年4月1日)


1日(金)から夏ダイヤに変わる。おもな改正点は次の通り。

ふれあいシャトルの停留所休止 (2011年6月1日)


ニセコ町民センターの改修工事が6月1日〜来年3月31日まで行われるため、ふれあいシャトルは工期中「町民センター」には入らなくなり、代わりに全便「ニセコ小学校」に停車する。

おたる号を小樽運河まで延長 (2011年6月20日)


中央バスは20日から高速おたる号(北大経由)の一部便を「小樽運河ターミナル」まで延長する。同号は昨年、7月と8月のイベント期間中に小樽運河まで運行して観光客から好評を得たのに加え、20日からスタートする小樽市の「1万人ウエルカム事業」キャンペーンに合わせ、今年は期間をグンと拡大して6/20(月)〜8/28(日)まで毎日運行する。
 従来の北大経由便のうち6往復が小樽運河まで延長され、札幌発が8:30〜13:30まで、小樽運河発は13:30〜18:30まで、いずれも1時間おきの発車。7月のおたる潮まつりと8月のゆかた提灯祭り期間中は、さらに時間を拡大して運行する。
 運賃は札幌から小樽運河まで大人片道590円、往復1,110円。停留所は「小樽運河ターミナル」のほか「日銀金融資料館」(小樽バイン前)と「稲穂十字街」の小樽市内の2ヶ所にも停車する。

フットサル臨時バス運行 (2011年10月22日)


10/22(土)、11/5(土)の両日、小樽市総合体育館(小樽市花園5)で催されるフットサルチーム「エスポラーダ北海道」の試合当日、小樽駅前から試合会場まで臨時シャトルバスが初めて運行される。
 22日の対ステラミーゴいわて花巻戦、5日の対シュライカー大阪戦とも午前11時半開場、13時キックオフ。
 シャトルバスは小樽駅前(長崎屋前)から11:00〜12:40まで20分おきに発車し、帰りの会場発は試合終了後(14:40ごろ)から30分間ピストン運行される。料金は片道大人210円、小人110円。所要時間は約5分。なお会場へは現行の「24 山手中通線」(小樽駅前〜市民会館前〜小樽駅前)も利用することができる。

冬ダイヤ改正による変更 (2011年12月1日)


1日から冬ダイヤに変わる。小樽築港地区を発着する路線で経路や起終点が変更される。

赤岩線のルート変更 (2012年2月1日)


1日から[12]赤岩線(本局前〜かもめヶ丘団地)のルートが一部変わり、平日ダイヤの本局前行に限り、小樽中心部のルートがJR小樽駅経由になる。本局前発、および土日祝ダイヤについては現行通り。ただし、4月1日の夏ダイヤから全便「小樽駅前経由」に変更する予定。

「雪あかりの路」に新シャトルバス (2012年2月3日)


中央バスは小樽市内で開かれる「第14回小樽雪あかりの路」にあわせ、2月3日(金)〜12日(日)まで「雪あかりの路天狗山シャトルバス」(小樽運河ターミナル〜天狗山ロープウェイ間)の臨時バスを今年から運行する。
 イベント期間中は毎日5往復走らせ、メイン会場の小樽運河周辺と小樽天狗山会場を結ぶ。賃は片道大人210円、小人110円で1日乗車券の利用もOK。このほか、期間中はウイングベイ小樽〜小樽運河〜天狗山間を結ぶ「おたる夜景シャトルバス」(グランドパーク小樽〜天狗山ロープウェイ)も例年どおり1往復運行する。

赤井川線のルート変更 (2012年2月20日)


余市と赤井川を結ぶ道々余市赤井川線の冷水トンネル(1,281㍍)が20日午前11時半開通するため、同日より赤井川線(余市駅前〜赤井川〜都・常盤)の経路を同トンネル経由に切り替える。

夏ダイヤ改正による変更 (2012年4月1日)


1日(日)から夏ダイヤに変わる。おもな改正点は次の通り。

紅葉ゴンドラ巡回バスを運行 (2012年9月29日)


秋深まる紅葉シーズンを迎え、札幌国際スキー場(札幌市南区)では今年3年目となる紅葉ゴンドラ(8人乗りスカイキャビン)を9/15〜10/14まで運行。これにあわせて中央バスは小樽市内と同スキー場を結ぶ臨時バス「札幌国際スキー場線」を今年から運行する。
 バスはJR小樽駅前から市内各ホテルや朝里川温泉街を経由して同スキー場まで片道55分で結び、9/29〜10/14までの土日・祝日のみ1日2往復運行する。スキー場行きは途中乗車のみ、スキー場発は降車のみOK。料金は片道大人800円、小人400円。バスとゴンドラ往復乗車券がセットになったお得なバスセット券(大人2,000円)も小樽駅前ターミナル窓口とバス車内で発売される。なお、悪天によるゴンドラ運休時にはバスも運休する場合がある。

長橋十字街バス停の変更 (2012年9月1日)


1日から小樽市内の長橋十字街バス停の停車場所が一部変わる。変更になるのは塩谷線とおたもい線の小樽駅前方面行きのみ。従来の十字街クリニック側から石橋病院前のバス停に移転する。※情報/各駅停車さん

マリンヒルホテル行きを廃止 (2012年10月1日)


小樽の高台にある北海道船員保険健康福祉センター「マリンヒルホテル小樽」が9月30日をもって営業を終えるため、中央バスは1日から「マリンヒルホテル小樽」バス停を廃止する。これに伴って、望洋台線(6系統)の小樽駅前〜マリンヒルホテル小樽系統(1日11往復)は全便、1つ手前の望洋台シャンツェ下までの運行に変わる。これに伴うダイヤ変更などはない。
 同ホテルは1989年4月22日にオープンした財団法人船員保険会(東京都渋谷区)が運営する宿泊保養センター。日帰り温泉やレジャー施設などがあり、レンガ造りのしゃれた外観で長年市民に親しまれてきたが、ここ数年は利用客の減少で赤字経営になっており、施設を閉鎖することになった。※情報/各駅停車さん

ふれあいシャトルを廃止 (2012年10月1日)


ニセコ町からの委託でニセコバスが運行している町内循環バス「ふれあいシャトル」は9月30日をもって廃止となり、1日からニセコ町が新たにデマンドバス(予約型乗合バス)とスクールバスの運行を開始する。
 同シャトルは2002年に運行を開始、ピーク時は年間25,000人の利用があったものの、ここ数年は過疎化の影響などから利用者が減少傾向にあり、一昨年行われたデマンドバスの実証実験でも利用者から継続を望む声が強かったため、町は効率的な運行ができるデマンドバスの運行に踏み切ることにした。
 デマンドバスは予約制で、運行エリアは五色温泉地区を除く町内全域のほか、蘭越町の昆布温泉までも利用できる。運賃は1回につき大人200円、中学生以下と障がい者は半額、就学前の小児は無料。運行はニセコバスが請け負い、10人乗りワンボックスタイプの車両で利用者の自宅と駅、病院などを結ぶ「ドア・ツー・ドア」のサービスに取り組む。バスは「ニッキー号」と「キラりん号」の2台あり、車体にはニセコ町と同町商工会のキャラクターや同町の特産品などが描かれ、愛称は公募の結果「にこっとBUS(バス)」に決定した。

駅前ターミナルをリニューアル!! (2012年12月1日)


去る10月9日から中央バスが行っていた小樽駅前ターミナル(小樽市稲穂2)の改修工事がこのほど完成、1日の冬ダイヤにあわせリニューアルオープンする。
 ターミナルはJR小樽駅に面し、6つのプラットホームと案内所、券売機、売店などを備え、1日377便、約3500人が利用する小樽市内のバス拠点。1974年11月のオープン以来、78年にバス発着施設(上屋)、87年トイレが完成、翌年一部施設を改修するなど、30年余りにわたって市民や観光客の足を運んだ同ターミナルも最近は老朽化が目立ってきており、このほどトイレと待合スペースが全面改修されることになった。
 これまで手狭だった9平方㍍のトイレは14平方㍍に拡張して利用しやすくするほか、案内所には英語、中国語、韓国語に対応した散策バス専用の“多言語表示モニター時刻表”が新たに取り付けられ、これまで吹きさらしだった待合スペースは雨や風雪をしのげるガラス張りの“風除室”に面目を一新。従来20人分あったイスも横長の木製ベンチに置きかえられ、出入り口には新たに自動ドアが設けられるなど、冬のバス待ちも快適になる。なお、系列の中央バス観光商事が運営する売店「ドナ小樽店」は10日から新装オープンする。

冬ダイヤ改正による変更 (2012年12月1日)


1日から冬ダイヤに改正。利用が減少する小樽市内各線で大規模な減便、運行時刻の見直しを行う。

雪あかりの路シャトル改正 (2013年2月8日)


2/8〜2/17まで行われる恒例の雪あかりの路臨時バス、今シーズンの変更点は次の通り。(昨年度との比較)

「やなせたかしの世界展」臨時バス (2013年3月15日)


中央バスは小樽貴賓館(旧青山別邸)で3/15〜4/14まで開かれる「やなせたかしの世界展」の期間中、冬期運休している「おたる散策バスC祝津コース」(小樽駅前〜おたる水族館〜小樽駅前間)をイベントにあわせ臨時運行する。
 バスはJR小樽駅前を10:25〜15:25まで1時間おきに出発し、小樽貴賓館までの所要時間は約20〜30分。料金は片道大人210円、小人110円。小樽市内のバス一日乗車券(大人750円、小人380円)も利用できる。

夏ダイヤ改正による変更 (2013年4月1日)


1日から夏ダイヤに改正。札幌・桂岡線を全便廃止するほか、山手線の一部便が南小樽駅止に変わる。

済生会移転OPENによる変更 (2013年8月1日)


中央バスは北海道済生会小樽病院(小樽市梅ヶ枝町8)の築港地区移転に伴い、1日から小樽市内線の一部を同病院正面玄関前に乗り入れるなど、以下の便でダイヤ改正を実施。

冬ダイヤ改正による変更 (2013年12月1日)


1日から冬ダイヤに変更する。

雪あかりシャトルバスの改正 (2014年2月7日)


中央バスは2月7日〜16日まで小樽市内で開かれる「小樽雪あかりの路」に合わせ、恒例の「雪あかりの路 臨時バス」を運行する。昨年との変更点は次の通り。

夏ダイヤ改正による変更 (2014年4月1日)


1日からダイヤ改正を実施。

運賃改定による変更 (2014年4月1日)


1日から消費税の引き上げにより運賃が変更になる。小樽市内線の値上げは2008年5月以来6年ぶり。ニセコバスの値上げは1997年4月以来、まる17年ぶりとなる。

SAPICAの利用範囲を拡大!! (2014年5月20日)


20日からSAPICAなどのICカードがこれまでの高速バス5路線(おたる号、よいち号、いわない号、しゃこたん号、ニセコ号)に加え、小樽市内と小樽市近郊の路線でも利用できるようになる。
 このため小樽市内では国の補助を受け、カードリーダーなど1億3800万円かけて改修する。
【利用可能となる路線】小樽市内全路線、13朝里川温泉線、18余市線、20・21積丹線、小樽・桂岡線、銭函・桂岡線、小樽・キロロ線(冬期運行)、余市協会病院線、赤井川線、銀山線
【利用できない路線】神恵内線、岩内円山線、千歳・ニセコ線(夏期運行)、札幌・キロロ線(冬期運行)、スキーバス、定期観光バス、ニセコバス全線

冬ダイヤ改正による変更 (2014年12月1日)


1日からダイヤ改正を実施。

ニセコバス本社を移転 (2014年12月21日)


ニセコバスは21日から本社と本社営業所(ニセコ町字中央通56)をJRニセコ駅そばの中央倉庫群の一角(同中央通8)に移転する。新社屋は昨年秋までJAようていが使用していた旧肥料新倉庫で、木造平屋建て延べ499平方㍍。1982年頃に建造されたのち倉庫の移転に伴ってニセコ町に譲渡され、ことし7〜8月に町が倉庫の保存を目的に利用者を公募、9月からニセコバスが改築工事を行っていた。
 旧社屋とは100㍍ほどの距離にあり、外壁は従来の鉄板張をグレーの金属サイディングに張り替え、中には中央バスグループの泰進建設が入るほか、待合室を兼ねた町民向けの交流スペース、事務室、乗務員の控室や宿泊室など13室を設け、交流スペース(約35平方㍍)は地域住民やバス利用者、観光客らに無料で開放し、町内会の会合やイベント事務局の部屋などに使ってもらう。築40年以上の旧社屋は老朽化も目立っているため今後解体して更地にするが、車庫や整備工場、給油施設などは継続して使用する。

朝里川温泉会場まで延長 (2015年2月6日)


中央バスは2/6(金)〜15(日)まで行われる恒例の「第17回小樽雪あかりの路」期間中、⑬朝里川温泉線(小樽駅前〜朝里川温泉)の一部便を「朝里川温泉会場」(臨時バス停)まで延長運行する。これまで準メイン会場となる同会場までは最寄りのバス停から徒歩連絡だったが、今年から会場そばまで路線バスで行けるようになる。
 延長便は小樽駅前発16:25以降、雪あかりの路朝里川温泉会場発17:03以降それぞれ6便ずつ運行し、所要時間は約30〜35分。料金は大人330円、小人170円。延長便の運行ダイヤは次の通りだが、経路変更に伴い延長便は「朝里川温泉」停留所が小樽方向に移設される。
 このほか、期間中は「おたる散策バスA ろまんコース」の最終便を繰り下げ、小樽駅前発18:40と19:10の2本増便。昨年まで運行した「雪あかりの路ろまん号」は廃止する。

夏ダイヤ改正による変更 (2015年4月1日)


中央バスは1日から夏ダイヤに変更。おたる散策バスを「ろまんコース」1路線に縮小、廃止区間は既存の小樽市内線の経路変更で補完する。

新幹線ラッピングバスお目見え (2015年6月1日)


来年3月に開業する北海道新幹線をPRする「北海道新幹線ラッピングバス」が1日から小樽市内にお目見えした。ラッピングバスはJR北海道が1600万円かけて発注した広告バスで、中央バス色内営業所(朝里車庫)に所属する日野製の路線バス「札幌200か3868」を塗り替え、車体には「新幹線カラー」の緑と白に紫の帯があしらわれ、H5系車両や新幹線PRキャラクター「どこでもユキちゃん」、小樽のご当地キャラ「おたる運がっぱ」などがプリントされている。
 ラッピングバスは1日から道内9都市で走り始め、中央バスのほかジェイ・アール北海道バス(札幌市)、道南バス(室蘭市)、函館バス(函館市)、旭川電気軌道(旭川市)、十勝バス(帯広市)、くしろバス(釧路市)、網走バス(網走市)、名士バス(名寄市)の計9事業者に導入される。ご当地キャラを除いては各社ほぼ同じデザイン。来年3月31日まで走らせ、7月からラッピングバスのフォトラリーも行う予定。
 運行初日の1日は札幌・道庁赤レンガ前で関係者を集めてお披露目式が開かれ、主催者や道知事の挨拶、中央・JR両社のラッピングバスが展示され、記念撮影などが行われた。

高速バス「しりべし号」試験運行 (2015年9月5日)


 道は来年3月に開業する北海道新幹線の二次交通等整備事業の一環として、9月5日〜10月12日までの土・日・祝日のみ、予約制の都市間高速バス「しりべし号」(倶知安駅前〜函館駅前)を試験運行する。運行はニセコバスに委託し、1日1往復走らせて乗車率や採算性を検証、新幹線開業後の定期便化の可能性を探る。
 バスはニセコ町のホテルや道の駅など5ヶ所を経由し、所要時間は約4時間。函館行きは乗車、函館発は降車のみ。函館からの大人片道運賃は倶知安まで3,600円、ニセコひらふまで3,200円、黒松内まで2,400円、小人半額。バスは予約制で乗車前日までにニセコバス本社に電話予約が必要。アンケートに協力した乗客には、降車時にアンケートと引き換えにもれなく1,000円分のQUOカードがプレゼントされる。
 (※追記:しりべし号は16日間で延べ197人が利用、事前のPR不足もあって利用者数は伸び悩んだが、ニセコバスは新幹線開業に合わせた新函館北斗駅〜倶知安駅間の定期運行化を検討中)

岩内町コミュニティバス実証運行!! (2015年10月5日)


岩内町地域公共交通活性化協議会(事務局・岩内町役場)は10/5〜11/4までの1ヶ月間、町内を循環するコミュニティバス(愛称・べに子号)の実証運行を行う。運行はニセコバス岩内営業所に委託し、岩内バスターミナルを起終点に路線バスの走っていない郊外団地や町役場、協会病院などをこまめに結ぶ。
 バスは西循環(野塚・相生方面)と東循環(大浜・東山・宮園方面)のいずれも一方循環コース。両コースとも1日各10本走らせ、ターミナルで乗り継ぐこともできる。運賃は大人100円、小学生以下と障害者手帳保持者および介助者は無料。所要時間は両コースあわせて約1時間。車両は町のマスコットキャラクター「べに子」のイラストが描かれたニセコバスの小型観光車1台(定員22人、札幌22う・187)を使用する。またバス停は一部ニセコバスの停留所を使うほかは設置されず、電柱、施設の壁などに時刻表を掲示する。町では年明けにも1ヶ月間走らせ、利用状況をみて本格導入を検討する。ダイヤと停留所は次の通り。

冬ダイヤ改正による変更 (2015年12月1日)


1日からダイヤ改正を実施。

ニセコ周遊バスをスタート!! (2016年1月6日)


ニセコバスは1/6〜2/29まで、昆布温泉やニセコ町内のスキー場などを循環する「ニセコ周遊バス」を運行する。JRニセコ駅を起点にアンヌプリ、モイワ、ニセコビレッジの各スキー場や宿泊施設、日帰り温泉などを約1時間かけて1周し、1日3本走らせる。
 冬場のタクシー不足による観光客の足を確保しようと、ニセコリゾート観光協会がニセコバスに委託して試験運行するもので、運行経費はニセコ町や北海道観光振興機構(札幌)の補助金などを活用する。
 運賃は一乗車につき大人500円、小人半額。アンヌプリ、ニセコビレッジ(東山)周辺の停留所で、既存のスキー場連絡バス「ユナイテッドシャトル」(JR倶知安駅〜いこいの湯宿いろは間)に乗り継ぐこともできる。運行時刻と停留所は次の通り。
 (※期間中は延べ724人が利用、うち9割が外国人で目標の千人には届かなかったが、来冬以降も運行継続する予定)

岩内町コミバス 第2弾 (2016年2月8日)


岩内町地域公共交通活性化協議会(事務局・岩内町役場企画産業課)は昨年10月に引き続き、2/8(月)〜3/9(水)までの約1ヶ月間、岩内町コミュニティバスの試験運行を行う。
 運行はニセコバス岩内営業所に委託し、契約金額は約150万円。前回と同じ小型観光タイプの車両1台(日野製 札幌22う・187)を使って町内の快適な交通手段を探る。
 運賃は前回の前払い式から降車時に運賃を支払う“後払い式”に変わり、一乗車につき大人100円、小学生以下と障がい者などは無料。本数は2本減らして1日8本になる。コースは前回とほぼ同じだが、冬季の安全運行を確保するため、急坂の多い東山地区のルートを一部変更して「民宿太平」「小林整形外科」の2停留所を新設する。
 前回の秋季実証運行では1ヶ月間の利用者数は延べ2,033人、1便あたり平均6.6人の利用があり、おもに通院や買い物に利用する高齢者の割合が多かった。
【※追記1】2/12からバス利用者に「たら丸カード」に100円分のポイントが加算される券を車内で配布する。有効期限は3/31まで。
【※追記2】冬季実証運行の利用者は延べ2,663人、1便あたり平均10.9人と秋季に比べて1.3〜1.7倍に増加。バス停別では岩内バスターミナル、岩内協会病院、東山団地3号棟の利用が多かった。

夏ダイヤ改正による変更 (2016年4月1日)


中央バスは1日からダイヤ改正を行う。これまで小樽市内を50年以上にわたって循環運行してきた山手線は朝2便を除いて、南小樽駅前発着の往復運行に変わる。

「しりべし号」試験運行第2弾 (2016年7月1日)


ニセコバスと倶知安、ニセコ両町は北海道新幹線の開業効果を検証するため、7月1日〜9月30日まで予約制の都市間バス「しりべし号」(倶知安〜ニセコ〜函館間、ニセコ函館線)の試験運行を実施する。
 倶知安、ニセコ両町が国の交付金で取り組む「ニセコエリア誘客に向けた二次交通整備事業」の一環。50人乗りの大型バスで1日1往復し、運賃は倶知安・ニセコ〜函館駅前間で大人片道4500円、同〜新函館北斗駅間は4000円、小人は半額。函館行きは乗車のみ、函館発は降車のみOK。予約はニセコバス本社まで。
 しりべし号の試験運行は昨年9〜10月に道が行ったが、今回はリゾート地区には立ち寄らず、停留所は市街地やJR駅に絞られたほか、運賃は前回より2〜3割高く設定した。
 前回の試験運行では停車したニセコのリゾートホテルや「道の駅くろまつない」は経由しなくなる反面、所要時間は3時間25分と前回に比べ約30分短縮された。また季節による変化を探るため、夏季と冬季の計6ヶ月間走らせ、冬季は12月21日〜来年3月20日まで実施する。
 これに合わせて中央バスなどは7月30日〜9月25日まで、しりべし号と千歳ニセコ線(新千歳空港〜ニセコ)利用者を対象に、中央バスの札幌・小樽両市内の路線バス、高速ニセコ号(札幌〜ニセコ)、新千歳空港連絡バス(札幌〜千歳)などの路線も3〜5日間乗り放題になる「ニセコ周遊チケット」(大人5,200円、11,000円の2種)を発売する。チケットは中央バスの札幌ターミナル、札幌駅前ターミナル、新千歳空港案内所と北都交通函館駅前ターミナル、北斗市観光案内所の各窓口のほか、しりべし号と千歳ニセコ線の車内でも取り扱う。
【※追記】しりべし号(夏季)の利用者数は延べ718人、平均乗車率は約2割(1便当り平均10人弱)と低調だった。

仁木町で予約バス実験スタート (2016年9月1日)


仁木町地域公共交通活性化協議会(事務局・仁木町)は昨年度策定した「仁木町地域公共交通網形成計画」に基づき、予約があった時だけ運行する「予約制バス」の実証運行を9月1日〜9月30日まで1か月間行う。
 同バスは利用が減少する中央バス銀山線(余市駅前〜銀山〜尾根内〜赤井川間)に代わる新交通体系の導入をネラい、余市協会病院〜余市駅前〜銀山駅前〜銀山地区間(35.5㌔)の運行ルート上で実施する。利用は仁木町民に限られ、銀山地区内はルート上を自由に乗降できる。また小樽発、余市20:48止まりのJR接続便として、 余市駅前(20:50発)〜仁木駅前〜然別駅前〜銀山駅前間を結ぶ便も1本設けられる。
 運行は地元の五共ハイヤー(仁木町北町)に委託し、7人乗りのワンボックスカーで1日9便走らせる。料金は距離に応じて100〜500円、中央バスの定期券も利用できる。利用者は日にち、希望の便などを前日午後6時まで五共ハイヤーに電話で予約し、当日予約場所に到着したバスに乗車、目的地で運賃を支払って降車する方式。期間中は中央バス銀山線は全便運休する。町は12月にも同様の試験運行を行う考え。

ツール・ド・北海道による部分運休 (2016年9月1日)


中央バス余市営業所は1日、「ツール・ド・北海道2016」(9/1〜9/3)開催に伴う交通規制により、赤井川線(余市駅前〜赤井川〜道の駅あかいがわ)の一部区間を運休する。当日は余市駅前13:55発と道の駅あかいがわ14:45発の2本は「都局前」止となり、「都小学校」「都」「道の駅あかいがわ」の3停留所は休止する。

岩内町「ノッタライン」運行開始!! (2016年10月1日)


岩内町地域公共交通活性化協議会(事務局・岩内町役場企画産業課)が昨年度の秋と冬に試験運行した町コミュニティバスが1日いよいよ本格的にスタートする。
 愛称は公募で決定した「いわない循環バス ノッタライン」。ルートは試験運行とほぼ同じ「西循環」と「東循環」の循環2コースで、通して乗ることもできる。料金は後払い式で一律150円、小学生以下と障がい者は無料。1日8往復(日曜、年末年始は6往復)走らせ、元日は運休する。
 運行はニセコバス岩内営業所に委託され、当面は試験運行と同じ22人乗りの小型観光タイプの車両(日野製 札幌22う・187)を使用するが、町は2018年春から乗り降りしやすい小型のノンステップバス(日野ポンチョ)を導入するプラン。バス停は循環バス専用の円盤ポール式標識が新たに設けられ、黄緑と白のツートンカラーに、たら丸とべに子のご当地キャラが描かれた可愛らしいデザイン。一部は中央、ニセコ両バスとの共用停留所になる。
 これを記念して1日、岩内バスターミナルで午前7時半の始発便にあわせて出発式が行われ、上岡町長など関係者が集まってテープカットで開通を祝った。

ノンステップバスを増車!! (2016年10月)


中央バス小樽事業部はこのほど床の低いノンステップバスを5台購入、10月から小樽市内の路線などで運行を始めた。
 このうち3台は定員83人の都市型ノンステップバス、残り2台は郊外型ノンステップバスで定員は78人。購入費1億2500万円のうち700万円は国の補助金を活用した。都市型3台は小樽市内の朝里車庫に2台(いすゞエルガ、札幌200か4494〜95)、おたもい車庫に初めて1台(同4493)が配車され、14日から運行を開始した。一方、郊外型2台(日野ブルーリボン、札幌200か4532〜33)は初めて余市営業所に配車され、26日から小樽〜余市、積丹間などの路線で走り始めた。
 ノンステップバス導入にあたっては昨年12月、中央バスと道運輸局、小樽市などが「小樽市ノンステップバス導入協議会」を設立し、ことし5月に生活交通改善事業計画を策定。車両購入費の一部に今回初めて国からの補助金(1台上限140万円)を受けた。
 これで小樽市内・郊外線のノンステップバスは計32台、全122台のうち26.2%を占め、このほかワンステップバスが79台あるので、低床車は計111台(91%)となる。同事業部は今後もバリアフリー化を進め、2018年度までにノンステップバスを40〜50%に増やしたいと話している。

冬ダイヤ改正による変更 (2016年12月1日)


中央バスは1日からダイヤ改正を行う。

ページ先頭へ↑

TOPページ

inserted by FC2 system